2018年4月 9日 (月)

アルテミスとアレースとクロノス

Minisd_1841前記事・4日に続いて、離れだした火星と土星のもとに月がやって来たところを。月に対しては露光オーバー、但しその代わり地球照が写りました。また4日間の火星の動きにも注目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

接近2態#2

Minisd_1839Minisd_1840この時季らしい霞がかった空に並んで昇って来た月と木星をまだ低いうちに、そして1日過ぎてしまいましたが火星と土星も。会合現象を同一夜に2つ捉えたのは4年振りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

ヘルメスとアフロディーテー#3

Minisd_1797昨日今日だったのか」すっかり忘れてました、外出際に慌てて隣家の屋根越しに、明るく写っているほうが金星。

この後金星は黄道近辺・冬~春の主要天体に次々接近します、ソチラも御見逃しなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

アルテミスとアルデバラン#3

Minisd_1792宵の南天高く浮かんだ「ツリガネボシ」の和名も持つヒアデス星団と並ぶ月を。露出オーバーのため月相が判り難くなってしまいましたが今日は上弦、冬の星座と共に観る月が新月に近づくと春の訪れ…また雨かァ。

次回は3月22日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

ケイコクシンニセマル#3、だったね

Minisd_1779曇天に寝坊…最接近から5日も経ってしまいました、の火星とαSco・アンタレスの接近を。今回の火星大接近はいて座とやぎ座の境辺り、北半球では地平高度が上がらず精測に不利です、大気の落ち着いた夜をお見逃しなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

アルテミスとクロノス#5

Minisd_1757本日未明の月と土星の接近をズームやや引き気味に、一部トリミング。例によって例の如く寝坊してしまいましたので土星は薄明に消えゆくギリギリ、一緒に撮る心算だった火星とアンタレスの接近を逃しました、明日晴れたらリトライ。

次回・月と土星の会合は3月11日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

アルテミスとゼウス#2

Minisd_1755昨日の月と木星の接近を。α100・マニュアルで慌てて撮ったためピントは出ているようですがオーバーのまま露出を合わせきっていません、今回はマットウに見られませんのでQVGAまで小さくしちゃってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

月でしょうがない#3

Minisd_1738過去記事をあたったところ皆既中の月を自らのカメラで捉えたのは2011年12月10日以来。ずっと曇られっ放しでしたものねェ、6年間は長かった!いつも通りSX50 HSデジタルズーム60倍域・一部トリミング、シャッタースピードを稼ぐ可く感度を目一杯上げたので荒れてます。同機はMF∞が判り辛く一眼(レフ)カメラなら部分食の間にセンサーでピントを拾ったところで動力解除、が出来るのだが、今回もボケボケになってしまいました、進歩無いなァ。

次回は7月28日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

ヘルメスとクロノス

Minisd_1707昨日の水星と土星の接近をズームで目一杯寄って。135換算約1000㎜故星像が伸びているのはたぶん日周運動、出勤前でロケーションを考える余裕がありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

アレースとゼウス

本年もFPA(S) Laboratoryを宜しく御願い申し上げます、今年はどこぞのスタッフを引き抜いてUPをもっと早く…出来ねェなァ。

Minisd_1699そんなワケでどういうワケで?新年1発目は来る7日に最接近をひかえた火星と木星、例によって例の如くすっかり寝坊してしまいましたのでしぶんぎ群も観てない薄明に消えゆく姿を、明るく写っている方が木星。普段星の画像で近景は入れないようにしていますが、今回に限り冬ざれた感じを柄にもなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