« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月24日 (日)

ケイコクシンニセマル

地震につきましては他所で既に要点が出揃っておりますのでソチラにお任せするとして…

Minisd_921去る16日未明、来月末に衝を控えた火星とαScoアンタレス「火星の敵」の意を、固定・2秒露出故写りがショボいですが…古代中国では火星を熒惑(けいこく)、アンタレスが属する星官(星座)を「心宿(しんしゅく)」とそれぞれ呼び、両星が並んで明るさ・赤さを競うように輝く様を「熒惑心に迫る或いは『守る』」といい、不吉の前兆とされていたようです。火星は天球上の動きが大きく、またアンタレスが黄道の近くにあることから両星の接近は時々あります今回は4月27日・8月24日が、衝と前後して、となりますと案外珍しいのではないでしょうか蛇足ながらアンタレスの方はフレーミングを若干ゆるめてσ・τ星と共に、この3つで「カゴカツギボシ」、への字型の並びを天秤に、真ん中で担いだ人が力んで赤くなっている姿に見立てたのだそう。火星の見かけの明るさは地球からの距離で大きく変わり、アンタレスも脈動変光星とあって両星が同じように接近したとしても明るさ関係はその度に異なります。

Photoshopで文字を入れた画像をJEPGでセーブする方法をやっと覚えました、今後より解り易い記事作りを目指します、たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

富士・富士宮地区シーティング勉強会#4

Minisd_881_2コレも急いでageなくちゃ…去る3月17日、例によって例の如く串田さん・光野さんの勉強会へお邪魔してきました。先ず以って趣旨説明の前に折り紙を渡され「しっかり坐って、続いて崩れた坐り方でそれぞれ鶴を折って下さい」…ムムムッ、ズリ座位では折り目が見辛く、角を揃え難いですねトーヨー製?正方形の精度が出ておらず、対角線に折るとちっとも角が揃わなかった、他受講者からも「集中出来ない・折り方間違える・手元見えない・力入り難い・身体あちこち痛い」等々。お題は「食べこぼしと誤嚥防止のシーティング其の一」、姿勢と活動性の関係を疑似的に体験するためのものだそう。なるほどより良い動きにはそれぞれ適した姿勢が必要ですね…ッて、ちょっとちょっと、あんた(私)何を折ってるの!

年度末に相応しく?当日は内容盛りだくさん。マツナガの渡邊さんからは目下同社が力を入れているNEXTCOREシリーズの1つ・くるりの紹介。串田さんも「良さげなものが出てきた(要旨)」と推してらっしゃいましたが私は過日の駒場苑でアイムエイムの木村さんから「坐りに関して同シリーズには疑問を覚える。フレームはヨレヨレだし座布の弛みも大きい」と聞いておりました、それだけではありません、その木村さん同席ですよ!案の定顔が曇ってましたね同機についてはまた後日Minisd_880Minisd_888続いて木村さんからは御自身が開発中・駒場苑にも持って来ていた車椅子用後付けヘッドサポート・しっかりヘッドを。背張りならぬ「頭張り」で従来機の形状・クッションの柔軟性だけでは対処しきれなかった、よりきめ細かいサポートを目指すもので、更にその程度違いで2バージョンがあります、シーティングもここまでキたか。「飽くまで骨盤・体幹サポートがあってのもの。ここ(頭)だけでは首吊りになってしまう」とも。ドウデモエェことですがリンク先・光野さんの記事、同機のフィッティング風景を撮ったのは私です、ムヒッ。光野さんからはでく工房が長年手掛けてきた「すくいやすい食器」を主に若い世代へ向けて。そして長野の福村Drが試みている完全側臥位(90度)法についても。これで誤嚥が防げるといいな、ただし施設ですとそれをどこでやるか?がポイントになりそう。安定した側臥位を採れる車椅子は機種が限られておりじゃあストレッチャーかよ?、ベッド上で、となりますとユニットではパブリックとの動きを分断しかねません。なお光野さんの側臥位三兄弟は外装を防水化した新型を準備中、とのこと。

本会・今年度の予定は以下の通り。

  • 5月 19日 食べこぼしと誤嚥防止のシーティング其の二
  • 7月 21日 食べこぼしと誤嚥防止のシーティング其の三
  • 9月 15日 食べこぼしと誤嚥防止のシーティング其の四
  • 12月 1日 車椅子駆動とシーティング
  • 1月 19日 車椅子駆動とシーティング
  • 3月 16日 車椅子駆動とシーティング

いずれも18:30開会・湖山リハビリテーション病院5階・多目的ホールにて、興味のある方は同病院の問合せフォームより。実は串田さんからは「本会は裾野を広げるための呼び水。これとは別により突っ込んだ集まりを持ちたい」と声を掛けられ、当日はその初顔合わせを兼ねていました。今後公休申請のやりくりが難しくなりますナ、職場との調整を要するかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

よりあい「ヨレヨレ」見学ツアー

Minisd_858もう1ヶ月だというのに自身の中で全く整理が付きません。まァいいや、そのままageちまいましょう…去る3月10・11日、認知症高齢者向け小規模多機能の草分け・福岡は宅老所よりあいへの見学ツアーにお邪魔してきました、九州行は実に21年振り。内容につきましては主宰である円窓社・茂木社長のBlog「笑老描私」に詳しい

