« 肉眼黒点出現中 | トップページ | CYCLE MODE International 2014見てある記 »

2014年11月17日 (月)

「今更ながらの」国際福祉機器展 H.C.R.2014見てある記

Minisd_446行事だ、研修だで長いことサボっておりましたが「ageねばなりますまい」1ヶ月半遅れながらUPします…初日に行ってきました。毎度のことながら主催から来たハガキだけでは入場出来ず、改めて登録証を書かされました、ナントカナラネェノ、コレ?今回は車椅子&メカヲタ中心に自身初対面のものを。

Minisd_477Minisd_478OXの新型・LR/LX。チュービングがだいぶすっきりしてきた一方でキャスターモジュールは同社らしい凝った造形、勿論アライメントの微妙な調整も出来ます。キャスターアングル1つにしてもメカニシャンは車椅子を180度向きを変えて測り直し、双方の平均をとることになるのでしょう。

Minisd_479Minisd_481創立40周年を迎えたでく工房のモデラートE。もとが介助型だったので「快適性はそのままに自分で動かしたい」声があったのかも。コントロール・ユニットは前後に振り分けられ、介助者も操作出来ます。「昨日出来てきたばかりのプロトタイプ」だそうで、Minisd_480_3Minisd_482_3レッグサポートを下げきるとキャスターに、アームサポートを同じく下げきると主輪にそれぞれ干渉、「あれッ、動かないぞ!?」逃げをとっといて下さいまし。また子供向けでしょうかフレームを小型化したモデルも登場予定。

Minisd_475Minisd_473過日の講習で一緒だった営業さんと話し込んでしまいました…マツナガの新型6輪車椅子・NEXTCOREくるり。自操/介助でフレームが共通かと思いきや、アームサポート・フレーム跳ね上げは介助型のみとのこと、区別する必要なんかないのになァただし介助型にも自操用の大車輪が付きそう。ポイントは前キャスターのオフセット量、思い切り外へ出すことでフットサポートが大きく引けるようになりました。これならハムストリングスの収縮に因る膝関節可動域制限の進んだ方も骨盤がズレ難くなります。サイドガードは内側からアームサポート・フレームに被さるデザイン、しかもネジ留め、よくやってくれました!ヾ(^▽^)ノ ここをリベット締めされるとMinisd_474アームサポート・フレームとの隙間に詰まったゴミが取れません。6輪ですので段差越えにはウィリー機構が備えられていますが、本機は普段使わないようロックまで付く仰々しさ大概は尾脚にダンパーをカマすだけ。エ~それから、カンパよろしく3本ずつ張ったスポークがチョ~気になります。内側と外側でテンションに差が出るのでしょうか?スポークが減ったぶん当然リムは剛性の高いものを使うことになりますが、車椅子でそれをやる意味は?「解らない、訊いてみる」明確な答えは貰えませんでした。

Minisd_467既存の車椅子へ被せるだけ、帝人フロンティアの汎用ヘッドサポート・サポートシートα。「シャワーチェア用は?」尋ねたところ「考えてはいるんですけどねェ」。ウチは重症度の高い方も坐って風呂に入ります、また個別対応を旨とする故脱衣所・浴室とも決して広くはなく、機能の異なるシャワーチェアを複数台揃えようものなら置き場所が…「是非!」と申し入れておきました。

Minisd_462Withの車椅子座クッションイノポス-F(防水タイプ)。U字型をした最下層サンプルに注目、アンカーサポートを付与しつつ坐布の弛みをキャンセル、車椅子で問題となる内股坐りを解消します。弛みにならうのではなく自信の剛性で、がPELVIC STABILIZERとは異なるところ。カバーに付いた前後を示すタブは超重要。恥ずかしながら私の職場、車椅子へ座クッションが悉く前後逆にセット、加えてカバーに対しクッションスポンジが御丁寧に逆に入っていて、それらを直すのが私のレギュラー業務になってしまいました。

Minisd_464Minisd_463クッションネタをもう1つ、タイカのαPLA SORA。エアマットのアレを尻に敷いていると思ってくれれば間違いありません、格子状に配したエアセルを交互に加圧/除圧するもの。車椅子でもアクティブユーザーと呼ばれる方の床ずれは意外以上に深刻らしく脊椎損傷でお尻の感覚が無くなって、或いは鈍くなっている、こういった配慮も要るみたい。厚さが選べたらいいのにな。高齢者施設へ持ち込んだら?職務怠慢の烙印を押されること必至です少なくともウチでは

