2024年4月15日 (月)

CYCLE MODE TOKYO 2024見てある記

《期間限定カキコ》「普及率がわずか5%というマイナ保険証の惨状に焦りまくったあげくとは言え、これが行政のすることかマイナンバーカードを義務化したいがために、世界に冠たる日本の健康保険制度を破壊しようなんて、愚の骨頂も極まれり、ってなもんです(くろねこ様)」

Minisd-3699 Minisd-3705 6日に行って…出展企業団体減は毎度のことではありますがシマノの不参加はある種の「終わりの始まり」を感じさせるものでした。今回も会場は分割、而も一旦屋外へ出なくてはなりませんでした、雨降ったらどうする心算だったのでしょうか?私からはちょっとだけ。

Minisd-3704 Minisd-3703昨年暮れに発表されたGIRO REGISTERⅡ。(後頭部)サポート機構を頭位ほぼ全周に亘らせフィット性を高めた、とは「(本機を含む)一部のタウンユース機のみ」と。帽体が1サイズしかないのはそういうことだったのですね。チンストラップの調整はスライドバックルのみ、と割り切り感が。値段を抑える可くMIPSは未装備。クイックバイザーの留まる位置が'09辺りまでのATHLONと同じで、ただでさえ短いバイザーの実効長が活かせていません。やろうとしていることは解るものの製品として詰めが甘くホントに本社で開発したんか?グローバルサイトには載っていない「GIROともあろうものが」…diatechにしても四の五の言わんとARTEXをもっと入れておけばこうはならずに済んだのですMERIT Sphericalを持ってきてない辺りにもやる気の無さが

Minisd-3702GROWTACのEQUALコントロールレバー。基本デザインこそERGOPOWERと同じですが変速パーツの差し替えで何速にも対応可「EKARの13速も」、とのことでコチラに取ッ換える走り屋が出てくるかもしれません、シマノのデュアルコントロールレバーは中でワイヤーがよくほつれる、と聞いておりますのでmicroSHIFTが割を食わされるかも。この仕掛けでバーコン作ってくれたら私もSENSAH EMPIRE PROにしたくなります。

Minisd-3701 Minisd-3706個人的収穫はほぼゼロ1800円は堪えた、自転車のニッチな部分しか見ない私には1月の科学技術館がより重要になりました。イベントブースでは子供達への自転車教育充実を、との話が出ていましたが問題は「入口より出口」、ルールだかマナーだかの締め上げで将来のクルマ(来る魔)乗り換えを仕向けるためでは?抑圧される側といたしましては訝らずにおれません。

Minisd-3700東京ビッグサイトはタバコに甘過ぎます。南ホールへの連絡に屋外喫煙所があり地上階のソレも空間隔離が全くなされていない、本展の場合自転車はタバコを吸いながらでも出来る軽スポーツであるとの間違ったメッセージを発しかねません。

Minisd-3709タバコとくれば…東京へは勿論新幹線で行きましたがその国鉄Jr.東海は先月16日に同喫煙室を廃止しました。「タバコ代の約半分は国鉄清算事業団へ入る、即ち旧国鉄の借金に充てられている(菅野完朝刊チェックより)」集金システムを手放すのは非喫煙者の1人としても些か不可解です。これまで私は喫煙室の車両を避けて乗ってきましたが今後はそういった「位置関係」が無くなるためジャンキー達がどの車両へも肺に溜め込んだ毒素を撒き散らしに入り込んでくるわけで生きた心地がしません。この際ですのでついでに書いちゃいますと菅野様は「自身の都合で取材が続けられなくなって」しょげているところへ視聴者から茶々を入れられ怒って「国鉄Jr.グループが今の体を成していられるのは誰の御蔭だと思ってるんだ、非喫煙者は鉄道に乗るな、狭軌にしか乗っちゃイカン」と吠えてらっしゃいましたが、そりゃキョウキの沙汰ですよ!公共性が高いとは言え鉄道もまた一企業の私有財産、それでなくとも喫煙は義務ではありません…「国鉄の放漫経営さえ無ければ俺達はもっと廉く吸えるのに」ぐらいにして欲しかったものです。

