« 認知症ケアの最先端と最深部 | トップページ | 冨士灯器 ZEXUS ZX-270 LG »

2013年7月25日 (木)

企画展 戦時官製ポスター 展

♪にほんじゅ~のぞぉ~みをっ、あからさぁ~まにぃ~してっ、にほんじゅ~きずぅ~つきっ、くじけたぁ~ひがぁ~あるっ(中島みゆき「ショウ・タイム」より)…

プロバイダーのニュース欄見て「こんなのやってるんだ」クルマ・徒歩でしか身動きの取れない静岡市中ながらも静岡平和資料センターセンターと言えば聞こえがイイが何のことなはい、雑居ビルの一室だで開催中の「企画展 戦時官製ポスター 展」を覘いてきました。小さいところですのでリンク先でも展示のかなりの部分が紹介されていますね。御覧の通り、数点のポスターだけでもまさに「滅びへの坂を転げ落ちる」様を実感頂けましょう横山大観までもがあんなもの描いていたとは。日本人の貯蓄好きは国家返納のためだったのね。必要なのは直視し続ける勇気と集中力だけ、夜勤明けの私は両方とも欠けていましzzz…また出直してきます。静岡空襲に係る展示は常設でしょうか。

「回帰性痴呆老人の問題行動にはPTSDも含まれるのではないか、だとすればその帰る『とき』がその人にとって必ずしも幸福だったとは限らない(三好春樹)」人のこころ(いのち)のはたらきは生まれ、生きてきた時代・社会背景と一体不可分の関係にあります。即ち好むと好まざるとにかかわらず「そうである・あった」がその人の当り前になっていってしまう近頃シリアの子供達の間で戦争ごっこが流行ってるそうな、恐ろしいことですが今日もなお、大日本帝国という時代を生きた人達はその次元・程度の差こそあれ、何かにつけ戦争おっ始めるんですよ、困ったことに!国を滅ぼされ、肉親を奪われてもなお、「何がそうさせたか」を問い、真に悔い改めた人は意外と少ないのではないか?との疑いを、私は払拭出来ずにいます。

「北朝鮮は大日本帝国の再来である(森永卓郎)」エ~この際ですからついでに書きますと、時々思い出したようにやたら暗さを強調して報じられる北朝鮮事情、元・皇国臣民から「あんなもの止めろ」とTV局に抗議が寄せられたなんて話は聞いたことがありません。そりゃそうでしょ、彼(女)らにしてみればあれこそが日本の原風景ですから中国の公害問題は全共闘世代向け。みんな「昔はよかった」阿片窟のR.デ・ニーロの如くニタヘラ笑いながら観るんだろうなァ。そして挙国一致とは言わないまでも世の中後ろ向きなことばかりなのに少なからぬ不安と憂いを覚えるのです「おしん」映画化でしょ、五輪招致でしょ、児童ポルノ規制(に託けた言論統制)でしょ、秘密保全法制でしょ、HONDAのNでしょ、40歳からのメタボ検診でしょ、ちょっと古いが宗教法人法「改正」でしょ…

日本の皆さん、これが貴方がたの目指す「過去」です。

|

« 認知症ケアの最先端と最深部 | トップページ | 冨士灯器 ZEXUS ZX-270 LG »

来たるべきもの」カテゴリの記事

コメント

なるほどなぁ・・・

私自身はねぇ、ありがちっちゃあありがちながら、ある種鉄腕アトム的なとでもいうのか、「便利で、豊かで、なんかカッコ良くて。あと、やっぱりなんだかんだで結局平和で安全で」みたいなユートピア系SF的未来がいつかやってくるんだろうな。みたいなことを、ブラウン管眺めてグータラしながら漠然と信じていた「過去」が好きですけれど(^^)

alarisさんは?

どんな「過去」が好きですか(^?^)

投稿: 川端 | 2013年7月26日 (金) 18:38

川端様、ド~モです。^^

軍部政府が、アメリカが…と、とかく人は特定の人物・事象に原因を求めることで「私は悪くない」安心したがる傾向があるようですので私はいつもこう言い返すことにしています、「間接民主制を甘く見るな」。明治憲法も、治安維持法も、国家総動員法も、曲がりなりにも民選議院の議決を経ていますから。そして仕向けてきたのはお上かもしれませんが「これもアジアの平和(国体護持に名を借りた天皇制堅守)のためなのだ!」と従った人が大多数だった、ゆめゆめ忘れてはなりません。

>鉄腕アトム
小さな躰に桁外れのパワー(剰えマシンガン付)、自ら外へ討って出たりはしないが攻めてくる輩はケッコウいて、その度にあっさり蹴散らしちゃう…冷戦下における日本(の外交)の理想形??決して作者がそこを狙ったわけではないにしても。そう言や弟はコバルト、妹はウラン、モロ核ですよね。

>どんな「過去」
日蓮にせよ、W.V.ブラウンにせよ、堀越二郎にせよ、G.マーレイにせよ、「こんな理想の追求だってあった」に学ぶ点は多いです。

投稿: alaris540 | 2013年7月28日 (日) 12:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/57836731

この記事へのトラックバック一覧です: 企画展 戦時官製ポスター 展:

« 認知症ケアの最先端と最深部 | トップページ | 冨士灯器 ZEXUS ZX-270 LG »