« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月20日 (火)

HuBDIC FS-700 非接触赤外線体温計(こっ、これがタミフル!#2)

Minisd_521Minisd_522某所の薬店で長らく売れ残っていたモノパッケージなんか印刷が褪せているを昨秋買ったまま自室に放っぽって…先週熱発で仕事を休み、とうとうお世話になってしまいました。赤外線を検知して対象物の温度体温の場合は舌下温に補正を測ります。値段は1万円オーバー、どうも最近薬局・薬店、或いは家電店で3400円くらいで売っている、耳にもツッコめるタイプと中身はほぼ一緒みたいですね、文句あんならサーモフォーカスに黙って5万円、です。

測定精度は「±0.3℃:周囲の環境に左右される」と取説にありますが、接触型でも脇に確実に挟まれているか、こと痩せたお年寄りでは非常に怪しいので私はどっこいどっこいだと思います。接触型と異なりアルコール綿が要らないウチの職場は拭いてるところを1度も見たことが無い!、1台でむずかる赤ちゃんの体温とミルクの温度の両方が手早く測れる、とくればもっと普及してもいいのではないでしょうか。なお接触型でも短時間の測定をウリにしている機種はチップに書き込まれているデータをもとに予測値をはじき出しているらしく出口調査の結果から開票が始まるや否や当確出すようなものだ、え、違う?、実測値の平均をとったりしているわけではないみたい。機器のグレードにも拠りますので一概には言えませんが、おしなべて計測時間の長いモノのほうが信用出来るようです。

さて、ここからが本題。インフルエンザの流行を受け職場でも「出勤前に検温のうえ37℃以上で報告を」の指示があり、某日就業前に測ったら38℃!その瞬間お役御免、生憎世間は休日とあって職場で教えてもらったココで地元へ戻ると自分で探さなくてはならない当番医へ。半分寝ながらジェットストリーム(ナレーションは勿論城達也だ)を子守歌に…あれが天上の音楽ッてヤツか?待つこと4時間半、幸いインフルエンザに罹ってはいませんでしたが「こんなトコいつまでも居たらますます調子崩すわ実際近所の人(たぶん)は受付済ますととっとと自宅に戻っていた。結局呼び出しのとき居なくて受診が遅れ…Minisd_520…それはさておき、Dr.から「予防的処方」と自身初のタミフルを戴きました同じく予防に、と職場から貰うことになっていたがDr.曰く「ソレやると保険が効かないのよ」と。嗚呼ッ、コレでやっと私も人並みに(絶対違う)。併せて処方された咳止めが当初全く効かず「お前はいつも無茶するからなァ」上司から心配されましたが今はどうにか復調しています。この1年で声が変わった、幾つも関節痛めた、一冬で2度も風邪ひいた…単なる不調ではないような気がします、もう限界じゃ困りますよん。

期間限定のつもりでしたが勿体無くもコメントを戴いてしまいましたのでココに残しておきます…去る19日、KDDIが折り畳みデザインの新型スマホ・通称「ガラホ」シリーズを発表しました。ガラケーの操作性を残しつつモニターは勿論のことキーボードもタッチパネル化、いまだ根強く残るガラケーユーザーの乗り換えを促すのが狙い。これまでの「タッチパネルだけスマホ」は文字入力でモニターの大きさが半分になる、尻ポケットの中で暴走する、指がとっかかり難くすぐ落とす…ダメダメ尽くしでした。携帯ユーザーのかなり多くが当面この辺りで落ち着くことになるのでは?願わくばフォーカスレンジに左右されない光学高倍率ズームと三脚ネジ穴も欲しいもの。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

ヘルメスとアフロディーテー

Minisd_519今年の惑星接近(会合)現象1発目はコレ、先月末にチョコッと書いた水星と金星です。リンク先にあるとおり最接近は明後日、角距離は1度を割り込みます。いつもどおりSX50 HSの「どこで合ってるのかさっぱりワカラン」MF、シネ式雲台ではド真ん中に合わせきれなかったためほんの少しトリミングしました。

N.コペルニクスの話を持ち出すまでもなく水星がこういった判り易い位置にやってくる機会はありそうでありません。予報ではしばらく天気が良さそうですので皆さんもド~ゾ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

MOTORHEAD AEROJETTER4

デスク&工場勤務の年末年始休みが終わったようです。今の職場は正月だからと言ってシフトがキツくなったりしません当たり前だ、元がギリギリ以下なんだからが、時節感はますます希薄になりました。今年のお年玉はフツーに動く頭脳がいいな、絵なんか描けなくてもいい、車椅子のことなど知らなくたっていい、同僚の足を引っ張らぬようそこそこ働けて、月々の支払さえ滞らなければあとは何も要りません…

Minisd_518そんな出来の悪い頭でも守らなくてはなりません、これ以下のトホホがあるでしょうか?某所の2りんかんで割と安く売ってたヤツです通販ならもっと安い、同製LUCE JETより帽体が気持ち小さいコチラを選びました。小さいと言ってもAddressV125Sのメットインには大きく、シートを閉めるのに気合が要ります、いつ壊れるか心配。耳~頬のインナーパッドがキツイのはモーターサイクルのヘルメットってこういうものなのですよね、それまで被っていたHONDA純正がヘタリを含めルーズだったので…もう慣れました。

ウリであり、昨今流行りらしいインナーバイザー、トンネルをよく通るのでコレが欲しかったんですよ。当初アップロックがあるのに気付かず「節度よく決まらんなァ」視界を邪魔するので格納の度にチョイアミダに被り直していました、取説読めッてば。画像下部にある赤いレバーで展開/格納するわけですが、そのアップロックは非常にカタいので改善が望まれます。ミラースモークは見た目カッコイイのですが遮光度はイマイチ、もっと濃いのあるのかしらん。また浅いため下方視界のカバーがあまく、インパネの反射が気になります。一方のアウターバイザーは角度調節のラッチが粗く、割り切りッてますナ。バックミラーが瞬く間に真っ白になってしまうような冬場の靄でも曇りにくいところに進歩を感じさせますが、自らの呼気による曇りを気にせず全閉に出来る温度/湿度域はどのみち限られています。

ベンチレーターはインレットを閉めたままでもアウトレットの抜けが強く、この時季ヒジョォ~に寒い!インナーシェルの穴に手芸用の綿をちょっと詰めています完全に塞いではいない。そして頭を振ると何の仕掛けでしょうか?シャラシャラ音が耳障りです、二流の仕事ですね。

さァ~ッて、また出勤だなァ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »