« SM-SH70・71をMTB両踏みペダル用に改造する | トップページ | YPK カフェ2.0 »

2006年10月15日 (日)

私がしてきたケア、やりたいケア

昨日、富士市鮫島の生活リハビリ研修センターそてつで開催された「新しい介護☆連続セミナーin富士」へ行ってきました。同地への自転車行はこれで3度目です。朝食+途中補給込みでのんびり片道4時間、途中坂らしい坂もなく…はウソ。由比~蒲原のアップダウンは私にとってまさにドロミテ山塊、いつもヒィヒィ言いながら登ってます。R1バイパス沿道のマキの植え込みの陰に白バイが潜む(街路樹にはそういった機能もあったのね)など会場周辺は厳戒態勢でした(違)。♪わぁれらをねぇらう~くぅろぉいかぁげぇ~~

閑話休題。

第5回目の講師を務めるはRX組・青山幸弘氏。氏の登場は7・9月に続いてこちらも3度目です。青山ゼミは初めて、という参加者が多かったことから自己紹介を兼ねて氏の自著「力愛不二」をひきながら「私がしてきたケア、やりたいケア」と題して事例中心の講義となりました。入浴ケアの話もさることながら随所で顔を出したのが「排泄最優先の法則(三好春樹)」。ホントそこで手を抜いてはいけませんね、大反省!!

「年寄りを元気にするのが仕事」…それすらままならない私ですが、日ごろ思うのが「元気になったその先にあるもの」。オフラインで扱いたいテーマですので曖昧な表現にとどめますが、「20世紀の忘れものを取りに行くこと」。私の仕事(らしきもの)の2つほど先にある、医療・福祉の分野では対応しきれないハードルですが、彼ら・彼女らが生存ギリギリの年齢に達しつつある今、どうしてもそこに向かわざるを得ない、直接どうしろ、と言うわけではないもののそれを頭の片隅に置いて援助に取り組まざるを得ないのでは、と思いつつ千里の道も一歩から、今日も夜勤です。

追記:今年も行きました

|

« SM-SH70・71をMTB両踏みペダル用に改造する | トップページ | YPK カフェ2.0 »

ケアデザインから始めよう」カテゴリの記事

路肩上の変質車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188845/12292155

この記事へのトラックバック一覧です: 私がしてきたケア、やりたいケア:

« SM-SH70・71をMTB両踏みペダル用に改造する | トップページ | YPK カフェ2.0 »