« 変質車 その9・DAHON Curve SL | トップページ | 私も「大事」を見に行く。 ~国宝 鑑真和上展~ »

2008年8月10日 (日)

GENTOS STEALTH PRO SP-032

さて、私も追撃しますかいの。

Mini_sd_029閃と同時に登場したGENTOSの新型機のひとつ、CREE XR-Eを2AAで駆動する懐中電灯です。閃が照射角調節機構付きのコリメーターであるのに対しこちらはOPリフレクター、同じCREEで光学系の異なる2シリーズを立てるあたりサンジェルマンは自信があるのか無いのか!?電源不相応のブッといボディーチューブと「タクティカルスイッチ」と称するこれ見よがしのテールキャップとスイッチタクティカルと言えば聞こえはイイが、要はOHMスタミナライトのアレです、大袈裟な。回転がやたらシブく、またウンと緩めないとロックアウトが利かない。そのうえ間欠点灯は自称タクティカルでない閃でも出来る、ときている。ランヤード・リング無しが目を惹きます。全長162mm、Mini_sd_022_2ヘッド径(ローレット部)32.2mmΦ、ボディー径というか対面距離22.0/22.8mm、テールキャップ径(ローレット部)27.8mmΦ、重量124g(電池込、ストラップ別、いずれも実測)。ポリマー樹脂製ボディーよく滑るにはアルミのライナーが入っており「本来この細さで出来るのに」。

Mini_sd_031CREE特有のダークリングが全くと言っていい程気にならない、きれいなパターンです。周囲の薄明かりが真円にならないのはヘッドのクイルによるもの丁寧に角を丸めたクイルとはこれ如何に、45°(公称値)は確かに広角と言えますが、L2D初期型(画像右・Turbo Mode)とは比べてみれば、くらいの差でしかありません。Mini_sd_028 FenixのTurbo Modeは「長時間連続照射はするな」との注意書きがあるのはご存知の通り。ソレと遜色ない明るさを出す本機のキャニスターはポリマー樹脂に囲まれており、直接外気に触れるところがありません、ダイジョーブナノカ?例えばこうするとか

Mini_sd_034Mini_sd_037いつもどおりハンドルバー(画像左)と前輪ハブ軸(同右)から照らしてみました。周辺光が広角で安心感があります。Fenixよりリフレクターが大きい分そこそこ飛んでくれますが、自転車で使うにはSPOTが小さいかな。ハブ軸からですとどこを照らしているのかはっきりしないきらいがありました。斜前方からの被視認性はスムースリフの懐中電灯よりはマシかな?といったレベル、点灯/消灯にプッシュスイッチが使えないのは非常に不便です。

Mini_sd_027ポリマー樹脂はすり傷が目立ちにくく、職場のラフな使用条件に向いていることから「これならどうだ?」とヘッドについているローレットの出っぱりを1つおきにナイフで削り、アンチロール化を試みました。結果は…少しでも傾いたところでは「トコトコトコトコトコトコトコトコトコトコトコトコトコトコトコトコ」と小気味よい16ビートを奏でた後、床へ落っこちてdownいきました、ちっとも変わってないじゃん。テールキャップと同じローレットがヘッドにも付いていれば職場に置いとけるワゴンの上で転がらないことが大事のに、非常に惜しい!もはやINOVA RADIANTしかないのか!?

リフの特性自体は自転車通勤や病棟内巡視に向いているものの閃よりもややセン練度に欠ける作りが気になりました。

去る5日夕方、落雷thunderにより当院を含む周辺地域が約1時間に渡り停電しました、こんなに長いのは入職以来初めてです。雨が少なく雷が多い、10年前の武蔵野を思い出します…なんて郷愁にひたっている場合じゃない!おりしも患者様の夕飯時、病室真っ暗、パソコンは落ちる、自動水栓にエレベーター、徘徊防止電磁ロックまで止まるetc.とにかく視界の確保が第一でした。この期に及んで部署のBF-792がブッ壊れていることが発覚!「alaris540、お前のいつものヤツ持って来い」。左手はFenix3本で天井射ち、EOSで食膳を照らしながら光軸は真下食事介助、夜勤にも手持ちの懐中電灯を渡し、階下の食堂に降りていた「何がなんでもそこを使え」と理事長がウルサイのだ患者様はリハビリ課と事務局が車椅子ごと階段を担ぎ上げてくれ、私は搬送・移乗・食膳片付けまで手伝いました、早番だったけど実はこういった緊急出動、結構好きです。19時頃、夜勤がオムツ交換にまわる直前に復旧、大事に至らずホッ。非常時に限らず両手を使う仕事ではやはりヘッ電が活きます…とまァ、個人的趣味に限らず職場でも明るく、且つ気軽に使えるライトをいつも物色しているわけですよ。

今回は院内に職員が多く残っている時間帯でしたので人海戦術で対処できましたが、これが1時間あとに起きたとしたらどうなっていたことやら!?非常用電源で病室が照らせない、自家発電機を回すエンジンの燃料が約1時間!しか持たない、「なんちゃって徘徊病棟」である私の部署は不穏になった認知症患者様が外へ出放題…等々、脆弱性を通り越して欠陥そのもの、そこここで「電気がなければただのサル!電気グルーヴ『俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ』より」が露呈したのでありました、トホホ。

|

« 変質車 その9・DAHON Curve SL | トップページ | 私も「大事」を見に行く。 ~国宝 鑑真和上展~ »

