« 付け焼刃・第5弾 | トップページ | ちゃりライト(&暗イト)あれこれ#3 »

2008年4月 3日 (木)

変質車 その7・SEVEN Alaris

Mini_sd_156私のHNでもある自転車。納車から4年、日々通勤時々徘徊に活躍してくれている、ママチャリならぬ「ナナチャリ」です。

軽量Cr-Moフレームの宿命?CHERUBIM VLがハシらないことを行きつけのショップで話したところ「スチールをオーダーするにしても丹下プレステージのストックが残っているところ…国内では良いものは期待出来ない」と言われ、勧められたのがこのSEVEN。当時チタンのことは全く頭にありませんでした。ともあれ、フェンダー付きでハシるフレームが欲しかったので何だかよく解らないままオーダーに至ったのでありました。こちらで指定したのはヘッドサイズとシートアングル、ホイールのクリアランスくらいです。

フレームは本オーダーから2ヶ月程で来ましたが、悩まされたのがフェンダー。以前展示会の記事で書きましたのでここでは繰り返しませんが、止む無く見切り納車するまで10ヶ月もかかってしまいました、というワケで本所は金輪際使いません!たぶん

「マジック・メタル」シェイクダウンの感触は私の自転車観を一変させるものでした。板バネのようなペダリング、フワッとした加速感、サドルの上に1枚座布団を敷いた、フレームのどこかにゴムを挟んだようなクッション性…しなりが大きいので0発進~低速域でのキレはイマイチ実際には少々雑なペダリングでも反応してくれる、しかしひとたび回転がノればどこまでも伸び、脚がすぐオーバーレブを起こしてしまいます。往路は正直刺激に欠けますが、ヘバッてからでも頑張って漕げてしまうことから復路が楽しいフレームです。金属チューブが苦手としている筈の高周波の振動を抑えてしまうのには驚かされましたカーボンはもっとイイのでしょうが。手入れは拭くだけ♪ズボラな私向きです。

Mini_sd_157チェーンステイ・ブリッジがかなりBB寄りに溶接されており、フェンダーをそのままグイッと留めるとフロントメカに干渉するため、15mmのスペーサーをかましましたAxiom SGではバッチリ直してもらった。そして忘れてはいけないのが溶接の精巧さ。コレを見てしまいますとどこぞの鉄やアルミのTIG溶接は受け付けられなくなります。

トップチューブ長がオーダーシート上では544mmとありましたが、実際には530mm(水平換算)、フロントセンター長は580mmしかなく、フェンダーに爪先が当たります。剛性レベルのせいもあってか急な下りはちょっと苦手、藤枝エミナースの坂でブレーキをかけたら前転しそうになりました。こういうときはM.パンターニのように身体を目いっぱい引いてですね…後輪に厳しく、タイヤ・ブレーキシューとも交換はいつも後ろからです。その後輪を外す際、QRのナット径が19mmΦ位の小さなものでないとリアメカに干渉するため、シマノやリッチーは使えません。

ツーキニストの28cはグレーチングにハマらない幅、ということで履いております。ただ同機はモデルチェンジの際サイズ表示が同じでも実際には太くなったため、ホイールの着脱の際空気を抜かないとブレーキシューに引っかかります!従ってサイドプルブレーキには25cが限度、とみておいて下さい。(4月4日・追記)

「チタンフレームを売ったら自転車屋の商売は終わり」「気合が要るのは買うときだけ」身体の続く限り付き合えるフレームが1本36万(当時)はハッキリ言ってバカ安です。貴方のクルマ、あと何回車検を通しますか?

  • フレーム:SEVEN Alaris(チェーンステイのみcyclocross) 3-2.5Tiプレーン管、530mmサイズ相当、ノーマルヘッド、チェーンレスト・フェンダーアイレット付き、57mmロングリーチブレーキ対応
  • フォーク:Kuwahara Cr-Moストレート ノーマルコラム、57mmロングリーチブレーキ対応、フェンダーアイレット付き
  • ヘッド:KING Thread 1”
  • ステム:NITTO ダイナミック 120mm
  • ハンドル:Ritchey 旧WCS 400mm
  • ブレーキレバー:シマノ旧D/A・TESTACH エイドアーム
  • ブレーキ:シマノ BR-R600(シューのみD/A)
  • ハブ:シマノ 旧々XT(F)・旧アルテグラ(R)
  • QR:BAZOOKA
  • スポーク:型式失念 #15プレーン(F)・#14プレーン(R)
  • リム:MAVIC MA2(前後共)
  • タイヤ:Panaracer ツーキニスト 700×28c
  • フェンダー:Dixna ロードフェンダー
  • シフター:シマノ 旧D/A バーエンドコントローラー 8s用
  • FD:シマノ アルテグラ トリプル用
  • クランク:シマノ旧々々XTR 170mm
  • ペダル:シマノ PD-M535
  • チェーンホイール:TIOGA スタンダードピッチ 28-38-44T
  • チェーン:シマノ 型式失念 HG 8s用
  • RD:シマノ 旧々XT ミドルケージ
  • リアコグ:シマノ 旧々XT 8s 11-28T
  • シートポスト:TIOGA DL-2001
  • サドル:selle ITALIA SLC
  • ヘッドライト:Topeak MoonShine HID enduro
  • テールライト:TREK ディスコ5LED
  • ボトルケージ:箕浦

(本記事はYahoo!掲示板「チタンバイク乗ってる方いますか~?」「2文字しりとり」「自転車通勤してます」へのレス及び疋田氏へのメールをもとに再構成したものです)

|

« 付け焼刃・第5弾 | トップページ | ちゃりライト(&暗イト)あれこれ#3 »

路肩上の変質車」カテゴリの記事

コメント

おお~!

こーれが、Alarisかぁ(^^)


自転車はまったく解りませんが、箇条書きを読むだけでも物凄そうな気がします。

まあ、前から知ってましたけれど、Alarisさんが自転車オタであるとの確信は深まりました。。。


自転車ってーば、

自転車が、道交法上というか、既に道路の設計上迫害されているってのが、いまはやめていますが、通勤してみた感想でしたね。

歩道は走りにくいし、車道は危険。

原付とか自転車とか、車道走行だの、二段階右折だの、制限速度(自転車の制限速度は知りません)だの、違反せずに走れってのが難しいハナシのような気がしましたm(_ _)m


疑問なのは、どうして子供の頃は自分がへーきで乗れていたのか?です(^^;

投稿: 川端 | 2008年4月 3日 (木) 08:43

長く楽しめる、愛せるって大事ですよね~。
自転車は最初にきちんとこだわるとまんま
自分用のオーダーメイドだから、楽しいでし
ょうねぇ。。。(とても手は出せませんが)

98kさんとこにカキコしましたが、
バイクは今年で26年モノです。ヨボヨボ(笑)。

投稿: リオ | 2008年4月 4日 (金) 09:48

ハイ、コレが中部プロットまで走ってきた自転車です。
タイヤの件追記しました。

>迫害されている
その件につきましては後日改めて、傲慢にならぬよう卑屈にならぬよう書くつもりです。

>疑問
当時と今とで状況はさほど変わったようには感じられませんが、子供がへーきで走れたということは大人が子供の動きをよく見ていたから・子供の「これから」に対する理解があったから、ということでしょうか。自らの「今」に汲々としているだけの大人に子供を避ける余裕などありません。
いのちの拡大再生産をないがしろにしてまでクルマ(通行環境含む)の拡大再生産を優先する、狂気の沙汰です。

>バイク
私の通っていた美術学校でもSR400にこだわっていた人、いましたねェ。私がそちらにハマッたとしたら…今頃世捨て人になっていたことと思います。近頃は卒業証書がバイク1台、という整備の専門学校まであるとか。

SEVENのオーダーに当たって最も気にしたのがパーツの互換性です。フレームが長持ちしてもパーツが無くなったのでは話になりませんので…26年、凄いですね。

チタンで軽量化してもライトで相殺!これから組む自転車は回転系に頑丈なものを使いますのであまり軽くはなりません。

投稿: alaris540 | 2008年4月 4日 (金) 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/40541914

この記事へのトラックバック一覧です: 変質車 その7・SEVEN Alaris:

« 付け焼刃・第5弾 | トップページ | ちゃりライト(&暗イト)あれこれ#3 »