« FIRST SINGLE FOR USA… | トップページ | selle IALIA SLC/SLC GEL FLOW »

2008年2月28日 (木)

Princeton Tec QUAD

え~、本機につきましては既にあちこちで紹介されていますので、ここではさらッとイきます。

欲しくなったきっかけは昨年12月27日より始まったケアマネの実務研修です。初日の会場・静岡市民文化会館中ホール(収容人数の都合らしい)は照明が暗く、手元でメモを走らせるのに非常に目が疲れました。私は手持ちのEOSを首から提げましたが如何せん照射角が狭い。「広角とくればQUADでしょ」とまァ自然に(自然かよ)思い至ったわけですが、ポスター制作でモタモタしているうちにネットショップが休みに入ってしまい…「次回は1月8日、間に合わんなァ」と1月4日に神保町のさかいやスポーツで買ってきました。随分高い送料だ!

Mini_sd_137相変わらずプリはスイッチがカッタイですね。誤操作防止策なのでしょうが、指先に入れる力はEOS以上、そしてムニュッという感触はあまり気持ちのイイものではありません。またスイッチは見た目大きいものの実際に押せるのは中央の膨らんだ部分だけで、グラブの上からでは操作しづらく、指が狙いを外しやすいのが気になります。電池室を留める-ネジはヘッドバンドのバックルに付いているツメで回すよう公式サイトの画像にありますが、滑りやすいので私は使いません。このほか電源、ドライブMODEはEOSと共通です。「駆動効率が良く、電池の片減りを起こしにくい(monozof様)」、ダイレクト・ドライブに切り替わってからはダラダラ暗くなる、というレギュレーターの特性から「これはNi-MH向きだわい」と付属のDURACELLはラジオとテールライト用にストック、行き場が無く遊んでいたeneloopをくべてみました。

Mini_sd_134点灯の第一印象は「けっこう(真ん中に)集めてるな」、砲弾型LED素のままですのでそりゃ確かにそうでしょう。光が日亜色のせいでそう感じるのかな?ほぼ真横に飛ぶ光はカットしても構いませんので中央集光がもっと広がってくれると私好みになります。光の黄色いところを視線が避ける傾向があり、特に白いものを見るときは有効照射角がかなり狭く感じられました。4つのLEDの光軸を緩やかな放射状に開かせれば更に手元を広角照射できるように思いますが、如何なものでしょう?それから電池が消耗してレギュレーターが効かなくなると点滅で知らせるところはAPEXと同じ、電池の残量警告灯が付いているのはこのテの機種にしては珍しいと思います。

広角であるということはどの角度からでもLEDの光が直に見えてしまうワケで、夜の介護には向きません。また星を観るときはLoでも明るさが有り余るため暗順応(超低照度)MODEがあれば、とはワガママでしょうか?赤い光は星図が見づらくって

砲弾型LEDを束ねたヘッ電はこれまで何となく敬遠してきましたが、こちらはこちらで他には無い世界があって楽しませてもらいました。Petzlも買ってみようかな?

|

« FIRST SINGLE FOR USA… | トップページ | selle IALIA SLC/SLC GEL FLOW »

FPA(S) Lab.」カテゴリの記事

【続】闇夜を照らすライト」カテゴリの記事

ケアデザインから始めよう」カテゴリの記事

路肩上の変質車」カテゴリの記事

コメント

ふゥ~ッ…課題の提出&発表が終わり、実務研修もようやく峠を越せた感があります。

暗い、空調効かない、足下狭い、飲み食いできない、と静岡市民文化会館中ホールは人が勉強をする環境ではなく、ただ参加人数を詰め込むだけのハコでした。駐輪場は屋根こそあるものの本館入り口から遠く遠く離れており、「これで雨が降ったら」は全くの想定外。一方のグランシップ中ホールは静岡市民文化会館よりは気分程度マシ、といった按配でまたQUADの出番となりそうです。そして同地の自転車環境は最悪!駐輪場は警備担当者用が言い訳程度にあるだけ、研修に際し「臨時」と称して提供されたのは吹きっさらしの街路樹の脇でした。だだっ広い敷地は工事車両とプランターで固められ、「自転車での来場は断じて認めない」管理者・静岡県文化財団の強い意思を感じました、まさに「デスクワーカーの、現場丸投げによる、デスクワーカーのためのハコ」。

1日でも遅刻・欠席があれば来年度やり直し、という静岡県介護支援専門員連絡協議会の融通の無さも噴飯ものでした(こちとら公休を潰し、ローテーションを捻じ曲げて来てるんだぞ、コラ!)。「たいへん使いやすく出来ている」と事務局が豪語した実務研修テキスト(長寿社会開発センター・刊)には索引が無く、付箋を貼らないとどこに何が書いてあったか全く解らなくなる、不親切極まりない代物です、ゴミ!その点U-CANの通信テキストはよく出来ていました、ケータイの取説みたいだったけど。受講料が他県よりずっと高い点にも不満の声が上がっていました。

ハードな試験をクリアし、理不尽な研修をこなし、剰え全く割に合わない仕事を課せられるケアマネが国家資格じゃないなんて皆さんオカシイと思いません?

