« 2020年5月 | トップページ

2020年6月27日 (土)

内合25日後の金星

《期間限定カキコ》こちらも都知事選を受けてのツイート、今後は自称・無党派のことを逃避派・臆病派・知ったかぶり派と呼ぶことにしましょう。

「『国産』ッてどこの?」とはかねてより思っておりました。国を挙げて産地偽装、イトーヨーカ堂はいい面の皮です

Minisd-3016 東天にまわってからなるべく早いうちに狙いたかったのですが今日になってしまいました…当初前回のトライアル同様SX50 HSを向けてみたもののどォ~も結果が芳しくなく、双眼鏡の接眼レンズへケータイを押し当てて撮影。光学ズーム3倍+デジタルズーム3.3倍、一部トリミング、コリメート法のピント出しはイマイチ判り難い。意外なまでの好感触にスマートフォン用コリメート撮影キットが欲しくなりました。

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

そ~ら~ぱ~しゃるえくりぷす#5

Minisd-3011 観られたのは全行程のうち10分余り、夏至の太陽を追っているのに涼しいとは…ゼロよりはマシですが。この後ベッタリと曇り、現象終了まで約40分を残して望遠鏡撤収と相成りました。

次回は2023年4月20日です但し南日本のみ

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

DRAGON SABER

ドラゴンセイバーはナムコ1990年12月発表の業務用ビデオゲーム、同1987年発表・ドラゴンスピリットの続編です。イメージこそ前作を引き継ぐもそこに至る意味付けが異なり、公害(環境問題)が織り込まれたストーリーに世相あぶく銭を掴んだついでの道楽?景気は既に失速しつつあったがゲームメディアへの反映にはタイムラグがが。「大味・雑」確かに言われてみればナムコとくればキャッチーさがウリ。緻密な作り込みを求める層向けとは言い難い。楽曲は前作に続いて細江慎二。CDのライナーノーツで自ら「YMOの子供たち」を名乗り、思い入れを語るだけあって前作以上に趣味性が色濃く、KRAFTWERK張りのシークェンス・フレーズやYMO「U・T」まんまのリズムパターンでテクノフリーク達を「ニヤリ」とさせてくれます。当時学生だった私はCDをひたすら回すために実習室に籠り=電気代節約、管理からよくドヤされたものです。

Minisd-3004
ここは、地球によく似た異世界ー。今や色彩も失った荒れ地だが、かつては緑の美しかった国。/人類によって築かれた高度な文明は、その身勝手な創造と破壊から、著しい環境汚染をもたらした。緑の大地は熱砂に覆われ、母なる海は汚泥に埋もれた。全ての生態系は崩れ、愛らしい生物たちは息絶えて、そのあとには、汚染を巣窟とするおどろおどろしい奇形生物、バイオモンスターが発生していた。/わずかに残った人類は武装し、廃墟と化した都市で部族を作り隠れ住んでいた。傲慢な人類の科学が産み落としたバイオモンスターから身を守るには、そうする他に生きていく術はない…
(以下略全文はWikipedia)

こちらはプレイムービー。1周クリアでENDのため冒頭のノーガキにもある通り点カセはかなりシツコく、2面・ファイヤーを取っても直ぐ三つ首に戻すほか、スモールを取らないあたりにプレイヤーの火力重視が窺えます。そしてエンディング末尾、メーカーロゴと共に「これが私達の星の未来とならぬよう…」御気付きでしょうか。昨今人界を騒がすCOVID-19ウィルスは生物とは言わないそうですが環境破壊が作ったバイオモンスターの1つではなかろうか、ある種の符号を感じさせるのです。事実ウィルスの流行(致死率)と大気汚染度は相関が認められるそうですよ。

稼働30周年、その「未来」は来てしまいました。

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

Pudding rather than praise

《期間限定カキコ》した筈のログインをすぐさま無かったことに。nifty、おかしいゾ!

あのテの「解り易さ」には気味悪さすら覚えていました。やっちまいましたね、アベ様のイヌアッチイケー(こちらは英The Independent紙)。

Minisd-3007 先月「褒め言葉よりもプリンが欲しい」と書いたところ、職場に「頑張っている介護(施設)職の皆さんに」ヤクルトが差し入れを下さいました。真に有難う御座居ます、が、伝染病でなくても私、仕事頑張って、もっと言えば元・皇国臣民とその子孫らからの「身内への侵略」と日々闘い続けている心算ですけどね。

夜勤中「是非ネタに」と画像撮ってそのまま職場に忘れてきてしまいました。次の勤務で飲めばいいか、残っていれば。

それより10万円は?申請書すら見たことがありません

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

アルテミスとゼウスとクロノス#2

Minisd-3005先月に続いて今回も薄雲越しながら3星をレンズに収めることが出来ました。月に対しては露光オーバーながらこれ以上絞ると土星の写りが…肉眼のラチチュードの広さに改めて感心?

次回は7月6日です。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