« GENTOS Explorer EX-747SR | トップページ | アルテミスとアフロディーテー »

2009年8月18日 (火)

DOSUN S1

Mini_sd_464Mini_sd_477もちろんコイツもポチしました♪D1と同時に発表された、CREEを2AAで駆動する自転車用ライトです。本体全長104.8mm、本体幅36mm、クランプバンド幅15mm、重量113g(~25.4mmΦ用ブラケット・付属アルカリ電池込、スペーサー別、いずれも実測)。ちょっと斜めにスポンと切り落とし、エッジを残した造形は10年前のセドリックみたい。LEDは…これ、何ていうのでしょうか?GENTOS HLX-339で使っているものと同じように見えます。ライターを思わせるピカピカのヘッドは昼間日光を反射して眩しく、触ると指紋が目立つのでつや消しにして欲しいところ、カッコつけ過ぎましたね。

Mini_sd_462Rain Proofを謳っていますが電池室蓋にはパッキンが無く、防水性はPanasonic並と思われます、即ち取説にそう書いてあるってだけのこと。スイッチは相変わらずクリック感が不明瞭で「ホントに自転車用品メーカーが作ったのか?」。OFFは「またまたァ…」の長押し、ドライブMODEが5つもありますのでインスタントOFF機構が欲しくなります。パイロット・ランプ(バッテリー・インジケーター)が青から赤になるタイミングはDOSUN独特のもので、消耗加減が判りづらくイマイチ役に立ちませんD1も同じ

Mini_sd_474Mini_sd_460フツーにCREE+2AAの明るさです。画像はOHM LF-226との比較、左が本機、壁面までの距離は約20cm。水平及びそこからちょっと上方向に飛ぶ光が多いのと、リフレクター側面を切り欠いているわりには真横からの被視認性がパッとしないのが気になります。

Mini_sd_468Mini_sd_529Mini_sd_4695・10・20m先の路面をHi(100%)で、露光条件は4セルのM1と揃えてあります。至近距離で見るソレとは打って変わって路上ではどこを狙っているのか判り難いパターンです。直下は明るいものの同社他機同様1m以遠、両脇の照度がストンと落ちるのはライダーに不安を与えるのではないでしょうか、今後の課題だと思います。

Mini_sd_472Mini_sd_530Mini_sd_531D1のときと同様Nitecoreを同架して正面20mから、光軸は両機とも画像左から5・10・20m先の路面を、向かって右の光芒が本機。理由は判然としませんが本機の防眩性はD1ほど徹底されておらず、懐中電灯に庇を被せて足下の配光を改善させたくらいであることが判ります。5~7m先辺りの路面を狙う結構下向きだと照度とのバランスもとれ良好であるように感じられました。10m画像追加、20m画像撮り直しました。(10月2日・追記)

Mini_sd_461ブラケットはM1・M1+と同じ、あのトホホなヤツ。相変わらず26.0mmΦとの連携には難があり小さいほうのバンドだとネジの長さが足りなくなる、大きいほうのバンドに他社製ゴム板やタイヤチューブなどを組み合わせることになることでしょう。左右角度調整の菊座の効きも弱く、ドツくとすぐ横を向いてしまいます。ただしクイックシューの使用感は見直しの跡が窺え、ボディーの着脱はしやすくなりましたCATEYE H-34にキツキツで入るそうな

個人的主観ではM1+のMC-E化に期待していたのですが…コンパクトだから気軽に使えるかと思ったらさにあらず、小さくなったぶん夜道での不安は大きくなるのが現実で、「保安装備って安易に縮小してはいけないのね」と再認識させられた次第。

|

« GENTOS Explorer EX-747SR | トップページ | アルテミスとアフロディーテー »

【続】闇夜を照らすライト」カテゴリの記事

コメント

私もS1はうーんCATEYEならともかくDOSUNが作る意味ないよーな・・と言った印象でした。

しいて使うとしたらスペアタイヤのごとく不意にメインがトラブった時の非常用とか?