投稿: alaris540 | 2008年2月28日 (木) 12:53

コメント欄見て、えらく長いコメントだなぁ…
と読んでいたら御本人だったのですね。
ちょっとびっくりしましたw
介護業界…異業種の自分にとっては未知の世界なのですが、
ケアマネって非国家資格だったとは全然存じませんでした。
逆にたいした事の無い名ばかりの国家資格ってのも有る事に
確かに理不尽さを感じた経験は有ります。

>QUAD
こういうシチュエーションで活躍ってのもアリですね^^

投稿: ina | 2008年2月28日 (木) 21:17

ご購入、勝手にお喜び申し上げます(^皿^)

スーパーロウ、確かにあるとなにかと良いですね~


>>資格

介護支援専門員でしたっけ?

コムスンのときにちょっとだけ耳にしましたが、、、(^^;ヨクワカンナイ・・・

とりあえず、国家資格じゃ無かったんですね。初めて知りました。

で、ちょいとググってみると、

関連国家資格と実務経験なんかが条件、と、、、

たとえば、フォークリフトなんかの作業資格とかみたいなモンなのかな?

責任範囲や実務内容が多岐に渡り、ちょっと解釈が複雑ですね。あと、認証組織が一枚でなさそうなカンジがします。認証・認定機関ってドコなんだろ?

5年更新。更新毎にどんどん内容が「改善(--)」されてそうですね。

こういうの、当該の労働者は難儀するんしょうね。きっと。。。

投稿: 川端 | 2008年2月29日 (金) 08:25

やっぱり真ん中青いっスよねえ。
ズバリ手元の本を見るのには向かない灯りだと私も思います。
スイッチについても同感で、実際に押せる部分が細長く狭いってのが要因でしょうか。
グローブ越しでは押すの断念しましたもの。

なるほどスーパーローですか。
そう言えばシュアのE1B Buckupはローエンフォースメント向けなんでLowは隠密用に5ルーメンにまで落としてあるわけですが・・更にとなると2ルーメンくらい?電池がヘタって来たキーライトくらいでしょうか。

投稿: monozof | 2008年2月29日 (金) 22:25

皆様、コメント有難う御座います。

>御本人
昨年「とどけ、虹まで。」でもやりましたが、Wikipediaの向こうを張って親記事中にリンクを貼り、コメント欄を脚注のように使ってみました(興味のある方だけ読んでもらうつもりで)。ライトの話からズレる、というのもありまして。

>一枚でなさそうなカンジ
試験問題は全国一律ですが、実務登録は都道府県、そして静岡の場合実務研修の実施は県介護支援専門員連絡協議会です。

>難儀
介護保険法は問題が多く、今後も見直しが繰り返されることになると思います。「成立当時に取得したが、もう役に立たない知識もかなりあるので更新研修ではなく再受験で勉強し直そうか」という人も。

>真ん中青いっス
monozof様、人柱&トラバ有難う御座います。
「QUADのLEDをフロストにしたら…」と思っていた矢先のことでした。磨き直しですか!?それともマットウな色のLEDに換装でしょうか。

>電池がヘタって来たキーライト
ハイ、アレを広角にした感じです。
複数の人で星を観る場合は赤色必須となりますが、バックグラウンドが白い手持ちの星図(星雲・星団を見つけ出すのに使うちょっと特殊なヤツ)をネガポジ反転コピーする必要があり…面倒だけど作っちゃおうかなァ?

投稿: alaris540 | 2008年3月 2日 (日) 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/17580993

この記事へのトラックバック一覧です: Princeton Tec QUAD:

» PrindetonTec Quad:フロスト処理の場合 [monolog]
alaris540さんの記事を見ていて・・・ [続きを読む]

受信: 2008年2月29日 (金) 23:58

» 改造覚書:PrincetonTec Quad [monolog]
げっげっげげげのげ~♪ [続きを読む]

受信: 2008年7月 9日 (水) 23:04

« FIRST SINGLE FOR USA… | トップページ | selle IALIA SLC/SLC GEL FLOW »