Minisd_472これ見よがしな介護ロボットの展示は案外少なかったように思います。画像左は富士ソフトのPALRO君が「故郷」を唄いながら踊っているところ、1「人」で集団レクもこなせちゃいます。まだ歌のレパートリーは少ないものの、通信回線と繋がっているそうです1時間毎に更新するニュースを読み上げる機能も。洗剤片手に契約を迫る販売員を追い返す口上もブてればいいのになので第一興商DKエルダーシステムとの連携も時間の問題でしょう。Minisd_476画像右は以前TVでも紹介されていたVRテクノセンターの見守りロボット。施設内を動き回り徘徊テメェのことじゃないか?を検知したり、体調不良を通報してくれるそうですが、このキリコの絵みたいないかにも習作然としたヤツが音も無くヌゥ~ッとやって来る様は結構以上に不気味。段差は越えられませんので敷居跨いで巧妙に逃げられたらどうするつもりなんだろ?両者を掛け合わせれば丁度いい、在宅向け見守りメカが出来上がるのではないでしょうか。

Minisd_470_2Minisd_503_2サイバーダインは大和ハウスと別に自前のブースを構えていました、画像は介護用HAL・腰補助タイプ。他社製よりスマートなのは「比べれば」の話、アクチュエーターのナノ化はいつの日か?それはそうとパンフ画像、「胸椎から曲げていたのでは1発で腰を壊してしまう、脊椎は真っ直ぐいわゆる生理的ダブルS字カーブではない、壁にもたれ、背筋をぴったりくっつけたあの感じを保ったまま股関節の回転で屈むもの、と岡田慎一郎さんが言っとった」ツッコむと営業さん、「撮り直しですね…」苦笑いしてました。

Minisd_465ハルンバッグが「着ている服」はきらら湘南製。布カバーで覆うのは以前からありましたが「どうせやるなら」、ですね。オバチャン達なら古着を改造して作れるでしょ。ハルンバッグを車椅子のどこに掛けておくかは意外以上に悩ましい問題で…「袖」を付けて介助ハンドルからぶら下げる、とか?イリゲーター用もあるのはちょっと笑えます、ウチの利用者様、クレンメをしょっちゅういじって流動食をよくこぼしていますので「着替え」が何枚も要るかも。

Minisd_468アロン化成の新型ポータブルトイレ・ジャスピタ。ドルフィンカットと称する、先端形状見直しで座位を適正化、尿こぼれを防ぐもの、顔だけ着ぐるみがプロモーションしていました。あまり知られていませんが空自T-4型中等練習機のニックネームはスカイドルフィン、担当整備員はドルフィンキーパーと呼…「あ~ポータブルトイレが飛んでる」今後航空祭を真面目に観られなくなる恐れが。

Minisd_469だいぶ前に藤沢のFJCタウンミーティングでこの話を聞いたことがあります、シカゴ東京メディカル扱のエーフェックス・車椅子用システム。文字通り日中座位をとる時間の長い脊椎損傷などの方向け、気分はもうスパイ偵察機です。

Minisd_466画像の主役は車椅子でなくその下、東レペフ加工品のポリプロピレン製畳表・敷楽。天然イグサよりクッション性に優れ、擦り切れにくく、掃除がし易いのだそう。私の職場も似たようなのへほんの少しずつながら替わり始めており「最初からそうすりゃよかったんだ」。

Minisd_483車椅子で「どこへでも」の意味がチト違う!?おそらく本展最強のゲテ物、サポートマーケティングサービス・扱のアクショントラックスタンダー。デザインはモロ「東映で使ってもらったら?」、コヤツに対抗出来るのはたぶんOtto Bockのアレぐらいでしょう。

Minisd_484廃物利用だけでなく一から作ったものもありました、イーストアイのイーストライダー。きれいに出来上がってはいますがハンドル&足漕ぎセットが同機だけの特別あつらえ、汎用性が無いとなりますと考えてしまいますね。

私はあと、どれだけの仕事をこなし、どれ程のチカラを持てば、他人に背中を向けたまま挨拶が出来る、或いはその相手を選べるようになるのでしょうか??そんな仕事「以前の戦い」・女学生のリキガクにはもう疲れました。また仕事の道具1つとってもココで紹介した大掛かりなキカイではない、ほんの些細なモノ、或いは使い方であっても「ダメ、ダメカカァの一言目はいつもコレ」「独自のやり方で突っ走るな♪昔あった人たちを型紙にして/この街の人は同じにならなきゃできそこないだと ため息をつく(中島みゆき『アンテナの街』より)」、ホント、良いことッてちっとも広まりません。Minisd_447以前も書きましたッけ、策や方法が自己目的化してはいけませんが、それでも!時代を拓くのはいつも「方法」なのさッ…近頃失敗続きで凹みっ放しなんですよ。

|

« 肉眼黒点出現中 | トップページ | CYCLE MODE International 2014見てある記 »

ケアデザインから始めよう」カテゴリの記事

路肩上の変質車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/60453294

この記事へのトラックバック一覧です: 「今更ながらの」国際福祉機器展 H.C.R.2014見てある記:

« 肉眼黒点出現中 | トップページ | CYCLE MODE International 2014見てある記 »