のとだいぶ日が経ちあちこちで取り上げられていますのでココでは全てを書きません、というかボリューム多過ぎでとても書ききれません!私からはポイントを絞って。

Minisd_860募集は瞬く間に締め切り、全国20都府県から50名申し込み殺到で枠を広げたそうが結集!私はこっそり参加するつもりでしたが某所でリーク(広報)されてしまい…茶山駅の集合以来声掛けられまくりでした。画像は昨年オープン、ブリコラージュ誌でも紹介された特養・よりあいの森の地域交流室に詰めかけた参加者のほんの一部。皆さん只者ではありません、私からすればインドツアーのリピーターはもはやバケモノ!!此度の面子ではその筆頭が岐阜のDJ KORENAGA様6月に地元へ村瀬さんを呼ぶそうで、茂木社長から「間をもたせるため」その模様を話すよう振られたものの程無くして「はいそこまで!」一同爆笑。この地域交流室がココのキモなのだそうで、普段は利用者様が集い、地域を巻き込む場となる地域の一人の方の「ささえ」ひいてはよりあいの「ささえ」のためにとか。以前TV番組でも紹介された徘徊への対応と地域連携、ちょっとドッキリな入浴介助の実際も。

Minisd_864Minisd_865私も3年前ほんの僅かながら出資した施設故、どう出来上がったのか大変興味がありました。新設にもかかわらず新しさを感じさせない、よりあいのカラー全開ぶりに驚かされながらもパブリック(キッチン)からの死角が生じにくいユニット構成には「ムムッ」但し洗面・トイレは居室内、この辺りは制度に乗っかる都合?。移動全介助の方にはキャスターを付けた椅子を用い、車椅子は隅に寄せてあったのはかなり以上に意外、ここはよく聞いておく可きでした。皆さん見学もさることながら茂木社長御指摘の「『場』を共有する」を楽しんでいるようでした、かく言う私もその1人で今回だけはあまりノーガキたれないでおきましょうかウソ。テラスでの集合写真はMinisd_862Minisd_863次回のブリコラージュ誌表紙になる、とのこと恐ろしいことにとうとう私も雑誌デビュー。よりあいの書籍・グッズも次々と売れてましたよサンプラザ中野のオールナイトニッポン「幻の商売繁盛えらいこっちゃ」を思い出してしまった、歳でしょ

Minisd_866Minisd_871いよいよ本ツアーのキモ!(第一)よりあいに下村さん登場。「(制度に乗っかっていないので)とにかく資金繰りが大変だった」勇退に至った経緯は期待していたよりも簡単に…「へろへろ」「ヨレヨレ・第4号」に詳しいので一読を。下村さん達「絹の会」が立ち上げたよりあいのサテライトショップ・ケケコ商店の紹介も。加えて「人材育成を取り巻く環境はここ10年ですっかり変わってしまった、今の若手は自分達がされてきたソレが通用しない(要旨)」極めて興味深い発言が。本ツアー参加者はパッと見私よりも若いと判る方でも30歳は越えているであろう、概ね私と同世代、或いはそれ以上が殆ど、と言うよりもうその辺だけ。これは邪推ですが人材育成を含む組織運営、就く現在の20歳代半ば・いわゆるバブル景気の申し子共にどこも相当手を焼いているのではあるまいか?またそれ故その同じ悩みを抱えた者達が下村さんの勇退間もない今この時のよりあいへ集った、思わずにおれませんでした。奴等が真価を発揮し、世のため・他人のために働いていくのはこれから先のことではありますが、それとて今の高校・大学生辺りから数えて2・3番目のポジションで、ということになるのでしょう、というよりそうしてもらいましょうMinisd_867一昨年暮れの衆院選の結果(投票行動)と昨年の対外侵略法制反対運動の中核だったSEALDs(を取り巻く年齢層)とで明らかに温度差を感じるもとより自己チュウの塊、そのくらいの遠慮・自重なくば日本の未来が危ない…そしてお待ちかねの懇親会♪そちらでは有名ドコというシェフのバイキングをバクバク喰らい、余興でひとしきり騒いだ後一部は更に二次会当初「三好さん行きつけの店」だったのがその人数からモツ煮屋へと急遽変更へと突入。どのみち宿まで列車なんだから沢山飲んどけばよかったなァ。

Minisd_872Minisd_8742日目は谷川俊太郎さんが「予約」を入れていることで知られる第二よりあいへ。こちらも一から建てたとは思えない、利用者様が生きてきた時代の空気、施設とは思えぬある種の不思議が封入された空間でした「ウチ(鶴舞乃城・星のしずく)は如何にも『施設造りましたァ~』な風情だからなァ(髙口光子)」。(第一)よりあいでも「社会見学に来た小学生もが『落ち着くゥ~!』と。聞けばその子等はマンション住まい」、DNAが呼び覚まされる、と?私も仕事辞めてココでボケたくなりました。開放感ある吹き抜け、軟らかに日の差し込む通称・看取り室、Minisd_876Minisd_875キッチンを挟んで通所と入所を行き来出来るレイアウト…古そうに見えてそこここに考え抜かれた跡が。たぶん躓き予防で全ての畳の接ぎ目にテープが貼られていました、部長、コレはパクる可きですよ。遅れてやってきた村瀬さんからはその事情を、よりあいの物語は現在進行形です。そして今回も図々しく村瀬さんから直筆サインを戴きました、真に有難う御座居ます。

Minisd_869第二よりあいを解散後ケケコ商店へ足を伸ばした方もいらしたみたいはDAHONを展開、いつも通り道に迷いつつチョロチョロと博多駅を目指しました。普段は列車で乗り過ごしを気に懸けつつ居眠りするだけなのがMinisd_870この日だけは別に撮らなくてもいい駅だの切符だのにレンズを向け…地元に戻るのがこんなに嫌になった外出(研修)は初めてです。

茂木社長、そして御参加の皆様、楽しいひと時を真に有難う御座いました。応募多数だったため第2弾企画も進行中だとか、次回は懇親会に三好さんも合流されるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »