« 危機管理産業展2009見てある記 | トップページ | Bridge Over Troubled Water »

2009年10月29日 (木)

deuter Trans Alpine 30

20歳の娘さんよりも30歳のアルプス越え?本品を背負い始めて4年あまり、Super Bikeを含めますとdeuterとは足掛け15年の付き合いになります。

Mini_sd_599Mini_sd_598先日のセンチュリーランin掛川に昨年3月に買っておいた2つ目をようやく実戦投入しました。なぜ買ってから1年半も放置したかって?そこはdeuter、そうそう簡単には壊れないからですよッ。(* ̄ー ̄*)b” 同じアジアでの委託生産でも他ブランドに比べ縫製の強度・耐久性の差は歴然としており、同社製品に慣れるとなかなか他には手が出せなくなってしまいますTREKの同クラスは非常に弱く、ストラップがよく飛んだものだ。かといってすぐ捨てるのは勿体無かったので自分で縫って直して使っていた

dangerてなワケで本記事は'08モデルのレビューですので、現行機種には当てはまらないものも含まれる場合があることをお断り申し上げます。

Mini_sd_597背中のトンネルパッドが今の形になったのは'07モデルからで、風が「狭いところを通り抜けていく」のがよく判ります。腰が当たる、一番下の部分にしっかり厚みを持たせてありますので長期の使用で少々潰れても通気は確保できそう~'06はパッドが潰れるとトンネルが塞がりやすく、背中の熱気がこもるようになる。風を通そうとのけぞるとサドル上で骨盤が倒れ…。トンネルパッド自体は溝が切られていてもそこから風が抜ける感触は全くと言っていい程判りません。ATTACKのようにパッドを分割しても構わないと思いますが、如何でしょう?そう言えば以前自転車誌で紹介されていた、100均の人工芝を貼り付けるテクを使えば安物のナップサックでも手軽に改良できそうですねエアコンフォートシステム採用モデルは気室が大きく湾曲しますので書類を運ぶのに向きません。またその大きさ中に入れるであろう荷物の重さを考えますとショルダー・ストラップをメッシュにしろとは言いませんが、裏のクッションに溝を切ったり、通気穴の1つ2つも開ければ少しは違ったものになるのではないでしょうか。

Mini_sd_595Mini_sd_594前面下側ポケットの口が狭くなったのはいつからでしょうか、財布の出し入れがしづらくなりました。一方てっぺんのポケットはファスナーに被さっていたフラップが廃止されたためこちらの使い勝手は逆に良くなっています。

Mini_sd_593ファスナーが不用意に開いてしまうトラブルに悩まされているのは私だけ?ジッパータブに付いているスナップをピチッとやれば済むのでしょうあまりガッチリとは言い難いが問題は内側の仕切り。ここにはスナップがなく、ギュウ~ッと詰め込むと荷物がファスナーを押し開けてポケット側になだれ込んでしまうためテキトーに金具をかまして防いでいます。トラベルバッグのファスナーみたいな連結機構があればいいのにな。

Mini_sd_592Mini_sd_596ヒップベルトのメッシュ部にポケットが追加されたのも改良点。コレのおかげでそれまでサイドメッシュの奥に入ってしまっていたハンディーライトが格段に使い易くなりました。その一方で余ったベルトの処理は…どなたかイイ方法を教えて下さい。

なかなか壊れない、とは言ってもファスナーがくたびれだし、サイドメッシュのゴムが伸びきり、リフレクターが割れ職場のロッカーへしまう際いつも引っかかるので等々、最新モデルへ浮気心が生じているところです。CYCLE MODEで何か変更点を見つけたらまた追記することにしましょう。

|

« 危機管理産業展2009見てある記 | トップページ | Bridge Over Troubled Water »

路肩上の変質車」カテゴリの記事

コメント

ウチにあるのはACライトの20と、フューチュラの40くらいのヤツ。

ドイター君風聞に漏れず優秀な気がして、とりあえず表記よりも容量が少ないような気がする以外には不満はありません。

ウチも長く付き合えるといいなー(^^)

投稿: 川端 | 2009年10月30日 (金) 09:18

ふーむ、ドイターのエアコンフォートシステム、
これだけ厚みがあると、風が上から下へ抜けるはずなのですが、前傾姿勢のときのヌケはモンベルの自転車用のほうがいいかも知れませんね。
まあ、あっちは毎日使うにはちと耐久性が不安かも。
別売りでネットタイプの背面パッドもありますが、この厚みにさらにプラスするよりは、タオルとかで下部を背中から離すとゆー、昔ながらの方法がいいでしょう。

で、ジッパータイプのドアは、どうしても振動で開くようになってきます。
やはりKOHLAなんかの細いミニカラビナとかで止めるしかないでしょうね。

余ったヒップベルトの仕舞は、最下段左画像にあるようなフックが別に市販されてますから、追加するか、太る心配がなければウェストにあわせてカットするか・・・
わたくしの場合は、むしろ足りないぐらいですが・・・ううっ・・・

投稿: 98k | 2009年10月31日 (土) 03:06

コメント有難う御座居ます、亀レスご容赦を。

>表記よりも容量が少ない
一斗缶を背負ったほうが量を運べる?

>モンベルの自転車用
V.B.P.システムのことですね。気室の湾曲がdeuter程きつくないので通勤もイケる、かな?耐久性はどうでしょう…mont-bellは荷物の外部装備に熟慮の跡が窺え、実物を見てみたくなってしまいました。

>タオル・ミニカラビナ
何か良さそうなのを探してみます。

>太る心配
私とて他人事ではなかったりします…ううっ…

投稿: alaris540 | 2009年11月 1日 (日) 17:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/40450464

この記事へのトラックバック一覧です: deuter Trans Alpine 30:

« 危機管理産業展2009見てある記 | トップページ | Bridge Over Troubled Water »