2019年10月15日 (火)

箕浦 AB-500を再評価する

《期間限定カキコ》台風の、数限りない不幸の裏で卑怯な。防衛省設置法で定める「警戒監視・情報収集」ならジプチの自衛隊海外拠点から派遣すればいいだけの話、即ち自衛隊の海外派兵推進が狙い。有志連合に加わらないなどとうそぶいたところで「あの場」に居合わせるは同じなわけで、トランプの意向であることは論を待ちません。また国会承認が要らないのも危険

大上段に構えたタイトルはかつて航空ファンに連載されていた「Fw190を再評価する」のモジリ。

小容量PETボトルは近年その大きさ・形状とも多様化が進み、自称・同用ケージであってもマッチングに難を抱えたままのようです。その中にあって規格があるわけではないのだろうが殆ど変わらないのがキャップ、ソコを捕まえる箕浦 AB-500は「有りそうで無い」貴重な存在でした。以前はどこの店にもあった本機もカタログ落ちしてから久しく、DAHONで使っていた本機のシリコン製ゴムリングが千切れてしまったため昨今流通のPETボトル用とやらを幾つか試しておりましたがやはりしっくりこず、「どうしたモノか」…後日某通販サイトで在庫を知り、まとめ買いしちゃいました。実は納品後、同サイトより「レビューよこせ」Mailが飛んできていたのですが10年程前・他通販店Blogでの一件がありますので当然ココで書きます。

Minisd-2709同サイトには「ゴムリングは必ずネックに、キャップだと振動で落ちる恐れ」とありますがそのキャップ掛けでも落ちたことはありません。またネックへ掛けるにはキャップ下のつばを越えるのに少々力が要り、ヘタリを早めるのでは、とは臆病者の言い訳でしょうか?そのゴムリング、現行版・PC-500ではオミットされてしまいました、「部品点数≒コストを減らせ」経営からの圧力とは私の邪推。同機は「輪っか」でボトルの「肩」を押さえる心算なのでしょうが、これが全く合いません!ひん曲げたりしてみたものの全く以て駄目で、程無くして使うのを止めてしまいました、吉祥寺まで行って買ったのに。

幾つか、と申しますのは…Unico Bikeguyは「肩」を押さえる曲げが無いのでどんなものもツッコめる反面横ズレも全く止められません。EAON BIKE(GIZA PRODUCTS)はその曲げが入っているもののやっぱりスカスカで「何」に合わせて図面引いたのやら?PETコンパチを謳うTOPEAK Modula CageIIModula CageEXはレースボトル用です、但しコーヒー・紅茶用に近年出てきた背の低い500mlPETボトルは形状がレースボトルに近く、両機との相性はわりと良好。一方ネックを咥えるのはOGK PC-2なんてェのがありますが…同機に限らずOGKの造形センスの悪さは絶望的、KABUTOロゴのクドさに堪えられない自転車乗りがいるのにお気付きではないようで。

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

GENTOS Explorer EX-777XP

去る12日昼過ぎ、出勤してきた私に看介護長根っからの女学生
「大丈夫でした?」
「えェ、まァ…○○橋はまだ通れました警戒宣言(戒厳令)発令で封鎖されるので」

管理部からは
「今日の夜勤が(勤務表に穴を開けない)alaris540で良かった」
「ここ(職場)まで来ちゃえば後は普段通りの夜勤だと思います」

直ちに命を守る行動を被災された皆様に於きましては謹んで御見舞い申し上げます。こちらはまだ流通が一部滞っている以外、直撃にもかかわらず概ねいつもと変わらぬ暮らしが出来ています。

が…ハギビスは増税への御祝儀。そしてこの7年弱、安倍狂政へ正しく怒ったのは自然だけでした。日本列島に住まう市民として、人間として恥ずかしくないのか?

職場も周囲の道路が冠水したくらいで済み、停電・断水とも免れました。
管理部から各部署によこされたのが安物のヘッ電型式失念・撮るの忘れたとカタログ落ちして久しい本機。画像は実に10年振りに持ち出したEX-747SRと共に。但し介護においても色は極めて重要な情報ですのでMinisd-2761力があるとはいえ本機の電球色はやっぱり好きになれません、てなわけで記念写真撮っただけで戸棚へ戻すことに。また自家発電及び小型発電機、各種備品のレクチャーを受けるは当然としても、管理部の語り口は「これでこっちとしては義理を果たした。もう帰るからな」とも取れる「18時位(自身の退勤前後)がピークだろう(後は何も起きないんじゃないか)」とも、非常事態への緊張を些か欠いたものでした。冒頭・私の「後は普段通りの夜勤」とは単なる見通しだけではなくHQの学生根性への皮肉も含んでいたわけで。

一応真面目な話も書きますと、自家発電に繋がっているコンセントは各セクション(2ユニット・21床)どうやら1ヶ所だけ、介護施設ですので喀痰吸引の方は僅かにしても対象者の居室までやたら遠い、とブータレたら4つしか備え付けの無いドラム(コードリール)を「2つ持って行っていい」と気になったのは安物エアマットの多さ。停電で空気が抜けたらただのビニールシート、もとより「丸木橋のような」イタダケナイ寝心地は最悪に、勿論褥瘡など防げません。住友理工みたいなノもありますので全否定こそしないものの、リスクマネージメントの観点からも無闇にエアマットを宛がうのは感心しません…聞こえたか、学生リハビリ!「ターミナルにエアマット」、誰が決めた?加えて此度のような急な気圧低下で特に気を付けなくてはならないのが喘息持ちの方、職場で発作の話を聞かなかったのがせめてもの幸いです。

それ以上に悩まされたのは…主任以下当日の職員達がシフト調整だの打ち合わせだのに託けて仕事をサボること!サボること!奴等が荒らしていった業務の後始末で夜は瞬く間に更けていったのでした、ケッ。

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

アルテミスとクロノス#10

Minisd-2757 昨日宵・2ヶ月振りの月と木星の接近、赤経の合を待たずに両星が沈んでしまいますので「これからそうなる感じ」を。次回は11月2日、土星は来年初に合を控えており暫く本現象は条件が際どくなります。

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

AddressV125Sの近頃。

Minisd-2705 2台目AddressV125Sに乗り出して早5年、雨が降り出すと途端に機嫌を損ね持ち主に似るなァ、スロットル開け始めでエンジン息つきが頻発。「普通の気化器ならニードルの不具合を疑うが、直接(高圧)燃料噴射方式なので点火栓のヘタリか」潤滑油と共にそちらも換え…まァ~見事な草臥れっぷり!「6万㎞もよくもった」とはショップのオヤジ。今回はiridiumにして貰いました、少しは燃費が良くなるかな?今後はこちらも定期交換していきましょう。

Minisd-2672そしてタイヤ、以前書いたとおり前後共純正・MAXXIS Proへ戻しました。「割高DAYTONAがボッてるとか」「グリップが甘い」などと某所では不満タラタラのようですが個人的主観に於いては「至ってフツー」。前輪用にはセンターグルーヴがあり、舗装の継ぎ目や路肩の段差にハンドルが取られますが、トレッドが少し耗ったIRCに似ていてそちらほど神経質ではありません、次回はパターンの違うモノを探してみましょうか。

M&Hマツシマのバルブは昼Hi・夜Loで大幅に寿命を延ばせるようになりました。先日同級生に聞いたところ「Hiに入れっ放し。ショップから言われてる」と、やっぱりそういうものなのね。光軸は個人的好みでやや遠めに。

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

アルテミスとクロノス#9

Minisd-2687 昨年末「来年は土星と白道が近く」とテメェで書いておきながら全く追えていません…12日宵・月と土星の接近5ヶ月振りに。赤経の合は18時53分とありましたのでなるべく早い時間に狙う可きだったのですがこの時季特有の、夕暮れに沸きだした雲に阻まれ大ウソ。暑さにヤラレて寝込んでた撮影は約2時間後になってしまいました、月の動きは結構以上に速い。

