« 家族ではないプロの認知症老人ケア | トップページ | WWⅡドイツ空軍He177“グライフ” »

2007年7月29日 (日)

「病院・施設納入実績№1」が意味するもの

単に安いから使っているだけです。

尿取りパッドをユニチャーム・ライフリー(業務用・コレコレ)に換えて半年あまり、特に気温の上がった春先から患者様のオムツかぶれが急増しました。現在、患者様のお尻の発赤状況及びソレに対する処置内容をリスト化、部署内で現状と対策の情報を看護・介護で共有し、部署一丸たぶんで対処しようとしているところです。もともとは看護の介護放棄が過ぎることに看護婦長が業を煮やしたところから始まったことですが、そっちのことも書こうとすると収拾がつかなくなりますので、本記事はライフリーの問題に絞ります。

ユニチャームと言ってもスウェーデンのユニチャーム・メンリッケとは全く別物、明らかに「基本的部分で手を抜いた」作りです。吸水ポリマーの質が悪いうえ使用済みをちょっと押さえただけでも尿が滲み出すほどカエリが多く、夜間のオムツコールが増えました。夜はゆっくり寝ていただくのが私達の仕事ではないのか?裏のビニールも曲者で、パッドの形に赤くかぶれるなんてこともしばしば。かぶれの程度に応じて軟膏が処方されていますが、勿論タダではありませんから、何のためのコストダウンか解らなくなります。この話を副婦長に話したところ「軟膏は安いからねェ」。Drを院外から呼んで処方させているコストは幾らだ?「病院・施設納入実績№1」と宣伝しているってことは、日本中で同じ問題がミシミシ進行している、とみて差し支えありませんね、現場の皆さん!

先月の病棟会議でその副婦長の「どうにかならないか」に介護主任が「テークケアを使っていた頃はここまで酷くはなかった、試供品が残っているので比較してみては」、そして「そちらに戻せるか話が出来るようデータを収集してつき合わせよう。特にかぶれの酷い人、誰がいい?数に限りがあるから何人も、とはいかないけど」と婦長が即答。介護から挙がった数人の患者様から3人を選び、テークケア使用前・使用後の状態を記録することになりました…

夜はライフリーに戻ったりではっきりとは言えませんが(コレも変な話だ。連続で使わなければ意味が無いだろ!)、少なくともテークケア使用中は発赤がおとなしくなる傾向はあったようです。テークケアの品切れで十分なデータ収集はできずじまいだったのは返す返すも残念至極。

先日もユニチャームの営業を迎えての講習会が持たれたようですが、「当て方がドーノ」とこられてもねェ。契約先を変えなければ根本的解決には至らないわけで、そこから目を逸らして「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」とは大日本帝国の発想。そしてその大日本帝国がどうなったかはここで説明するまでもありますまい。いくら商売であっても、サービスの費用対効果が叫ばれる昨今にあっても、です。現場としてはオムツのスペックひとつで足元見られるのは嫌ですしね。なおこのかぶれ問題を婦長が看護婦長会議で話したところ他からは「そんな話は聞いていない」。役付きが現場から逃げているか、直属の部下が無能かのいずれかしか考えられません。

私はユニチャームならTENA SETが使いたいのよォ~ッ!!

|

« 家族ではないプロの認知症老人ケア | トップページ | WWⅡドイツ空軍He177“グライフ” »

ケアデザインから始めよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/15515262

この記事へのトラックバック一覧です: 「病院・施設納入実績№1」が意味するもの:

« 家族ではないプロの認知症老人ケア | トップページ | WWⅡドイツ空軍He177“グライフ” »