《追記》
研修ついでに博多のウエムラサイクルへ7年振りに寄ってきました。何処ぞの展示会よりもずっと賑やか!

| | コメント (0)

2023年5月31日 (水)

ウェルフェア2023見てある記

Minisd-3572本展見物は自身4年振り・会場移転後初。「すわり」に係る展示は丸菱工業過去に紹介済みとアビリティーズがQUICKIEを持ってきていたくらい、極めて低調でツマラネェのなんの!折角指定休取って来たのに…撮影禁止だとォ?他人に見せて伝えさせてこその展示会だゾ!場内はWi-Fiが使えないようでしたが皆さんノートPC広げてどうやって通信回線に繫げていたのでしょうかデザリング?それとも私がトロいだけ?

Minisd-3573 「錦の御旗はこっちのもんだ」そんな中にあって奇妙な盛り上がりを見せていたのが介護ロボット及びセンサーの区画。先日国会に提出された介護保険法改正案に4:1は明示されていないようですがシルバー新報最新刊をはじめ業界関連メディアは「人を減らせ、ロボット・ICTで効率化を、PDCAを回せ」の大合唱、これッて戦前メディアの戦争・政府礼賛路線と一緒では?自身初見となったALCO_EX Patient Watcher+は新規開設ではない既存の事業所或は在宅にも据え付けられる汎用性がウリで、離床コール連動とその録画は勿論のことオプションで心拍・呼吸・室内温度・湿度・二酸化炭素濃度のテレメトリーエアコンとは連動しないらしいが、それも時間の問題だろうが家族にも伝わってしまうモノ。またパワードスーツにしても若い介護職に「知識も技術も要らん、考えるな、チカラで押し切れ」仕向けているに等しく、施設介護も随分となめられたものです。SHARPはロボホン君を並べて「イベントやりませんかァ~」などとやっていましたが何故非接触バイタルセンシング ソリューションを持ってこなかったのか?シーテックが上でウェルフェアは下なのか?

Minisd-3574 気を取り直し…ようがありませんが、それでも1つだけ。EXA HomeCareのCareWiz トルトは対象者が5m歩くところをスマートフォンで撮ってUPすると人工知能が歩容を解析、転倒リスクの評価のほか嚥下のモニターが可能。営業さんには座位の解析も出来るようにして欲しい旨伝えておきました。

Minisd-3575 「ロボットマンセーは以前聞いたことがあるからそれ以外を…排泄ケアの講演があんのか」聴講は要申込でも隣の休憩スペースから覗き見出来るので遅い昼飯を食み食み…オムツフィッター講習のようなものが名古屋でもある云々でんでんに「フムフム」以降は居眠りしてしまいましたよ。

若宮大通の歩道は石畳がガッタガタで気分だけはアランヴェールでしたちっとも嬉しくない!

| | コメント (0)

2022年12月30日 (金)

ヘルメスとアフロディーテー#6/アルテミスとゼウス#11

Minisd-3483 2022年会合現象の〆、昨宵の水星と金星の接近自身1年振り及び月と木星の接近を。Minisd-34842つの現象が同一夜、まさに同時に見られることは滅多にありません。

果てしなく長く、公私を問わず苦しく、辛い一年でした。そして来年も「新しい戦前になる(タモリ)」大軍拡・大増税・大汚職、淫祠邪教に人員整理介護施設が4:1になったら私は弾かれると明るさが全く見出せず、うっかり「良いお年を」などと言えたものではありません。

| | コメント (0)

2022年9月23日 (金)

Convair B-58 Hustler

ハスラーと言っても軽乗用車でなければビリヤードでもない、超音速爆撃機です、ソコントコヨロシク。

Minisd-3421詳細は他所に譲ります手抜き!B-58はかつて冷戦下のアメリカ軍で用いられようとしたウェポン・システムの1つとして東側防空圏をマッハ2で突破、同中枢を核で叩く可く開発されたもののそのマッハ2こそが仇となって退役を早めてしまうことにそれでも部隊配備されてたんだからアメリのモーレツぶりが。戦術転換もさることながら当時はテクノロジーも疾風怒濤、「作ってはみたけれど」は本機に限ったことではありません。デルタ翼はMe163と同じA.リピッシュ博士によるもの、氏のプロダクトのある意味到達点と言えるのではないでしょうか。