次回は9月8日です。

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

GIGA MAX#2

Minisd-2673 我ながらしつこいのですが…前回のトライアルから早1年、まるか食品がまたもやGIGA MAXを出してきやがりましたので「受けて立とうじゃないのッ大袈裟な」、夜勤明けでは食べてる途中で居眠りしそうでしたので遅番の後・深夜にがっついてみましたまた身体に悪いことを…。今回はマヨネーズMAXをセレクト。

Minisd-2670 いつも通りかやくを開けお湯を1.3ℓ(0.04589立方ft)、だいたい3分後に湯切り、ネーミングにもなっているマヨネーズを。カップめん付属のソレとしてはかなり大きいのですがMinisd-2671 日頃某ラーメン店のまぜそばへしこたまブッ込んでいる私には 驚くに値しません。一緒に買ったちりめんじゃこ弁当共々瞬く間飽くまで個人的主観に食べちゃいました、わっはっは、しあわせじゃぁ!

昨今巷で言われ出しているソレの受け売り、カップめんの湯戻し3分は熱湯の場合であって水なら約20分、即ち20分待てるのなら沸かさなくても食べられるのだそうです。コメの類より嵩張るものの非常持ち出し品としても見直されているのだとか。但し防災に明るい某氏がそこまで待てるかは別の問題ですが。

| | コメント (2)

2019年6月18日 (火)

アルテミスとゼウス#4

Minisd-2611 一昨日の月と木星の接近を「カゴカツギボシ」も含め、同現象の記事UPは実に13ヶ月ぶり。薄雲が出てしまい月はハッキリ捉えられていません。翌未明の最接近、早番でなければソチラを撮ってました。

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

ウェルフェア2019/中部ライフガードTEC2019見てある記

Minisd-2598去る5月30日、今年も名古屋駅からDAHON広げて行ってきました。昨年以上に出展企業・団体が減り岐阜の松永製作所が来ないのは同社会計年度の締めにかかったからか、「初めて来たけど随分小さい。客が少ない、話せる人がいない」とボヤくはパンテーラ・ジャパンの営業さん「以前はもっと賑わっていたのだが」と言ってはおいた…そんなわけでどんなワケで?気を取り直して幾つか。

Minisd-2596 Minisd-2597 INOACリビングの車椅子用クッションベース・Swimoアジャスタークッション。折り畳み機構を具えた車椅子の座布は構造上弛みを完全には無くせず、クッションの沈みと相まって坐った人の下肢内転・内旋を引き起こします。本品はその弛みをキャンセル、肢位を改善するためのモノ。弛みは機種或いは座布のヘタリ加減によっても異なりますのでカーブが何種類か、と。気になったのは価格、会場特価約50%OFFで¥5000ッて原価は幾らだ?そのボリ方が普及を妨げている、とは日々思うところ。駒場苑の坂野施設長、やっぱダンボールになっちゃいそうですよ。

Minisd-2600 Minisd-2599 同展最注目飽くまで個人的主観プロダクツがコレ。レクリエーション・メカとしてはPanasonicのデジタルミラーに似たモノですが、「オッ」なのはオプションのケアぴっとと併せると姿勢評価のうえ有効な運動プログラムを提案するところ。ブースの方代表取締役だったに「座位でも出来るか」尋ねたところやって見せて下さったのが画像、同機搭載のカメラで撮るだけで傾きや回旋も検出したのはちょっと驚き。「要はロジックなので(然るべき見直しで座位への最適化も可能)」、これッて木之瀬さんが仰ると ころの数値化云々まんまではありませんか!しかしながら…このデータをシーティングへ展開出来るPT・OTがどれだけいるのか?本機を導入→姿勢評価から対象者の生活をマネジメントすることがどうしても必要、と感じ取れる経営者がどれだけいるのか?壁はあまりにも高い。