投稿: monozof | 2009年8月18日 (火) 20:31

まあまあ、そうおっしゃらずに・・・(^-^;
ほんの5年前まで、フィラノーマルのミニマグだけで、
暗い夜道を毎日12.5km、通勤でペダル漕いでた経験からすると、
2AAでここまで明るくなったのですから、それはそれで・・・(^ω^)

でも、ピカピカヘッドは、昼間走行の際に眩しいだけでなく、
夜間走行でも対向車のライトなどを不意に反射するので、
やはり艶消し処理が必要ですね。
このあたり、さすが最近のクルマの内装は、うまく処理されてて、
感心することしきりであります。
ま、このライトには、タミヤカラーの「オリーブドラブ艶消し」を全面に塗ってあげてね!!!

投稿: 98k | 2009年8月18日 (火) 23:14

>DOSUNが作る意味ないよーな・・
まだまだ詰めの甘さを感じますが、Bi-Lightは放熱、こと自転車ライトのような比較的長時間の連続駆動に向いていますので、その配光も含めてライバルメーカーの比較的近似したスペックを持つ2AAライトの存在意義を危うくするインパクトはあると思います。

>非常用
前輪ハブ軸に提げているライトはそのためのものです。S1をスペアとしてハンドルバー上へ、という気には正直なれませんねェ。

>オリーブドラブ艶消し
ステルス機みたいなダークグレーがいいかも。

投稿: alaris540 | 2009年8月19日 (水) 01:10

僕も使っています。 東京から軽井沢に行く際に、
s1を購入しました。
明るさは今までのライトでダントツですね。
ただ、軽井沢に行く前の峠越えで夜になり、(二度上峠)
s1では不安だったので断念しましたね。
ただ現地の道の暗闇は走れるほどの明るさはあります。
結論:s1はちょっとした暗闇では安全走行
ができますが、完全な暗闇には向きませんね。
ただポジションランプより明るく、コストパーフォーマンス
が悪いので、別にポジションランプと兼用したほうがgoodです。(東京住みの場合)

投稿: ほや | 2009年8月31日 (月) 01:15

ほや様いらっしゃいませ、亀レスご容赦を。

実走レポ有難う御座居ます。
一般公道のような中途半端な暗さを照らすには意外以上のパワーが要求されることから、CREE+2AAはまだ予備にしか成り得ませんが、ソレも今だけの話であって欲しいものです。

…とか何とか言いながら、また同じようなライトの記事を用意している私。

投稿: alaris540 | 2009年9月 2日 (水) 11:54

ところでalaris540さんは、s1で走行してどうだった?(笑

あとM1+って性能どうですか?
6000〜9000円位でチョー明るいライトないですか?

条件

・ワイドに照らせる
・暗闇でも安定した運転ができる(できれば150ルーメン以上)
・電池は2本製か4本製
・店頭販売品

これで、いいのありますかね〜?w

あとテールライトとか自転車いりますよね?w
今オルビー700使ってます。

あと友達がテールライトを前照灯(ポジションランプ)
と使ってますが違反ですよね?

キャットアイのEL-530ってどうですか?

長々すいませんw

投稿: ほや | 2009年9月 3日 (木) 23:04

ミス
友達がテールライトを前照灯として、が正しい出すw

投稿: ほや | 2009年9月 4日 (金) 00:10

ほや様ド~モです。

>S1
パワー不足です、予備にもなりません。

>M1+
「+抜き」M1しか使ったことがありませんが、横方向の視界が狭まりやすく、走っていて不安でした(本記事にリンク貼ってあります)。

>6000〜9000円位・条件
あったら教えて下さい。

>テールライトを前照灯として
道交法違反です。

>EL-530
使ったことないのでお答えできません、ゴメンネ。
CATEYEにはさんざん泣かされた「暗い」過去がありまして。

投稿: alaris540 | 2009年9月 5日 (土) 00:04

質門の回答ありがとうございます。

ところで、100円ショップの電球式の自転車ライト知っていますか?

私は昔、まだお小遣いが乏しかった頃に使っていました。
電池が4本式の4.8V式のライトですが光量不足なので
、3.6V式の電球と充電池を利用しました。
これが明るくおそらく、s1並みでしょうか///
コストも安く 電球寿命も3.6V電球で約2日なので
是非試してレポートお願いします

投稿: ほや | 2009年9月 6日 (日) 00:57

私は天気に関係なく乗りますので防水でないライトは使いません。S1も安くない買い物でしたが「今後」が読めてしまいましたのでネタどまりです。

>100円ショップ
買ったことはあります。IMPACT XL用LEDモジュールを突っ込んでみましたところ…点きませんでした、トホホ。定格以上の電圧をかければ明るくすることはできることでしょうが、信頼性第一・確実性第一の通勤ライトでそういったリスクは冒せません。
「気の迷い」にLEDへの改造記事が紹介されていますのでそちらもよろしければ御参考までに。

なおブラケットのハンドルバー・クランプはすり割り式とヒンジの付いたオープンクランプ式の2種類が存在します。

投稿: alaris540 | 2009年9月 6日 (日) 09:48

有り難うございます。

alaris540さんの自転車はなんですか?

投稿: HOYA | 2009年9月 6日 (日) 20:22

カテゴリ「路肩上の変質車」を参照願います。

投稿: alaris540 | 2009年9月 7日 (月) 00:10

変質車 その9・DAHON Curve SL

これですか?

投稿: HOYA | 2009年9月 8日 (火) 19:21

これは失礼しました、説明不足でしたね。
サイドバーのカテゴリ「路肩上の変質車」からか、DAHONでしたら記事中リンク(冒頭の「SEVEN」)から他の自転車の記事に入れるようにしてあります。

投稿: alaris540 | 2009年9月 9日 (水) 16:58

質問ですが、テールライトってやっぱりある方がいいですよね。
僕東京住みですが、付けてる人多いです。

その場合 猫目社かPanasonicと迷います。
     どっちがいいですか?
     100円ショップのは、どうですか?

投稿: HOYA | 2009年9月11日 (金) 23:26

テールライトは個人的主観において決定打と呼べるモノが無く、何となくSmartを使っております。シートポスト~シートステイは脚の動きを考えますと本来何も付いていないのが理想的ですがそうも言ってられませんし。フレームには取り敢えず何か付けておいてキャリアやバックパックへまた別のものを、といった連携も必要かなァ、と思っております。フェンダー後端は何にも邪魔されない特等席であるにもかかわらずあちこちひっかかりやすく、意外と小さなものしか付けられません…イイものあったら教えて下さい。

>猫目社
内股に当たって使えない横位置、横方向に突出するブラケットのダイヤル、ボタン長押し…と、私が求めるモノの常に逆をいくのがCATEYE。ゴムバンドも使い方次第なのでしょうけど、「つきあってられない」のが正直なところ。

>Panasonic
NL-920P使ってみました。防水性が全くダメ(パネルの隙間からリード線が見える)で通勤には持ち出せませんでした。フェンダーの無い自転車ですと破壊競争になるかも。自動点灯/消灯はなかなか面白かったのですが。またCYCLE MODEで文句を言ってみることにしましょう。

>100円ショップの
ダイソーの中型しか使ったことがありません。ブラケットの菊座の噛みがあまく、ショックですぐお辞儀をしてしまいますので、わざわざ菊座金を挟み、ネジをギッチギチに締めて…ちっとも良くなりませんでした。最近また違うものが出ているようですので試してみようかな?

投稿: alaris540 | 2009年9月13日 (日) 06:39

参考になりました。

どの仕様もいまいちですね。

各社が協力すれば、いいのができるかもしれませんね。

投稿: HOYA | 2009年9月14日 (月) 20:18

どうも、なかなかお役に立てませんで。^^ゞ
自転車のテールライトは道交法の規定がありませんので各社とも「なんとなく」といったところがあるように感じられます。だからといって役所ごときにドウコウ言われたくありませんし、誰からとなく、いつの間にか点けることがフツーになってるのが望ましいか、と。

テールライトにつきましてはまたいつか書く機会を持ちたいと思います。

投稿: alaris540 | 2009年9月16日 (水) 16:09

DOSUN S1の電池残量計(青→赤)って充電池使用時は
正確にはかれないようですね。

投稿: HOYA | 2009年9月19日 (土) 22:00

>理由は判然としませんが本機の防眩性はD1ほど徹底されておらず、

20m先に焦点をあわせたときにD1より眩しく防眩性が無いと主張されていますが、D1の写真はRegular時の焦点を5m先に合わた状態でのRegularとBrightでの比較で20m先に焦点をあわせた状態の写真ではないですよね?D1も20m先に焦点を合わせれば眩しいと思いますよ。
StVZOの規格では焦点を10m先に合わせて審査されています(焦点というのはそのライトの最照度部分という意味で表現してます)。
今までの様々なライトの照射写真は5m先と20m先を照らして撮影されているようですので比較できなくなりますが、StVZO規格のライトの性能を見るのには10m先照射が適切です。

投稿: Vienna | 2009年9月20日 (日) 10:53

>青→赤
親記事でも触れましたが赤は「満タンではない」という表示のようです。消灯後再び点灯すると青に戻ったりするので判り難く、改善が望まれます。

Vienna様、しばらくです。
>防眩性
御指摘の通りD1・Hiビームと本機・20m画像は同一条件ではなく、D1を20mに振れば同じことが起きることと思います。壁面照射画像に見るように本機の場合水平からやや上に飛ぶ光が多いのがいささか不可解だったため「こういうこともありうる」という意味を込めたつもりです。あくまでD1と比べれば、でありフツーの懐中電灯よりはずっと良好ですので「徹底されておらず」なのですよ。なおD1の5mはM1の使用感で決めました。

また実際夜道での使用において両機の光軸を全く同一セッティングにすることはチト考えにくい、とは個人的主観ですが如何でしょう?D1は必要に応じてランプハウスをドツ…じゃなかった、Hiビームで距離を稼げますからね。蛇足ながら注文当初D1用マウントで本機をヘルメットへ載せることも検討しましたが、防水性が不十分なため断念しました。

>5・20m
ワザとです。
5mはパターンを、20mは光の飛び具合をそれぞれ判りやすく見せるためです。

私も普段は10m+辺りにしております。「10mがイイ」とのことでしたら今後追加しましょうか?

投稿: alaris540 | 2009年9月20日 (日) 13:33

>また実際夜道での使用において両機の光軸を全く同一セッティングにすることはチト考えにくい

S1は持っていないので何とも答えようがないのですが、台湾の方の掲示板ではS1の強がD1のRegular弱とほぼ同じ明るさであるような書き込みがありますが、実際いかがですか?
D1の本来の性能を発揮するにはRegularの方で10mセッティングにすべきではと思います。その状態でBrightでも他の多くの懐中電灯配光のライトほど眩しくなく丁度良いのではないでしょうか。


またRegularとBrightの切替がやりづらいとありました。私も今は夏用の薄手のグラプでは気にならないものの、冬用グラブではそうなるかもしれません。ハンドル手元に明るさ切替のリモートスイッチがある製品もいくつかありますが、D1も少しコストアップしてでもそういう機能が欲しかったところです。


>「10mがイイ」とのことでしたら

はい。可能でしたら参考になるのでぜひお願いしたいです。

ちなみにいつもの写真のマーカーはこのブログの以前の記事で3mから1mおきで、横の間隔も1mおきと書かれていますね。最近追加された?一番向こうのだけはもっと離れているように見えるのですが、あれは何mになるのでしょうか?あれが20mでよろしいのでしょうか?

投稿: Vienna | 2009年9月20日 (日) 23:54

>S1の強がD1のRegular弱とほぼ同じ明るさであるような
ハイ、大体同じくらいです。

>10mセッティング
撮影の際試してみましたが、M1・D1・S1とも持ち前の防眩性をスポイルしかねない、かなり際どいセッティングとなります。D1の場合はHiビーム/Loビームの切り替えでその辺を割り切りやすいのでLoの光軸がStVZO規格の10mより少々近くても実用上困ることはない、との印象を持ちました。なお正面からの画像・カメラの地上高120cmは普通乗用車のドライバー目線をイメージしたものです。

>リモートスイッチ
DOSUNのスイッチは硬いものばかりですので、なるべく軽いタッチで操作できるものが是非欲しいですね。ハンドルバーは操縦以外余計な力を加えたくありませんし。

>追加
了解です。

>一番向こうの
ハイ、アレが20mです。
当初追加マーカーを10・15mと置いてみたところ思ったほど奥行きが出ず、光軸のセッティングによる使用感の違いをはっきり表現する(本Blogの画像はソコを誇張している)には距離が足りなかったため20mまで遠ざけた、というワケです。なお路側帯の間隔は内-内で約3.3m、私は横方向の視界を重視しますので本当はもっと広い路で撮りたいのですが如何せん場所が無くて。

