« 第34回 国際福祉機器展 H.C.R.2007みてある記・裏ケース会議編 | トップページ | TIMELESS MAN »

2007年11月 6日 (火)

HWA/WYS UltraFire C5

このBlogを立てて以来、1週間や10日といった時間が果てしなく長く感じられるようになりました。ここ3週間ほどドタバタとキーボードクラッシャー状態が続き、記事の更新ができませんでした(原因の一部は後日UP致します)。

去る9月末、iigyogyo様のトコでお馴染みのUltraFireをこれまたお馴染みの「じゃんがら横」で買ってきました。寄ったのは辺りが暗くなってからで、お勘定の際店主から財布の中を懐中電灯で照らされる!という初めての経験をしてしまいました。また「『Fenix L2Dを自転車に』というお客さんが多く、同機はすぐ売切れてしまった」と話していました。

Mini_sd_065Mini_sd_064ライトマニアの間では半ばスタンダード化した感のある(個人的思い込み)CREE 7090 XR-Eを1CR123A、若しくは延長チューブの併用により2AAで駆動する懐中電灯です。全長141.3mm(最短)、ヘッド及びボディー径20.9mmΦ、テールキャップ径19.9mmΦ、重量106g(延長チューブ+2AA込)。延長チューブ内径が14.2mmΦに対しボディーはCR123Aを収める都合上内径が17.7mmΦ(ネジ部、いずれも実測)あり、さらにテールキャップ側の電極にはスプリングが無いため、特に2AAで電源OFF時路面からのショックでやたら電池が暴れ、玉砂利を蹴るような音が耳障りです。そこでボディー内部にブラケット用スペーサー(SANYO製・1.4mm厚)をつっこむことで「何が何でも2AA仕様」にしてしまいました(画像右・判りにくくてスマン)。ボディーと延長チューブとは造形的関連性が感じられず、組み合わせると木に竹を接いだようです。ローレットは滑りやすく、Oリングのシブさもあってツイスト・スイッチの操作は力が要ります。ネジの締め加減(微妙だが容易)で間欠点灯が可能で、コレは元祖(と言っていいのか)・Fenixには無い魅力です、クイル付きのテールキャップが指に痛いですが。ただし自転車では不用意に点灯する原因となりますのでOFF時はうんと緩めておいた方がいいでしょう。Oリングこそ利いているものの各部のネジはガッタガタで、雨が心配。

Mini_sd_023ええ、もうフツーにCREEです。画像は左が本機、右はL2D CE(Turbo Mode)。オレンジピールカット・リフレクターであるにもかかわらずダークリングが出るのはご愛嬌?L2D CEのGeneral Mode Highよりほんの少し明るく、Turbo Modeより暗いのは後発としてインパクトに欠けるものの、マットウな線をいっているのではないでしょうか。

Mini_sd_022Mini_sd_021いつもどおりハンドルバーへはPanasonic FF-298用ブラケット(割りに付いているボッチを削ればクランプ可)、前輪ハブ軸へはSANYO LK-H202 HB BC(CATEYE 26.0mmΦ→25.4mmΦスペーサー併用)を介して取り付け、照らしてみました。FenixよりもSPOTが小さいせいか、APEXより中心照度で勝っている筈なのに「…!?」。なるべく高いところから照らした方がCREE特有のダークリングの影響は小さいように感じられました。出会い頭の被視認性はFenixよりはマシ、と言った程度です。

L2Dの多機能は確かに魅力ですが、自転車においては常に駆動の不安定さが付きまといます。特に前輪ハブ軸へ提げる場合は捻ってON/OFFだけ、という本機の単純さが活きるのではないでしょうか。電源にコンパチビリティがある・クリップ付き・間欠点灯ができるなど遊べる要素が多いのでなかなか面白いヤツだと思います。

|

« 第34回 国際福祉機器展 H.C.R.2007みてある記・裏ケース会議編 | トップページ | TIMELESS MAN »

【続】闇夜を照らすライト」カテゴリの記事

コメント

すっかり陽も短くなり、自転車にライトが必需品となる季節になりました(^.^)
以前はLongbowを括り付けてましたが、現在中身が空っぽなので、1AAのCREE中華ライトを使ってます。
傷ついたり、万が一無くしたとしてもダメージはないのですがw でも、やっぱり1AAはちょっと暗いかな~
その点2AAに出来るC5はなかなか良さそうですね。
え~ スタイルはちょっと置いときますが^_^;

投稿: cinq | 2007年11月 6日 (火) 20:10

cinq様、亀レスご容赦を。

>CREE
ntoshiyuki_jp様のBlog「風を感じて(自転車記)Ⅱ」でUltraFire C2を改造したハブダイナモライトのインプレがUPされています、ご参考までに。
http://loveland.exblog.jp/

>1AAはちょっと暗いかな~
回路が昇圧しきれないのでしょうか。CATEYEの2AAマーカー暗イトは逆に1AA或いは1AAA化でコンパクト(横幅を狭める)にして欲しいなァ、とよく思います。

>スタイル
ただの筒ですので旋盤で作るのもテでは?ローレットはもう少し細かいものに、ネジの精度もリプター並みに直して、ネ。

投稿: alaris540 | 2007年11月 8日 (木) 12:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/16614479

この記事へのトラックバック一覧です: HWA/WYS UltraFire C5:

« 第34回 国際福祉機器展 H.C.R.2007みてある記・裏ケース会議編 | トップページ | TIMELESS MAN »