Minisd-2603 ウェルフェアらしさを感じさせたモノの1つがコレ、丸菱工業の和座椅子アタッチメント・上座間(UESAMA)。文字通り座椅子を嵩上げするもの形状・素材に一部制約ありで、広告イメージ画像に見るような旅館で使ってもらうのかな。邪推ですが正座・胡坐がキツくなり出した世代がターゲット?あァいった宴会に列席する若い衆、昨今は一頃ほど多くはないことでしょうから。また光野さんの先見の明には驚かされるばかりです。

Minisd-2604 私もミーハーですねェ、関西テレビ「パーフェクトワールド」主人公・志葉丈瑠、じゃなかった…鮎川樹の車椅子も登場。OXのカスタムオーダー機・REVシリーズの1つ・LR本機ページは見つけにくいところにある、主車輪は勿論同社の最上位機・TT-3R。コレで本機が爆発的に売れ…なんてェことは考え難いものの、「病棟の片隅で畳まれてるギシギシ・ガタガタばかりが車椅子じゃないゾ」イメチェンになるか?ならねェか?   

Minisd-2601 かわって中部ライフガードTEC、こちらも内容薄めでした。 介護分野での受けはイマイチでもパワーアシスト・メカ自体は徐々に普及しつつあるらしい、Minisd-2605 と言うより今でこそ労務補助とか控え目な露出・運用にとどまっているもののこれにアーマーが被さって74式強化装甲服1型になる日は意外と近い?かも。

Minisd-2602 今年も暑さで既に死者が出たと聞きます、CDシステム浜松じゃありませんかピタバリアクールは帽子・ヘルメットの内側に仕込んで熱射を緩和。100均で売ってる保冷バッグの内装と同じもの?出そうで出なかった発想。ですが…間違っても学校で普及して欲しくはありませんね、「受験へ影響し難い6月に何が何でも運動会」加担しかねませんので。

何度でも書いちゃいます、パレスチナで催涙弾をばら撒いているドローンは日本とイスラエルの共同開発、とはよく知られた話。更に頭の中で繋がってしまうのが先月の登戸の一件、アレがもしミサイルとかクラスター爆弾とか馬力さえあればペイロードなど何だっていいワケでだったら?ヤツが私達の頭上を飛ばないなどと言う確証が果たしてあるというのか?だいいち通学にバス持ち出すのはクルマ屋の都合であって安全とは関係無いんじゃないの?災害時における「情報収集がドーノ」と出展されていたDENSOのマルチコプター、画像撮ってあるけどUPする気にもなれません。

今回もEOSで撮りましたが元画像のサイズが大きいとリサイズ&圧縮しても元から小さいソレよりデータ量が増えるようで、Blog用画像(サーバー容量対策)にはあまり向かない?またリニューアル後のcocologは他SNSと同様撮った時のカメラの向きが判るらしく、加工に際し元データと揃えておかないとUPの度に「!?」直しを入れることになります、ア~メンドクサイ!!!

期間限定の心算でしたが勿体無くもコメントを戴いてしまいましたのでココに残しておきます…TURNが新型折り畳み機構の自転車・BYBシリーズを発表しました。キャスター輪でゴロゴロ引っ張っていけるところはBROMPTONと同じ、というか専用キャリアはキャスターマウントみたいなもの。畳んでいる間はキャリアに括り付けていた荷物を持ち歩かねばなりませんので、複数日に跨る輪行ツーリングではそこも勘案してのパッキングが求められる、のでしょうか。

| | コメント (2)

2019年5月22日 (水)

静浜基地航空祭2019

行ってきました。が…

Minisd-2559 Minisd-2558自転車は敷地の隅に追いやられ、ランウェイ南側は立ち入り禁止、厚生会館のトイレはバリケードで固められ、外来機の地上展示は救難デモ飛行をしたUH-60Jと体験乗り込みのCH-47Jだけ、浜松からはBlueどころか同所属のT-4も来ずエンジン不具合発覚で総点検中なのだとか、妙に地味で厳めしい、「どこかで基地祭だかやってた感じ」遠い幼少の記憶へ引き戻されたような釈然としないものが残りました。