本機唯一の成果・キューバ強行偵察から60年。
キューバ危機もまた事がデカ過ぎて1記事で扱える量を遥かに超えてしまっていますが思いっきり要約しますと「ミサイル・ギャップ」などと言われつつも実際の(核)ミサイル戦力はアメリカが優位にあったことからJFKは逸る軍を抑えつつソ連に対し一歩も引かなかったこと、フルシチョフもまたソコを知悉していて譲歩せざるを得なかった、ようなのです。

ソ連を引き継いだことになっているロシア、御存じの通り海路を求めウクライナを攻めているワケですが、特にその初期に於いて一部で言われていたのが「ロシアの諸々の詭弁が大日本帝国化が酷い」。翻って私達介護職が日々関わっている、今日お年寄りと呼ばれる人の多くは元祖・大日本帝国、でしたよね…キューバ危機、JFKとフルシチョフの丁々発止にはお年寄り或いは子孫である私達を形作っているものとの向き合い方、そのヒントが埋もれているような気がするのです。

| | コメント (0)

2021年10月 8日 (金)

MINAMATA

「いよいよ封切られたか、ところでコッチではやってるのか?」去る2日に観てきました。テーマが良い、役者達の演技も良い、J.デップの役作りがハマりまくってる!映画館では圧倒され、「昭和の宿題を取りに行くぞ、オラ♪」な記事にする心算でした…烏賀陽様のツイート読むまでは。

その① その② その③ その④

そもそもロケ地が水俣ではないコストを抑え易いんだって。ミュージシャンの海外レコーディングみたいだ、主人公の機材選択に間違いが多い長玉は私も気になった。ミノルタがやたら目立つのは意図?、一部キャラクターの関係性が曖昧・背景描写が足りないetc.Minisd-3288 「言われてみれば」作りがやや雑で、非常に勿体無い印象に変わっています。 個人的主観では臭い、即ち現像液・魚の脂・工場廃液・患者達の排泄物病院の薬剤・金属的なものもね等々を感じにくかったように思います石牟礼道子「苦海浄土」ではコレデモカと綴られているが、そこは制作陣の「踏み込み」の甘さなのか、それともこちらが想像力を逞しくす可きだった、のでしょうか。とはいえ、見る可き点もあるわけで…住民運動の努力もさることながら補償上乗せの決め手がガイアツだった、日本(人)の、悲しいまでの変われなさが終盤数分で鋭く突き付けられます。

教授のサントラを映像と共に聴くは「The Last Emperor」以来。あの頃よりも響きに空気感が強まり、また環境問題にも取り組む氏とあって思い入れが伝わってきます。

結びで世界の公害問題が列挙され、水俣は遠い日の記憶ではない、今、これから何をす可きか、受け手に問うてくるのです。

《追記》

毎日新聞「2050年のメディア 第80回 ジョニー・デップ『MINAMATA』よ これが報道写真家だ!

| | コメント (0)

2021年9月18日 (土)

周回遅れの水際防疫?#2

先日、職場で「他所で感染を知りつつの就業が発覚」したとのことどこぞの学校でもあったな、同件を受け「本人はもとより家族・関係者が感染或いは検査を受けたら速やかに報告を、さもなくば法人懲罰委員会に諮る」旨の念書に署名させられました。COVID-19⊿流行は今なお予断を許さず、官製「収束」など全く以ってアテにならない昨今ではありますが、「何故」感染を隠してでも仕事に向かわせるのかに踏み込もうとしない、訝らずにおれません。

誰も守ってくれないから、です!

