« ウェルフェア2016/中部ライフガードTEC2016見てある記 | トップページ | ゼウスとアフロディーテー/ケイコクシンニセマル#2 »

2016年8月25日 (木)

第17回 静岡こども福祉機器展

今年も行ってきました、こちらも開催から日が経ってしまっていますので「坐るモノ」だけチョコッと。

Minisd_983Minisd_982インテックス・NEDOのブースで目立っていた電動車椅子・WHILL Model Aをフランスベッドが持ってきてくれました。機能が盛り沢山なのでリンク先を参照願うとして…ヘンチクリンな前輪が回頭性を良くしているらしくデカいので当然段差越えも有利に、実際きびきびした旋回は他機に無い異質なものでした。リウマチといった手の巧緻性に難を抱えた方でも操作出来るというジョイスティックがなかなかの出来で通常型もありこれまた感心。Minisd_981座の調整は自操型にも是非欲しくなる機能でSEとしては「ムムッ」。コレで高尾山へ上るツワモノもいらっしゃるそうでキャタピラを用いずともオフの走破性に技術陣は自信を持っているとか本機で砂浜に入る人はいないだろうが、ただし116kg!もあるため自宅へ戻ったらフツーの車椅子へ乗り換え、でしょうか。

Minisd_977Minisd_978本展で最も目を惹いたのがコレ、共に生きるために・扱、米Rifton社製シャワーチェア。ヘッドサポート及び体幹ベルトは何段階にも位置を選べ、体格や体幹支持性にきめ細かく合わせられます、背・座のメッシュも2種類ときたもんだ、ウ~ン素敵。背・座角調整勿論個別にのロックレバーは坐っている対象者からは手が届きにくく、Minisd_979且つ介助者にはすぐ判るところ、そうそう頻繁に動かすわけではないので洗身介助中他所に引っ掛かり難いロープロになってるあたり検討の跡が窺えます。惜しむらくは猫足の下に専用ドリーをかますと大袈裟になってしまうこと、直接キャスター付の脚とリプレイス出来ればなァ。

Minisd_985Minisd_986クリエイティブスタジオの車載用座位保持椅子・viola Jr.。チャイルドシートに背張り調整とアンカーサポートが付いた、と思って下さればだいたい間違いありません。画像では見づらいのですがラダーベルトは左右個別にいじれるらしく、脊柱の側彎にも副わせられるとか。デモ機はフツーのパイプ椅子に留めてありましたがこうして使いたくなる方、案外いたりして。

Minisd_984きさく工房も来てました。フレームに角パイプを使ってるあたりがいかにも、です。初めて気付いたのは同社総合カタログにあったフレームの動きと姿勢の変化一覧、SE養成講習テキストにあったソレまんまでした、ここから引っ張ってきたのかな?ピボットが増えるとフレームが撚れやすくなりますがより安全・安楽、或いは活動性を引き出す姿勢作りに車椅子が出来ることってもっともっとあると思うのです、その点きさく工房はそれらを具現化するあたり意欲を感じます…まァいずれにせよウチの学生達には使いこなせないでしょう、マツナガのヘッドサポートのネジが緩んでもそのまま放っといてる・偏心カムレバーの使い方1つ解らないくらいですから。

Minisd_980エレボジャパンのロッキングチェア・ROCKY CHAROL。ロッキングは固定可、安楽椅子としてだけでなくリンク先にもある通りアウターを外すとメッシュになってシャワーチェアとしても使えるのだとか、ただし施設で使うにはキャスターが欲しくなります。他機にもあるヘッドサポートの折れ機構車椅子車載のソレとは異なるは結構以上に重要で、自ら頭を動かせない、重症度の高い方の髪を洗う・ドライヤーで乾かすのが1人で手早く済ませられるのではないでしょうか。ココが動かせないとこわごわ、或いは力で「エイッ」と上体を起こし(屈ませ)たり、対象者によってはその時だけ相方を呼んだり、はたまた「見切った」やったふりだけの職員がいたり…重大でしょ。私は昼寝用に1台欲しくなってしまいました。

自称・仕事疲れとここのところの暑さで全く手が付きませんでした。今後徐々に遅れを挽回していきたいところですが、今年中は無理かも。

|

« ウェルフェア2016/中部ライフガードTEC2016見てある記 | トップページ | ゼウスとアフロディーテー/ケイコクシンニセマル#2 »

ケアデザインから始めよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/64096192

この記事へのトラックバック一覧です: 第17回 静岡こども福祉機器展:

« ウェルフェア2016/中部ライフガードTEC2016見てある記 | トップページ | ゼウスとアフロディーテー/ケイコクシンニセマル#2 »