« 2021年12月 | トップページ

2022年1月14日 (金)

ヘルメスとクロノス#3

《期間限定カキコ》温めて食ったことあります

カウントが巧妙に操作されているのは舞田博士の指摘通り

Minisd-3339 今夕もう昨日か水星と土星の接近を、リンク先にもある通り赤経の合にならないため天文年鑑に予報はありません。この後程無くして中央山塊を越えてきた雲に隠されてしまいました。

| | コメント (0)

2022年1月 7日 (金)

アルテミスとゼウス#7、だったね

Minisd-3337 昨日・低気圧通過後の雲間から姿を現した月と木星を。赤経の合は午前中で夕刻にはだいぶ離れてしまうからか、アストロアーツには案内がありませんでした。

次回は2月3日、赤経の合は朝のため夕刻の見え方も今回とよく似たものになります。

| | コメント (0)

2022年1月 6日 (木)

SealSkinz Neoprene Halo Overshoe #2

《期間限定カキコ》「こういう地道な仕事をする人を落選させているわけで、とても悔しいよねぇ(菅野完様のFacebookより)」。

暮れに頼んだSealSkinzが今日納品。

Minisd-3336 変更点はタブが黒くなった、アザラシ君マークが大きくなったくらいで、仕様自体は全く一緒。スッゴく良いわけでもない本品を使い続けるのは何と言っても代理店がいつもと言う程しょっちゅう頼んではいないが在庫を持っていて、指定納期を守ってくれるから。

RITEWAYもBBBを同じくらい捌けばもっと人気が出ると思うのですが、勿体無い話です。

| | コメント (0)

2022年1月 1日 (土)

アルテミスとアレース#13(ケイコクシンニセマル#5、だったね)

けいじゅずいしゅん!
本年もFPA(S) Laboratoryを宜しく御願い申し上げます。

Minisd-3335初日の出直前に見られた月と火星の接近を、昨年末に火星と並んだαScoも併せてあの日は寝坊したのよ…。星像が流れても露光を伸ばしたほうが雰囲気の良い絵になったのでもう少し遅い時間に狙う可きだったかもしれません。火星は11ヶ月後に地球へ中接近、明るさ・大きさの変化を追っていきましょう。

| | コメント (0)

« 2021年12月 | トップページ