« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月30日 (金)

Vixen ATREKⅡ HR8×42WP

先日30年来使ってきた双眼鏡を落としてしまいトホホ…単眼鏡での天頂は緊張から非常に見辛いため買い替えることにしました。

Minisd-3235 「Alaris540がなんでEDGじゃないんだよ!」などとは誰もツッコミませんよね。これまた先日某所の「COVID-19(変異株)流行で更なる不況の先で大増税が、今から倹約を」に縮み上がってしまいまして「当面は一先ず見えればOK」、家電量販店でちょっと廉くなっていましたし。

近年は各社ともこの辺りの口径はダハプリズム機を重視するようで、エントリー・モデルもまた「雰囲気だけ上位機」が多く見られます。緩いカーブを描くデザインは私が宮内にかぶれ、美術学校で本機のような双眼鏡・スポッティングスコープの絵を描いていた「あの頃」を思い出させますが、1980年代に流行ったBaK4ガラスでプリズムハウスを小型化したポロプリズム機カートン「アドラブリック」シリーズが火付け役のような指の取っ掛かりが無く、持っていて意外と神経を使わされます、慣れだと思いたいですが。公称アイレリーフ19㎜は私の眼鏡を通してMinisd-3237Minisd-3236全視野が見えるギリギリ。ストラップはクッションの厚い、些か大袈裟なものが付いていました。ソフトケースはきつめで、収納には折り曲げを戻しきる必要があります。

値段を考えればこういったチェックは野暮というものですが…射出瞳はパッと見真円たぶん。鏡胴の内面反射が所々目立ちます。昼間は色滲みが目につくので覗いていて快適とは言えません。ピントの山は掴みやすいと思います30ン年前の同社機は結構迷った。夜間のLED街灯はゴーストこそ目立つもののフレアは抑えられており、シュミット・ペンシャン型ダハプリズムへのフェーズコートが利いています。視野中心より8割辺りから像が円周方向へ流れ出し、周縁ではこれにコマ状の乱れが加わりますが、輝星のソレ以外ではあまり気になりません、意外以上に「健闘している」。

てなワケで流行が収まるまでは我慢です。

| | コメント (0)

2021年4月28日 (水)

Fenix HP25R

約1年に渡り自転車用ヘルメットへ冨士灯器 ZX-R370(以下370)を載っけてきましたが同機はスイッチの操作が不確実押しても点かない・消えない・電池室の蓋が不用意に開いてしまうなど使っていて不安を抱えていました。物色しようにもCOVID-19流行で東京へなかなか行けず「どうしたものか」困っていたところ、今年の初め市内にオープンした工具屋が本機そしてLi-ion 18650を扱っていることから乗り換えるに至った次第です。発売からだいぶ日が経っていることでしょうからサラッとイきますね。

Minisd-3222 Minisd-3223 ランプハウスのヘルメット上での坐りが良く、ガサガサ動かないので非常に快適になりました。ON/OFFは長押しながら0.5秒位?と短く、某社のようないやらしさはありません。ポン押しで4段階超光、常用することになるであろうSPOTのHi・350lumenのランタイム4.5時間は昨今自転車で遠出をしていないのでMinisd-3224 特に困ることは無いでしょう、たぶん。サブのFloodは日の長い季節にマーカーで使えるでしょうか暗所用の赤を点けると道路運送車両法に抵触、じゃなかったかな

Minisd-3226 明るさは認めつつもLi-ionには抵抗がありました。蓋はネジ、オッチョコチョイの私には脱落防止コードが欲しかったところですが、バッテリー・パックにMicro USBポートを具えていますので頻繁に電池を出し入れすることは無いものと思われます。

Minisd-3234 370との照射比較。両機とも出力最大、壁面までの距離は約20cm。パターンがモンスターボールみたいになっているのは車窓用遮光シートに因るもの、肉眼で見るHOTスポットは画像のソレより小さいです。本機の1000lumenより370の830lumen(いずれも公称値)のほうが明るく見えますが…Fenixの三味線感。実用上差し支えありませんでしたがカメラのモニターを通すと370はパルス駆動のチラつきが目立ちます。

OPリフ故飛びがあまく、雨の夜道では何処を照らしているのか判り辛くなります、明るさでどうにかなってる感じ。ランタイムは370付属の電池を予備にすればどうにかなるでしょうあとはコレか?

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »