« AddressV125S ライト交換 | トップページ | The raw Ibis titanium stem »

2015年3月24日 (火)

企画展示 静岡大空襲からの復興 ~瓦礫から立ち上がる人々~

企画展示「静岡大空襲からの復興 ~瓦礫から立ち上がる人々~」の会期が残り僅かとなり、地元ラジオ局からも所謂「押し出し」の案内があったことから「久々に行ってみようか」去る20日、約2年振りに静岡平和資料センターを覘いてきました。例によって例の如く寝坊してしまいましたのでCurve SLでのんびり列車に乗り込み、普段あまり近寄りたくない静岡市街とにかく一たび入ると身動きが取れなくなるのダ。あのせせこましさ・流れの悪さを直さない限り幾ら再開発を繰り返したところで結果は同じだろうは伝馬町通りへ…

Minisd_558平日午後とあって来場者は私だけ。70周年を間近に控えた静岡大空襲B-29とてUFOの如く突然同地上空に現れたのではない。特に若い世代にはソコに至るプロセス、「滅びへの坂を転げ落ちた」自称・近代日本史をおさらいしてから観ることをお勧めするに係る展示はほぼ常設、そして今回はその空襲を挟んだ前後、更に現在へ至る街の変遷、今や生存ギリギリの年齢に差し掛かった爺ちゃん・婆ちゃんが辿った「あしあと」に力点が置かれています。会場の狭さもあってか写真、こと肝腎要の敗戦直後のものが少ないのはチト残念ではありますが、勿論そこは時代の息吹を伝える貴重なものばかり、ジモティーに訴えるは如何ばかりでしょうか。

あと27・28・29日だけとなりました。また同センターでは今夏葵区役所で開催予定の企画展に向け広く作品を募っているそうな。我こそは、という方は是非。

さて、元・皇国臣民にとっての平和主義とは「痛い思いをさせられたから米(ソ)にだけは楯突かないでおこう」畜生レベルのソレであった、と書いちまってもあながち出鱈目ではないと思います。とは言え動機はともかく対外侵略をせずに70年間やってきたその代償行為が「身内への侵略」だったわけだが、そちらについてはまたの機会にのは一応評価していいでしょう。しかしながら残念なことにそれすらも決して本意ではなかったのは「子供はいつも親の悪い所ばかり真似をする」安倍、或いは安倍を挟んだ前後+α世代の愚行の数々を見ればそれは火を見るより明らか。自称・戦後という大脳新皮質が壊れ始め、再び滅びへの「この道しかない」舵を切りやがった奴等を止めるには「それでもやはりならぬことはならぬ」今こそ元・皇国臣民達が立ち上がる・ソレによって何がもたらされるのかを自らの体験を以って←ココ重要。戦後生まれには到底真似が出来ない、つーかするわけにはいかない喝を入れるほか無いのでは?と思うことがありますが、まァ不可能でしょうナ。

|

« AddressV125S ライト交換 | トップページ | The raw Ibis titanium stem »

来たるべきもの」カテゴリの記事

路肩上の変質車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/61311844

この記事へのトラックバック一覧です: 企画展示 静岡大空襲からの復興 ~瓦礫から立ち上がる人々~:

« AddressV125S ライト交換 | トップページ | The raw Ibis titanium stem »