【続】闇夜を照らすライト」カテゴリの記事

はらひれWORKSHOP」カテゴリの記事

ケアデザインから始めよう」カテゴリの記事

コメント

分かる、分かる。その気持ち。施設の停電。 私も緊急な出来事は結構好きです(ケシカラン話しですが、本当は)。 当施設も3年前に停電なりました。夕方カミナリ様のイタズラで辺り一面の大停電。EV停止の為、利用者と患者の夕食は、6F厨房からの全職員によるバケツリレー。因みに老健が5Fに3・4Fは療養病棟です。
その時は、22時過ぎ迄復旧しなかったと記憶しています。たまたま療養病棟、モニター着けてる人も居らずでした。大事故に成らずに良かったです。 この時はソリテールのみしか持ってなかったので、パワー不足を感じました。
因みに私は阪神淡路大震災の被災者です。あの日も マグの単1電池6本モデルを枕元に常備灯として持っていたので、家族共々脱出出来ました。幸い激震地からは少し外れたので、ライフラインの普及まで苦労した位で済みましたが。
やっぱり1人一本EDCですね。つくづく思います。

投稿: CZ75HRT | 2008年8月10日 (日) 19:18

貴重な体験談を有難う御座います。

>バケツリレー
そ~なんですよ。配膳車を階段につけ、1人が2膳づつ持って階段を往復しました。当院は厨房が2F、一般・療養病棟がそれぞれ2・3・4Fですので垂直方向の動きは少しで済みました。

>モニター
私の部署ではエアコンとエアマット、ギャッチの角度(経管栄養の注入中でしたので)くらいでしたでしょうか。人工呼吸器、持続吸引等々、非常用電源につながっているとはいえ一般棟では気が気でなかったことと思います。

>1人一本EDC
復旧したのは夜勤が「1人が懐中電灯で照らし、もう1人がオムツ交換をすることになるのだろうか、時間がかかるのは止むを得ない」と話し合っていた矢先のことでした。今回は夕刻の比較的短時間でしたが、停電はいつ起こるか分かりません。非常灯の設置箇所は限られておりますのでヘッ電もある程度数を揃えておかないとHELPの職員がいたところで効果的動きは期待できないのでは、と思わずにはいられませんでした。

投稿: alaris540 | 2008年8月12日 (火) 04:24

ナニかを追撃するSTEALTH PRO、FENIX L2D CEをロックオンしましたか。初期型とは言えTurboモード並に明るいってのはスゴイと思います。
放熱は・・そう言えばアカリセンターさんとこでは”初期照度はさほど長くは保てません”となってましたが、熱ダレるのかしらん?

ふうむ病院などの施設におけるライトには何が必要か?これはメーカーももっと考える必要があるのかも。
なるほど”転がらない”と言う事も重要な要素だったんですね。そしてたぶん・・ぶつけたり、落としたり、濡らしたり、口に入れたりしても大丈夫な素材と構造であるべき。

耐熱&放熱性を持つシリコーンに覆われた四角いボディ形状のライト。
そして乳白色のボディ一には蓄光、あるい電池残量表示を兼ねたマーカーを装備・・とかイメージしました。

あ・・ステルス君の転がり防止にはゴム製の四角い首輪をはめてやるってのは?
あるいは洞窟オフで配られたMX1?でライトにライトの首輪とか。。

投稿: monozof | 2008年8月12日 (火) 21:02

>熱ダレるのかしらん?
多分そうなると思います。以前HATTA様のトコで「GENTOSは一般ユーザーの使用を考慮云々」との記述がありましたので、ダレたところからダラ落ちして…なんてランタイム曲線がイメージできますね。

>ぶつけたり、落としたり、濡らしたり、口に入れたりしても大丈夫な素材と構造
あ~、どれも極めて重要な要素です。ポケットに突っ込んでおく1AAライトなら丸くても構いませんが。電源は2~4AA、D-14が転がらなければ職場に置いとけたのにな。マーカーはAPEXみたいなのが仕込んであればGoodです。

>四角い首輪
ボディーの8角形断面が全く活かされていませんね。
6角形断面をしたRitcheyタイプのMTB用グリップ(内径22.2mmΦ)をテキトーな長さに切ってグイッ、とか。

>ライトにライトの首輪
アハハ…そっちの明るさにこだわってステルス君よりデッカイものになったりして!?

転がるライトにつきましてはトホホな記事をもう1つ準備中、乞うご期待?

投稿: alaris540 | 2008年8月12日 (火) 23:39

わたくしが以前赴任していた出先事務所も、
非常用自家発電機の燃料タンク容量は、
たしか一時間分だけでしたねえ。
携帯電話の普及していなかった頃ですので、
「トランシーバーの充電もできないじゃないか。」
と、予備燃料を常備させましたが・・・

停電用に各室一台、EX-777XP、とか・・・

投稿: 98k | 2008年8月14日 (木) 00:29

>一時間分だけ
停電時は非常用電源があるから安心、と思っていたのですが…予備燃料がどのくらいあるか訊いてみよっと。

>EX777XP
専用ケースもね♪

投稿: alaris540 | 2008年8月15日 (金) 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/42064666

この記事へのトラックバック一覧です: GENTOS STEALTH PRO SP-032:

« 変質車 その9・DAHON Curve SL | トップページ | 私も「大事」を見に行く。 ~国宝 鑑真和上展~ »