また私の画像・○m先はパターン中心で、StVZO規格で言う(たぶん)照度のピークではありません。実際パターン中心と照度のピークは多くの場合一致せず(後者のほうが近くなる)、更に中央にダークスポットのあるライトは光軸を遠くしても明るいのは近場だけ、といった問題も伝える必要があるためです。

投稿: alaris540 | 2009年9月21日 (月) 01:59

>撮影の際試してみましたが、M1・D1・S1とも持ち前の防眩性をスポイルしかねない、かなり際どいセッティングとなります。
>なお正面からの画像・カメラの地上高120cmは普通乗用車のドライバー目線をイメージ
>実際パターン中心と照度のピークは多くの場合一致せず(後者のほうが近くなる)

とすると、M1やS1あたりだと7,8mあたりを狙うのが適切ということでしょうね。
あるいは前輪の真上くらいに取り付けられれば丁度良い具合になるのかもしれません。

ちなみにダイナモ用ライトも海外メーカーにはかなり明るい製品があるようですが、ダイナモ式には全く興味お持ちないのですか?
ただ日本で正式に売られていないので故障時のサポートや照射写真の撮影が難点ですが。

投稿: Vienna | 2009年9月21日 (月) 23:54

>前輪の真上くらい
あ~、イイですね。
あそこは本来フロントライトの特等席なのですが、丈夫な金属性フェンダーでないときちんと支持できません。アークマウントでは足元の光が車輪でケラレてしまいますし。

>ダイナモ用ライト
コレもご指摘の通りで、照射画像撮影には一工夫が要りますね。B&Mには興味があるのですが…。

投稿: alaris540 | 2009年9月23日 (水) 23:11


この前、残量:赤の状態で道を走っていたら、突然ライトが切れました。どうやらS1は、カメラのような電源仕様ですね。
基本私は、予備灯と併用してるので、万が一も対応できましたが、完全な暗闇の道では、赤になったらできるだけ速くに取り替えたほうがいいと、参考までに書き込みます。
alaris540さんの通り青→赤のメーター改善して欲しいですよね。

まだ

青→黄→赤なら許せるが・・・(-ε-)

投稿: HOYA | 2009年9月24日 (木) 20:06

レポート有難う御座居ます。
予備電池必携ですね。SUREFIREよろしく最後に「ネバる」部分があると慌てずに済むのですが。

投稿: alaris540 | 2009年9月25日 (金) 22:49

主さんの好んでいるライトは何ですか?

投稿: HOYA | 2009年9月28日 (月) 04:25

「alaris規格が定める自転車用ライトは綿毛のように軽くて、四発重爆を撃ち墜とせる程明るくて、J.マイヨールと一緒に素潜りが出来る程水に強くて、嫌になる程ランタイムが長くて…でなくてはならん」

なァんてことをY!板に書いて約4年、未だ該当機種はありません。ただし規格を「満たそうとする可能性」を感じたモノについては今後もここで取り上げるつもりです。

投稿: alaris540 | 2009年9月30日 (水) 14:12

M1+を購入しようか迷ってます。

投稿: HOYA | 2009年12月17日 (木) 00:05

メーカーサイトの画像を見た限りにおきましてはA1のほうが若干パターンに癖が少なく、また出力も向上しているようです…御参考までに。

話は飛びますが過日のCYCLE MODEでSchmidtとB&Mのダイナモライトを見てきました。DOSUNが1~3mの配光改善に使っている階段状のギザギザが同機にも付いていればなァ、と思いました。

投稿: alaris540 | 2009年12月17日 (木) 13:47

すいません、catere el530のレポート有りますか?

