« はやぶさ地球帰還1周年記念講演会 | トップページ | FJCスキルアップセミナー »

2011年6月22日 (水)

SPECIALIZED BG Riva Road

Mini_sd_527十数年来付き合ってきたVETTAがウレタンパッドはおろかベースが顔を出すまで擦り切れてしまった褥瘡ならⅣ度ため、あまりカネをかけるわけにはいかない丸石ながらサドルを新調することにしました。パッケージに「Recreational Road」とあるとおりオンロード向けの廉価版です。

bodygeometryの名を冠するだけのことはありますね、少々骨盤が倒れても尿道が痺れません。まだ近所をウロチョロしただけではありますが恐らく疲れてきたときや長い登りではっきり差が出ることでしょう。溝が後端に向けて緩やかに広がっているのがミソらしい。同機がサドルベースを割っているのはあくまで左右を個別にしならせる「実は」という程度。サンマルコSKNのようにグニャグニャ動くわけではないためで、イマドキの溝付き・穴あきとは全く別物です。本機の穴はあまり意味無さそう、コレが無ければもっと薄く出来るのでは?そして内股の当たるところが「崖」ではなくスロープになっているSLR最新版もココを見直してきたのが購入の決め手でした。SLCから乗換えても特に違和感はありません、至ってフツー。→エ~ここなんですけど、疲れて脚の踏ん張りがきかなくなってくるとこのスロープでお尻が前へズレだし、溝に対して相対的に「山」になってるところが会陰部周囲を圧迫するんですよ、SLCそっくり。チョイ乗りなら全く問題ありませんが長丁場は不安ですね。

ビニールレザーは防水を謳っているものの縫い目が上を向いているので雨には注意が要る、と言うかどうしてもあそこで分割する必要あったのかな?コストとの兼ね合いなのか、ちょっと釈然としません。→現行版は縫い目が無くなりました

樹脂ベースのサドルは長期使用でのヘタリこそあれ皮サドルと違って馴染みがありませんので皮と同じデザインではダメ、弛まぬ研究開発が求められます。本機は予想外に好感触が得られましたのでSEVEN用にToupeRominはどうだろうかと思う一方で「超大穴」SLR SuperFlowにも興味があったりで、また大散財しそう。

|

« はやぶさ地球帰還1周年記念講演会 | トップページ | FJCスキルアップセミナー »

路肩上の変質車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/51994738

この記事へのトラックバック一覧です: SPECIALIZED BG Riva Road:

« はやぶさ地球帰還1周年記念講演会 | トップページ | FJCスキルアップセミナー »