« 付け焼刃・第3弾 | トップページ | 空自T-3退役 »

2007年1月15日 (月)

れ>Re:7×50っていいですか?

同好会誌等で取り上げられることはあっても星見の解説書には載っていない(昔ほど7×50、って言われなくなったしなァ~)ことから以前Y!板にカキコしたもののトピが落ちてしまったためBlog開設当初から復活させたかったネタ。

受け売りで恐縮です。

双眼鏡がなぜ7×50なのかと申しますと、射出瞳径と倍率の関係でこうなったもので、これが手持ちで扱える最高のスペックだから、ってことでいいのでしょうか?

暗夜における人間の瞳孔の最大径はおよそ7mm、望遠鏡・双眼鏡の有効最低倍率はこれをもとに決められているのはご存知の通りです。双眼鏡はたいてい昼間使うもの。7mmという射出瞳径はその昼間の絞られた瞳孔に太い光束をぶつけることで手ブレによる視野のブラックアウトを防ぐのが狙いだったのです。そして7倍と言えば概ね手持ちで使える最高の倍率(異論は百も承知)。その7倍で7mmの射出瞳径を得るのに必要な口径は7×7=49≒50mm、となるわけです。7×50でおよそ4半世紀前までのスタンダードだった「アクロマート対物レンズ+ケルナー型接眼レンズ+BK7ポロⅠ型プリズム+CF+ツァイス型鏡胴」で約1kg(ボシュロム型+IFならもうちょっと重いか)、これも手持ちではギリギリと見ていいでしょう。

これは手ブレに船の揺れが加わる船舶では極めて重要なファクターとなります。それが証拠に海上保安庁御用達(だったっけ?)・独シュタイナー社のフラッグシップ・モデルは昔も今も7×50です(ニコンやフジノンも7×50の防水型に力を入れているが、それは入札があるから。天文のマーケットなど知れたもの)。

…とまァ、そんなワケで双眼鏡と言えば7×50、ということで広く出回っていたことから品質も値段もこなれており、そこそこの製品が容易に入手できたこと、その口径と倍率がたまたま星を観るのに都合が良かった、ということのようなのです。またその昔(と言ってもついこの間までの話)、車やオーディオではなく星を観ることを趣味としていた人(私含)達の経済観念も窺い知れる、とは言い過ぎでしょうか。そんな天文「元」少年が初心者に6cm屈折を薦めるヘンな伝統、最近ようやくなくなりました、よね?

有効最低倍率が必要な天体は結構以上にありますが、「適正」倍率が対象によって異なるのも事実。私、宮内3台買ってしみじみ感じてます、「双眼鏡も倍率」だと。

(本記事はYahoo!掲示板「双眼鏡で星を見よう」へ私が投稿した内容に加筆・修正したものです)

|

« 付け焼刃・第3弾 | トップページ | 空自T-3退役 »

FPA(S) Lab.」カテゴリの記事

コメント

7×50って中学生の頃は絶対的な響きを持ってました。
憧れの双眼鏡でしたね。

実物を手にすることが出来たのはだいぶ後になってからです。
夕方の景色とかでも明るく見えるので、その威力に関心もしました。
空に向けると、白鳥座からいて座にかけての眺めが最高でした。

最近住んでいるところは天の川も見えなくなってしまったので、7×50では背景が明るくなりすぎます。
なので、今は10x50と14x70を使用しています。
10x50は周辺まできれいに見えるので三脚に固定してみても違和感がなく、このクラスでは一番と思ってます。
14x70は周辺は崩れますが、中心解像力は結構あって土星の輪も楽に確認できます。
また星雲も濃く見えるので主力機となっています。

20倍から30倍くらいの双眼鏡があれば、月を見るのにちょうど良いでしょうね。
でも80ミリ以上の口径が必要になるので(月以外も対象にしようとすると)大きすぎるかもしれません。

宮内を3台お持ちとのこと、どんな組み合わせでしょうか?
なんとなく気になります。

投稿: azu | 2007年1月15日 (月) 13:13

azu様、早速のコメント有難う御座います。

7×50は望遠鏡と一緒に買ってもらいましたが、軟弱な私は長時間の手持ちが出来ませんでした。歳がバレますが、これで見たハレー彗星にはため息が出ました。

>背景が明るくなりすぎます
「若干倍率を上げた方が光害で明るくなったバックグラウンドとのコントラスト云々」とは1980年代、カートン光学「アドラブリック」シリーズが登場した頃よく言われましたね。

Vixen ULTIMA8×42を使っています。選んだ決め手はやや高めの倍率に興味があったのと見口の寸法。同7×42のアイレリーフは25mm(公称値)ありましたが、見口にはレンズ面から約5mmのかさ上げがされており、20mmの8×42と使用感に差が無かったためです。

>宮内
Bj-100iA・Bj-100iBF・Bs-60iAの3台です。この中では気軽に出せる大きさのBs-60iAで天の川の散会星団を眺めています。昨年のシュワスマン・ワハマン第3周期彗星もコレで観ました…これらについてもそのうち記事にするつもりです。

投稿: alaris540 | 2007年1月15日 (月) 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/13500808

この記事へのトラックバック一覧です: れ>Re:7×50っていいですか?:

« 付け焼刃・第3弾 | トップページ | 空自T-3退役 »