« 心を動かす楽技介護塾#2 | トップページ | CYCLE MODE International 2015見てある記 »

2015年11月26日 (木)

Le Tour de France さいたまクリテリウム2015

これまた1ヶ月前の話。

Minisd_780去る10月24日、第3回を迎えたさいたまクリテリウムを観に行ってきました、ロードレース観戦は2007年の大井埠頭以来。新都心駅を降りてまず目に入ったのはそこここを跋扈するケーサツ、ケーサツ、そしてケーサツ。自転車に乗じて市街戦の青図でも描いているのでしょうか?人質見殺しといい、サミットといい、五輪といい、3国首脳会談定例化といいMinisd_782近頃日本は国を挙げてテロを誘致したがっているようですので。街を往くのは観客だけではありませんので歩道を塞がぬよう観覧エリアを制限するのは止むを得ないにしても、歩道橋の目隠しはやり過ぎですよ。

Minisd_786Minisd_787その果敢な走りで別府・新城両選手はどこでも大人気。そして新城選手はジャパンカップに先がけランプレ・メリダへの移籍を発表しました。そこそこ走れるのはジロやツールでも示してきたとおりですが、氏も30過ぎてもうその次元にとどまってはいられなくなった、今後はそれらを結果に結び付けられる組織力が欲しくなったのかも。だとしたらもっと早い時期にイタリアへ渡っても良かった筈で、案外情で仕事をするタイプだったりして。でもこれまで以上に厳しい戦いになるでしょうね、同じような選手はイタリアにゴロゴロいますから。

Minisd_789Minisd_788レース結果は既に報じられた通り。顔見世のクリテの更に前ふりである個人TT、マスドロードの直前とあって本気で臨んだのは愛三の中根選手をはじめ国内のごく一部だけではなかったか、と。そしてマスドロード、世界の超一流が本気で仕掛けそこに日本の2選手が堂々と闘いを挑む新城のアタックもさることながら逃げに乗ってからは脚をためゴール勝負に備える、国際レースにあっても自らレースを組み立てられる別府の賢さには感心させられる、短いながらも充実した展開は多くのファンを喜ばせたのではないでしょうか。愛三はチーム総合成績トップで表彰台に上り、国内チームの面目を保ったわけですが、エース格を逃げグループに送った後クイックステップがあの時何を判断したかは傍からでは判らなかった。何方か教えて下さいましの「今日の仕事はもう終わり」集団を引くのはただの後始末でしかありません。Minisd_792_2Minisd_791_2「チーム(スポンサー)の名を売り込むのが眼目であり、それが何番目を以ってかは問わない」言い張るのであれば文句などありませんが、どォ~も日本人は戦うことの意味を取り違えている野球やサッカーとは違うんだから・頑張るポイントがズレているような、歳食っただけのオコチャマには釈然としないものが。パラサイクリングのアピールがあったのはこれまでの自転車レースにはまず見られなかったもの。シフトが合えば修禅寺に行きたかったのになァ。

Minisd_784Minisd_785会場で目立っていたのがこのTREKチームジャージをかたどった風船。この大きな塊が後から後から現れ、次々と配られていました。沿道に浮かんでいると視界を妨げるのに皆徐々に気付きだしたか、柵から街路樹といった処へ移してくれましたよ。またヘリウムの常で不用意に手放すと飛んでってしまい…さいたまの空に舞う風船に観客達も「またか」その度に見上げてました。

観客達の歓声が面白かったので幾つか…
小さな声でえェ~~~~ッ!?」病み上がりの筈のフルームがアタック、とのアナウンスに驚く
「ユキヤいけェ~~~ッ!!!!」新城のアタックにそれまで弁当食べたり半分居眠りしてた観客も一気にヴォルテージ上がる
「あ~~~ッ」新城が逃げグループに捕まり残念がる
「おォ~~~~~~~~~~~~~ッ」デゲンゴルブがお約束のゴールを奪い、「やはり世界は凄い」ある種の納得。フルームの3位表彰台も同様
「おおぉッ!」ゴール勝負の顛末は全ての人が知っていたわけではないので表彰式・別府の2位に「ジャパンカップに続いてやるなァ」驚きと感心が集まっていた。デゲンゴルブ・フルームのソレより1オクターブ高い
「わァ━━━━ッ!!!!!!!!」新城の敢闘賞に喜び再び爆発。敢闘賞の紹介アナウンスには概ね「そんなノもあるのか。当然ユキヤよね」といった反応だった

Minisd_790「ストリートコースはパーマネントにまさる、つまり鈴鹿は遠くて田舎だ(B.エクレストン宝島社『別冊宝島 F1激走読本』より)」、運営だのセキュリティーだの難しさはありましょうが、より広く知ってもらうためにはその露出度にこだわる、こういった街中、普段より人が集まる処で開く可きです大井埠頭や宇都宮とて「知る人ぞ知る」、その他国内レースにしてもあまり辺鄙なトコへ隔離しちゃダメ!そこまでして守りたい「クルマ(屋)の立場」か?。それから当日の模様はJ-SKYあたりで放映されていたのでしょうか、地元局がどう扱ったかは残念ながらわからずじまいでしたが全国放送、且つ地上波で伝えなければMinisd_781旧東京五輪・皇族の結婚・JFK暗殺・アポロ11号月面到達をTVで観た原体験を持つ世代が目下この国の指導的立場にある、或いはあったのはやはり無視出来ない。若い連中だってTVくらいは観るが、情報の多くはネットで拾っているので彼らをつついてもTV、或いはソレを取り巻く状況を動かすには至らない、とは悲観が過ぎるか世界のトッププロに失礼というもの、そうは思いませんか?

|

« 心を動かす楽技介護塾#2 | トップページ | CYCLE MODE International 2015見てある記 »

来たるべきもの」カテゴリの記事

路肩上の変質車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/62707453

この記事へのトラックバック一覧です: Le Tour de France さいたまクリテリウム2015:

« 心を動かす楽技介護塾#2 | トップページ | CYCLE MODE International 2015見てある記 »