自称・予防はあっても組織が病を治すわけでもなければ残った同僚を助けるダメージ・コントロールも無い部署間の共食いはある、ただでさえピッタリ・ギリギリ以下でローテーション回されていると言うのに。

剰え恫喝をチラつかせながらの報連相命令、使われている身であることは重々承知のうえで言いたい。ハードウェアの不備が、懲罰的統制が積み重ねられた果てで起きた国鉄Jr福知山線脱線事故ではなかったのか?法人よ、学習してるか?

「これがネオリベというものか」本質的部分に於いて増収増益を目指す以上のもの、働く仲間を守る仕組みは有るようで無い…施設長も産業医の立場から当人矢鱈ソコを強調する考えてはいるようですが、だいぶ前のこと、別件で「『職員のため』を訴えたところ法人幹部から殴られた、マスクは傷を隠すためだった」と同僚から聞きましたが、真偽の程は不明。

(2021年9月30日UP)

| | コメント (0)

2021年9月 8日 (水)

どんけーきをぱくみする#2

昨日、夜勤明けに観てきました。職場の宿直室で仮眠をとり、目覚ましドリンクをあおり…絶対に居眠りなどするものか!

Minisd-3278 こちらでの封切りは去る3日、事実上の退陣宣言となる時期総裁選不出馬表明のその時でした。観る前までは「遅過ぎるッ」カリカリしておりましたが実際に観て「衆院選の前で良かった」、奴の首1つ飛ばしたところでこのダメ国は寸分たりとも変わらない、否、放っておけば更に滅びへの道をひた走るは小僧の肌感覚でも解ることですので。来月、選挙公報を手にする、投票所へ足を運ぶ前のおさらいとして観ることを強く、強くオススメします。

これまで他所で再三取り上げられてきたことばかりですので私ごときがクドクド書くのは野暮というものでしょうが、それでも少ォ~し…Minisd-3277 生い立ち及び博打的政治キャリアは人・スカ義偉を知る、「実体のないもの(プレビューより)」の実体、最低ラインをおさまえていると言えましょう。現在の自民党政治は保守本流ではない日陰者達の謀反であること、数年来この国を貶めてきた「アベ的なるもの」はスカによって齎されたこと、そしてスカとくれば絶対に外せない、内閣人事局と官房機密費不正使用にも踏み込「みかけて」います。報道に携わる者がとる可き姿勢も予告編中・前川さんの「国まるごと私物化するんじゃないか」及びナレーション「こんな日本に、誰がした」は本編では出てこない

COVID-19流行が表面化し出して1年半余り、市民の多くはこれまで以上に考えるのが面倒臭くなってきているのではあるまいか?ここ暫くうたれた選挙結果を見るにつけ訝らずにおれません。終盤のアニメ及び統計の列挙は日本の没落・間接民主制を採ることの本質的厳しさをコレデモカと突き付けてくれますゾ。

| | コメント (0)

2021年8月10日 (火)

Hacksaw Ridge(裏切りの内面化・人格化と向き合うには#2)

今年も9月2日が近づいてきましたので。

ハクソー・リッジは2016年公開・沖縄戦における米衛生兵・D.T.ドスの従軍体験をもとに描かれた映画です。主人公はキリスト教安息日再臨派の敬虔な信徒で、自ら銃をとることを拒み、レイテや沖縄で多くの人命を救ったことから良心的兵役拒否者として初めて名誉勲章を受けたことで知られています。

本題からは外れますが個人的注目はリンク先・ムービー2分27秒~3分10秒辺り。白旗を掲げ、たこつぼ陣地から出てきた日本軍兵士達、投降したかに見せかけつつ隠し持っていた手榴弾を投げつけてきた!丸腰の主人公は手で弾き、足で蹴り返すも爆発で重傷を負う…日々介護職を苛む「裏切り」「対人関係の傷つき」を映像化するとこうなるのでは?相対する介護職は「手榴弾」を弾くことしか出来ないのか?ある種の無力感に包まれる、否、締め上げられるのですこの後その日本軍兵士達は悉く射殺されるわけだが、「裏切りへの報復は当然」不謹慎にも痛快さを禁じ得なかった。そして元・皇国臣民達を今日まで突き動かしてきたのは「ヤラレタカラニハヤリカエシタイ」強く感じるのです私の祖母は生前「第三次世界大戦は(戦争ではなく)勉強(を以ってするの)だ」と言っていた。方法が何であれ根っこは「そういうもの」では、思い返すのだ

