2019年11月30日 (土)

アルテミスとアフロディーテーとゼウスとクロノス

《期間限定カキコ》まさに狂気の沙汰

Minisd-2859 会合と呼ぶにはルーズながら昨夕の西天を、4星を同一写野に収めたのはたぶん自身初、かな。前日の3星接近は氷雨に阻まれ…どうにかオトシマエは付けたことにしておきましょう。

金星と土星は来る12月11日に赤経の合を迎えます、引き続き動きを追っていきましょう。

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

アレースとシンジボシ、だったね

Minisd-2822接近当日は雲に阻まれ、9・10日は早番で動けず晴れてたのに、そして昨日今日と寝過ごしてしまいましたので5日前に撮っておいたものを。

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

アルテミスとクロノス#11

Minisd-2816先月末の水星と金星を見逃し失意の昭島で撮ったのがコレ。次回は今月29日、赤経の合は翌朝ですので見え方は前記事に近い、かな。今冬は金星が宵の西天高く、この後木星、そしてこの土星との接近を控えております。季節の変わり目ですので好天を逃さず捉えたいもの。

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

アルテミスとクロノス#10

Minisd-2757 昨日宵・2ヶ月振りの月と木星の接近、赤経の合を待たずに両星が沈んでしまいますので「これからそうなる感じ」を。次回は11月2日、土星は来年初に合を控えており暫く本現象は条件が際どくなります。

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

アルテミスとクロノス#9

Minisd-2687 昨年末「来年は土星と白道が近く」とテメェで書いておきながら全く追えていません…12日宵・月と土星の接近5ヶ月振りに。赤経の合は18時53分とありましたのでなるべく早い時間に狙う可きだったのですがこの時季特有の、夕暮れに沸きだした雲に阻まれ大ウソ。暑さにヤラレて寝込んでた撮影は約2時間後になってしまいました、月の動きは結構以上に速い。

次回は9月8日です。

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

アルテミスとゼウス#4

Minisd-2611 一昨日の月と木星の接近を「カゴカツギボシ」も含め、同現象の記事UPは実に13ヶ月ぶり。薄雲が出てしまい月はハッキリ捉えられていません。翌未明の最接近、早番でなければソチラを撮ってました。

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金)

アルテミスとアルデバラン#6(ヒアデス星団食)

Minisd_2406研修で行った下田で「あれ今日だワ」慌てて撮ったのがコレ、パソコンにブッ込んだら全然ピント出てないじゃないの!というワケで今回もQVGAで。

次回は4月9日、火星と共に並びます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

アルテミスとクロノス#8

Minisd_2397昨日の月と土星の接近半年振りに。名古屋のセミナーへ行く道すがら駅のプラットホームで漸く雲が切れたところを慌ててカメラ出しました、会合現象を手持ちで撮ったのは自身初。

次回は3月29日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月22日 (金)

アフロディーテーとクロノス#2、だったね

Minisd_23823早夜勤は堪えた…最接近は19日でしたのでもう随分と離れてしまいました、金星と土星が並ぶのを捉えたのは3年振り。例によって例の如く寝坊してしまいましたので白む空に消え入りそうなところをレベル補正で持ち上げています、勿論明るく写っているほうが金星。また両星と月が並ぶのは10日後です。

エ~それから…普段は期間限定でしか扱わないネタですがコチラに書いておきます、はやぶさ2第1回タッチダウン成功!岩と岩の間・たった6mしかない平地へ降りたとのことで、その「敢えて」が今後予定されているインパクターを用いた地下サンプル採取への期待をいやがうえに高めてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火)

ゼウスとアフロディーテー#3

おッと、もう6日も経っちまった!

Minisd_2343ここのところ未明の東天で並んでいる木星と金星、去る23日の最接近の模様を、明るく写っているほうが金星、ズームは135換算250㎜位、勿論ノートリミング。明後日此処へ細くなった月がやって来ますが雨なんですって、つまんないの!2月1日は晴れるでしょうか、勿論2日の土星とも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