« 祝・30万アクセス達成! | トップページ | 部分月食#3 »

2009年12月30日 (水)

EXPOSURE MaXx-D

Mini_sd_684Mini_sd_6872009年に買ったライトの中ではキワモノ度№1かもしれません、SSC P4・4発を専用Li-ionバッテリーで駆動する自転車用ライトです。全長111.5mm、ヘッド径55.3mmΦ、ボディー径45.9mmΦ、テール径49mmΦ、Mini_sd_692ブラケットクランプ幅11.4mm(26.0mmΦ用スペーサー幅13.3mm)、重量326g(ブラケット・26.0mmΦ用スペーサー込、いずれも実測)。行きつけのショップで頼んだところ店主も「興味があるので自分用も」と2つ発注、紹介してくれた御礼にと、なんと¥47,000まで値引きして下さいました、ワ~イ!

Mini_sd_690カッターマークが画像でお判り頂けますでしょうか、全部削り出しです。中央のポッチリが電源スイッチ。ダブルクリックでON、1回押し切りを繰り返すことで3段階調光、1秒長押しでFlash、2秒長押しでOFF、とちょっと頭を使うもので、日頃脊髄で自転車に乗る私は触る度に「…、エ~ト」。その隣が充電ポートで、蓋が無いのはダイジョーブナノカ?最近は直流で出力出来るダイナモなんてのもありますのでUSBポートなら昼間走りながら充電、といった芸もできるのにな。

Mini_sd_685Mini_sd_686Fenix TK40・Turboと比較してみました。本機はMAXx(Hi)、壁面までの距離は約20cm。同機より明るく見えるのは至近距離でだけの話、公称960lumenは勿論SSC恒例のハッタリです。私の場合First Responderのトラウマから「3つが4つになったところで」と思っておりましたのであまりショックには感じませんでしたけど。公称ランタイムデータは日本版取説にあったもの。実はこれ各機共通で、バッテリー容量の調節で揃えているみたいです。縦軸は実効出力から想像してくれ、ッてことでしょうか。なお本シリーズには別売りオプションで補助バッテリーがあり、増設によりランタイムを最大2倍まで延ばすことが出来ます。

Mini_sd_693Mini_sd_694Mini_sd_6955m・10m「くらい」・20m「くらい」先の路面をMAXxで。まるで投光器、実際には画像で見るよりも光が広範囲に及びますが巧く再現出来ませんでした。飛距離はパワー相応でしょうか、ただしディフューザーの影響で突き抜け感は無く、10m以遠はどこを狙っているのかさっぱり判らなくなります。その拡散度からライトの前側ではどこから見ても「キャー!」。

Mini_sd_696Mini_sd_697Mini_sd_698一応Ride(Middle)でも撮ってみました。幾度となく確認したつもりではありますが光軸が再現できているかは「???」。公称10時間のランタイムに合わせて出力を絞っている?この明るさが活きるのかどうかは夜中にブッ通しで走ってみないと判りません。Loはリザーブと割り切るべきでしょう。本機のFlashは点「滅」ではなくLoからパルス状にMAXxで光るという、他機では見られないもので、使うなら曇天・雨天の昼間がイイのではないかと思われます。なお本体後部でポチッと光っているのはバッテリー・インジケーターを兼ねるパイロット・ランプ。駆動特性上消耗度が判り難いのは不安ですね5段階表示ならイイのにな

Mini_sd_691Mini_sd_689Mini_sd_688ハンドルバー・ブラケットはアルミの削り出し。クイックシューはテーパーの付いたアリミゾ・アリガタでテーパーピンがバネでアリガタ後ろのV字テーパーをグイッと押して留まるようになっています。更にアリガタをヘッドに留めている皿capボルトは左右方向の光軸調整をするべくシューにかました状態のまま緩めることが出来ます1本締めなので緩んでないか時々チェックが要るかも。クランプはヒンジの付いたオープンクランプ式、それ自身で31.75mmΦ、2種類のスペーサー併用でそれぞれ26.0・25.4mmΦに対応します。金属製らしいカッチリとした装着感は作り手の真面目さが伝わってきますが、樹脂製の26.0mmΦ用スペーサー(カラー)は非常に硬くハンドルバーへの着脱にたいへんな力が要り、指に痛い要グラブのでSmartのように2分割してクランプバンドの内側に嵌め込めるようにしてくれると嬉しいのに、と思いました。

数年前「こんなに小さくてホントに明るいのか??」と得体の知れない存在だったEXPOSURE Lightsも最近の製品については使っているLEDが公表されていることから概ねその実力が推し量れるようになっていました、DOSUNパターンを知る目には「設計思想が古いな」とも。多発化で明るくはなりましたが公道における「ケンカ売ってる」度はハンパではなく、路面の照射効率も良いとは言えません。本機がその真価を発揮できるのはナイトトレイルなど、かなり限定されたものになるのではないでしょうか…私も単純に回転対称な光学系のライトを買うのはそろそろ打ち止めにしようか、なァと思っております、これからはやっぱこうでしょ頁下部・照射画像に注目

|

« 祝・30万アクセス達成! | トップページ | 部分月食#3 »

【続】闇夜を照らすライト」カテゴリの記事

コメント

過日、NHK-BSで、モンブランのトレイルランニング166km
の番組を(二回目になりますがまた)みてました。
トップは21時間台、制限は46時間以内とゆーことで、
2300人が参加、夜になればヘッ電のオンパレードでしたが、
こんなのがあれば「目立つ」でしょうねえ。
それにしてもなかなかのお値段ですね・・・

来年も面白い記事を楽しみにしています。良いお年を

投稿: 98k | 2009年12月31日 (木) 14:36

へぇ~
ちゃりライトにも多灯があるんですね~
って、高っ!
ちょっと値段にビビリつつw
ああ、でもやっぱりSSCだからハッタリ満載なのか・・・と何故か一安心w

それでは来年もよろしくお願いします。
良いお年を~

投稿: cinq | 2009年12月31日 (木) 19:00

遅ればせながら30万おめでとうございます。
で、今年も一年お世話になりました~。

とりあえず明るさについては多灯とマルチダイでもう十分に小型自動二輪クラスの光量は得られるようになったように思います。
しかし公道を走るためのライトとしては今ようやくスタートラインに立ったと言った感じでしょうか。

いずれ将来は大手電装機器メーカーが本格参入して来るとは思いますが、それまでは自転車用がこのジャンルの最先端を走っていると言っても過言では無いかも知れませんね。

と言うわけで、来年は自転車用ライトの更なる大きな飛躍の年となる事を祈りつつ
それでは良いお年を!

投稿: monozof | 2009年12月31日 (木) 21:40

明るくないと楽しくないってーか使えねぇってーおハナシではありつつ、明る過ぎも考えものではありますね。確かに(^^;ジテンシャ・・・

良いお年をm(_ _)m

投稿: 川端 | 2009年12月31日 (木) 23:21

遅まきながら…皆様、コメント有難う御座居ます。旧年中はたいへんお世話になりました。

>ヘッ電のオンパレード
PETZL ULTRAのホームページで見たことがあります。トレールランは知人に勧められたことがありますが、軟弱なので勘弁してもらっております。

>値段
親記事で書きそびれました、元々54,000円です。

>ようやくスタートライン
ハイ、そんな感じです。

>明る過ぎ
地ベタ・行く先を如何に効率よく照らすか、だと思います。

投稿: alaris540 | 2010年1月 1日 (金) 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/47118451

この記事へのトラックバック一覧です: EXPOSURE MaXx-D:

« 祝・30万アクセス達成! | トップページ | 部分月食#3 »