またこの際ですので書いちゃいますと過日の廃帝は破憲勢力のごり押しそのものエンペラー・アキヒトが退位を仄めかした当時は日本国憲法はもとより皇室典範にも規定が無かった、即ちあれは「憲法を守れ」訴えであり、だから氏は降ろされたのだ、そして自衛隊は憲法遵守義務を負う公務員ですから基地祭パンフに「祝天皇陛下御即位」、T-7 Jr.のMCが「新時代・レイワが始まりました!」などとブチ上げられる筈はありません、そこは慎重であって欲しかったもの。そのくせ「硬直しているわりにはだらしがない」、エェカゲンで乱暴な昭和の昔とは明らかに異質な、この国の綻び・足元のぐらつきが

Minisd-2562b 1番機、セルがかからずキックスタート!に顕れた、とは考え過ぎでしょうか???ヘルメットのチンストラップを弛めたままデモプレイしてた、文字通り「シマリが無い」。

内容は薄くとも飛行機をそれぞれじっくり見たい方には充分意義あるものだったと思います。Minisd-2564Minisd-2563そして私にはカメラの実力を検証する格好の機会となりました。上位機のAF性能が如何程かは知りませんがF-15/F-2のアクションに本機は「どうにか合わせてはいる」感じあとは撮影者の努力次第、こういった撮影条件ではTAMRONレンズの倍率の色収差が目立ちますPENTAX K-1Ⅱはそれをも直せるんですってね、羨ましい。また意外にも電子ビューファインダーを多用、SX30/50のソレより格段に見易く、一眼「レフ」と殆ど変わらない感覚で追えました。

Minisd-2565 予備バッテリーも補充。案の定昼前・T-7 Jr.の最中にバッテリーがドロップも慌てることなく1日乗りきれました。小型軽量化も結構ではありますがカメラが電気でやることが昔より段違いに増えているのですから875mAhはやはり少ないライトユース機にそういったこと求めちゃダメ?、改善が望まれます。

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

プレ静浜#5(わが名は、イオス。)

Minisd-2553 基地祭を今週末に控え、予行演習に訪れたたぶんRF-4E。自宅庭から300㎜では寄りきれず、元画像には虫がくっついているようにしか写っていませんが、サイズが5328×4000もあったので「何処まで拡大に耐えられるか」色気を出してばっさりトリミング。実はまさにこの時Jアラートのテスト発信中で全く以てシャレになっていません!

…SX50 HSを使いだして5年半、より速く正確なピントが欲しくなりまた一眼・昨年のベストセラーを遅まきながら買っちまいましたRシリーズが出たんだからもっと値引きしてよッ。私は講演会を撮ることが多いのでサイレントモード必須、謳い文句通りシャッター音が殆ど気になりません静粛性はCanonの伝統。もう1つの決め手はSX50と同じ作りのバリアングルモニター、デイバッグへ放り込むには裏返してしまっておけるので安心です。それはそうと、Canonの「アチラにはあるがコチラには無い」機種ごとに機能を振り分けるの、アレ何とかならないのでしょうか?Minisd-2547 バリアングルモニターがSONY式裏返せないでなければ露出補正ダイヤルが独立したM5を選んだのですが。電子ビューファインダーとの切り替えは完全自動、センサーが敏感過ぎてモニターが不用意に消えてしまうのが「かなり煩い」とは店員さんの言、SX30の頃からソチラは全く使っていませんが気をつけることにしましょう。レンズはAFが純正より遅くなるのを重々承知で室内撮影用に135換算16mmから使えるTAMRONの高倍率ズームを。

ムービーの水平補正機能があるくせにスチル用水準器が無いのはこれ如何に?加工の段階で補正出来ますがそれを見込んでズーミングが甘くなるのは良からぬ傾向。パームグリップはもう少し大きくてもいいと思います。バッテリー容量はもっと欲しかった。約70枚撮ったところであがってしまい、イベント1日を追うには予備が要ります。そして…やっぱり被写界深度優先AEは無いのね。

サブタイトルは初代・EOS620/650広告キャッチコピーです。

| | コメント (2)

«IRC URBANMASTER MB-520