久しぶりです。

投稿: HOYA | 2010年7月 9日 (金) 21:32

HOYA様、亀レスご容赦を。

HL-EL530は使ったことがありません、ゴメンナサイね。私は電気に疎いのでこれは想像ですが如何せん設計が古く、あのままLEDを載せ換えてもTerraLUXと同じ結果になる(熱ダレで初期照度を維持できない)?明るいものは既にゴマンとありますので敢えて同機にこだわる必要は無いように思いますが、如何でしょう。2006年のCYCLE MODEで「日本では売らない」と聞いたときはメーカーのヤル気を疑ったものです。

CATEYEの並列同架は雑誌記事で時々見かけますが、同じ8AAならTK40・45持ち出したほうがはるかにパンチ力がありますので「電池の使い方もっとよく考えるべきですよ」とは機を見て他所で書くつもりでいました。

投稿: alaris540 | 2010年7月11日 (日) 17:07

そういえば、dosun s1にエネループを差し込んだまま、放置していたら電池の水素ガスらしきものが爆発したらしく、密閉容器と言うこともあり壊れてしまいました。やはり充電池での使用はやや注意が必要ですね。

投稿: HOYA | 2010年7月29日 (木) 22:37

ヒトバシラー報告真に有難う御座います、そして御愁傷様。私も仕事用懐中電灯に何本かeneloopを突っ込んだままにしているので早速点検しますね、と言ってもネジ緩めて戻すだけですが。

次は何になさいますか?S1にこだわらず他記事にも気軽にコメントをド~ゾ。(^^)┌

投稿: alaris540 | 2010年7月31日 (土) 12:26

とは言う物のdosunは名作ですよ。
初めて存在を知ったときは感動しました。
あの明るさが乾電池(一部機種を除く)で点灯
するなんて。
他に有りますか?

投稿: HOYA | 2010年8月 2日 (月) 20:48

SchmidtやB&Mは日本ではあまり流通しておらず、同社のゾロ(後発)とはいえ異形リフレクターの可能性を比較的廉価で見せてくれた点でDOSUNの製品群は非常に意義深い存在と言えます。ただBi-Lightはその「きっかけを掴んだ」に過ぎず、クルマやモーターサイクルのリフレクターは更に先のそのまた先をいっています。A1以降新製品情報は聞いておりませんがDOSUNもここに止まらずもっと「攻めた」開発に期待したいところ。

そして半導体の世界は日進月歩。電気を大量に流すことでパワーUPしてきたLEDも発光効率が見直されればそれこそ私がTK40に電池を8本突っ込んでいるのも笑い話になることでしょうし、そうなることを願って止みません。Ni-MHの運用も水素ガス除去ペレットはPrinceton Tecが実用化していますし、駆動回路側でプロテクトをかけるのもアリではないでしょうか。

私がレビューであまりイイことを書かないのは今後に期待が持てるからです。良くなろうとする・新しくあろうとすることにこそ意味がある、幸福の追求に「これくらいでいいや」はありませんよッ。

投稿: alaris540 | 2010年8月 3日 (火) 16:34

久しぶりですね。

東北地方太平洋地震が起きましたが大丈夫ですか?

投稿: HOYA | 2011年3月17日 (木) 15:50

HOYA様、しばらくです。
こちらも少なからぬ緊張を強いられておりますが、お蔭様で今のところコレといった被害は受けておりません。

地震につきましては最新記事「RADIOACTIVITY」を立てました。

投稿: alaris540 | 2011年3月17日 (木) 23:38


久しぶりです。
元気でしたか?

早速ですがS1、M1+ときてA2を買ってみました。 さすがに200ルーメンクラスだとレベルが違います。

なんかいきなりすいませんwww

投稿: HOYA | 2012年5月12日 (土) 01:37

HOYA様、暫くです。

A2イきましたか、4AAで200lumenですと素人考えではランタイムが如何程かチト気になりますが、周囲の暗さ(明るさ)に合わせる調光機能で引っぱっている?DOSUNは今後も期待です。

ライトは幾つか記事を放っぽってしまっていますので画像撮りをそのうち…の頃には新機種が出ているかも。

投稿: alaris540 | 2012年5月12日 (土) 17:57

A2は充電池が公式で使える分、ランタイムがそれほどであってもコストの
負荷が少ないのは嬉しい限りです。


相変わらずデザインは安心のDOSUNクオリティですがww

投稿: HOYA | 2012年5月18日 (金) 23:38

横方向の視界が広がれば試してみるのですが…イイことやろうとしているだけに惜しい。ランタイムを気にするのならダイナモかましてシュミットかB&Mでしょうか。

投稿: alaris540 | 2012年5月19日 (土) 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/45735786

この記事へのトラックバック一覧です: DOSUN S1:

« GENTOS Explorer EX-747SR | トップページ | アルテミスとアフロディーテー »