« 2×2 | トップページ | FJC施設見学会#6 »

2015年2月19日 (木)

Selle Italia SLR 「フツー」Flow

Minisd_525Minisd_526毎度お馴染みSLRシリーズの1つ、以前より気になっていたので「つい出来心で」買ってしまいました。発売から日が経っており、自転車乗りの評価も概ね固まっていることでしょうか、私からは簡単に。チタンレール機では比較的安い方でしょうか?パッケージ及び自身のグラフィックはイタリアらしい派手なもの、ただしSuperFlowLadyFlowと異なり無彩色で統一されているせいか両機よりは落ち着いて見えてしまいます慣れだね。重量は176.5g(実測)。穴が小さくなったのを除けばデザインはSuperFlowとほぼ共通、パッドは「EXTRA PADDING」とありEVAではないらしいのですが指で押した感触は酷似しています。ウ~ン、コイツも硬ソ~。

セッティング、こと角度調整はシビア。Selle SMPよろしく坐骨結節がちょっと線接触になるところを狙ってみて下さい、シートポスト(ヤグラ)は2本締めの方が追い込み易いでしょう。

距離を走り込んでいないので確かなことは言えませんが…硬さは予想通り、良いパッドのレーパンが要ります。それ以上に気になったのがキモである坐骨結節が当たる近辺の形。画像で平らに見えるのは後端付近だけ、Selle Italiaのロゴのある面は急激な前下がり。そして穴を挟んだ左右はハの字型、両者は坐骨結節が当たるところでぶつかり、側面・SLRロゴのある「崖」へ向けて「谷」を成しています。コレで何が起きるかと申しますと、「SLCのトラウマ再び!?」疲れで脚の踏ん張りがきかなくなってくるとこの「谷」に沿って骨盤が前へズレだし、内股を穴の縁にギュゥ~~~ッと押し付けちゃうんですねェ。頻繁に角度をいじりたくなるところはSELLE san marcoの初代ASPideにそっくり、坐りどころが意外以上に判り難く、お尻が全く落ち着きません。どのみち坐骨結節が痛み出したら何をしても無駄でしょう。

粋な外観とは裏腹にその扱いは難しく、程無くLadyFlowに戻してしまいました。私は当分オカマがよろしいようで。またSelle SMPのようにガックンと曲げずも同じことは出来る、証明にはなっているのでしょうか。そこは老舗、「うまくやった」と?

|

« 2×2 | トップページ | FJC施設見学会#6 »

路肩上の変質車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/61096296

この記事へのトラックバック一覧です: Selle Italia SLR 「フツー」Flow:

« 2×2 | トップページ | FJC施設見学会#6 »