かつての戦中派は今やほぼ全て墓に下り、昨今私(達)が関わる御年寄と呼ばれる方々はポツダム宣言受諾当時のティーンエイジャーが中心。ティーンエイジャーと言えばチカラに訴えたくてショーガナイ御年頃、そして「人が抑圧したものは世代が下る程直接的且つ短絡的に顕れる傾向」「大脳新皮質の歯止めが甘くなるとその人をその人たらしめた、横文字ならクライメイトとかいったもの、人格の土台が剝き出しになる」とは飽くまで邪推連合国との直接戦争に敗れ、対外侵略を封じられた日本人達が次に始めたのは身内への侵略だったのでは。またこの世代は戦後間もない頃の自殺が多かったことでも知られるが、私はそれを「大日本帝国 己への侵略」とみる。もっと言えば人は一度走り出すとそのやり方をなかなか改められず、多くの場合一生続けようとする…個々人に於いては「いろいろあった」のかもしれないにせよ、これらを以って介護現場が荒れなくて何なのだ、と言うのでしょうか。

何処に隠し持っているか?何時投げつけてくるか?報復せよと言うのではない、「図太く、でも純粋に」最低限身を守る、手榴弾を弾き、蹴り返すぐらいのことをしてもいいのではないでしょうか、「76年もあったぞ、今まで何してた?」。疑心暗鬼は同時に自称・戦後を生きる私達を形作っているものへの問いであり、私達もまた子孫達から後ろ指を指されることになることもお忘れなく。

| | コメント (0)

2021年6月30日 (水)

どんけーきをぱくみする

Minisd-3257 Twitter Japanの妨害言い訳が子供じみてるにもめげぬルポルタージュ映画「パンケーキを毒見する」公開1ヶ月前記念?個食会を敢行、「しがねェ介護職が食えるのはこの程度よ」自嘲と皮肉を織り交ぜつつ大袈裟な

隣町の某館は「順次」とあるのみ、待ち遠しいゼ。

| | コメント (4)

2021年2月16日 (火)

周回遅れの水際防疫?

「検査したことまで責めるのはやり過ぎ」とは同僚・Zの言。

去る15日、部署に法人から(COVID-19に係る)文書が落ちてきました。直接のきっかけは「当事者が報告を怠った」ようですが、法人の、当事者への非難は苛烈を極めるものでした伏せてはいるが当事者の職種及び家族の続柄から氏名を類推しうる、保健所がPCRでなく簡易な抗原検査を指示している等ツッコミどころが。安全・安心がいまだ担保されぬ中、各人の注意以上の対策が見当たらないのは一応ごもっともではあります目指すのが緩やかな集団免疫であろうがが、組織とやらに幾度となく欺かれてきた私は額面通り受け取れない、Z同様訝らずにおれませんでしたね。本書が示すは一往には職員・事業所への注意喚起でも再往には

管理コストの抑制

であろうことは論を待ちません、感染云々(でんでん)より検査及びその後の手当てが面倒だ、と本件と直接関係は無いがウチの上役をして「調べなけりゃいいんだ」言い放った程

雨曝しの自称・駐輪場、職員通用口で下履きを脱いだら所属階毎に設けられた下駄箱まで靴下のまま歩かねばならない、今もなお実質男女共用の更衣室、ナップサック1つ入らないロッカー、病室並に暗い照明、休憩場所を求めて放浪する職員、深刻な備品不足…県の優良事業所事例発表会でカマシた「働きやすい環境づくりを」諸施策はウソではありませんがそれらが即座にひと・組織を守るものと言い切るわけにはいきません。私の薄給もまたそんな法人の露骨な福利厚生切り捨てことハードウェアの不備は外部の目に触れ難い、ときているの上に成り立っているわけで…。

(2021年2月24日UP)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