2019年8月13日 (火)

アルテミスとクロノス#9

《期間限定カキコ》「真夏にこんなことやっていいんか。根性云々の話じゃないぞ。(舞田博士)/猛暑は戦うものではなく避けるものなのだが……。(STB様・何れもTwitterより)

「1983TB」仮符号憶えてる貴方は若くない別角度からの再検証が期待されている掩蔽まであと一週間。処は渡島半島、継続時間は約0.5秒

Minisd-2687 昨年末「来年は土星と白道が近く」とテメェで書いておきながら全く追えていません…12日宵・月と土星の接近5ヶ月振りに。赤経の合は18時53分とありましたのでなるべく早い時間に狙う可きだったのですがこの時季特有の、夕暮れに沸きだした雲に阻まれ大ウソ。暑さにヤラレて寝込んでた撮影は約2時間後になってしまいました、月の動きは結構以上に速い。

次回は9月8日です。

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

GIGA MAX#2

Minisd-2673 我ながらしつこいのですが…前回のトライアルから早1年、まるか食品がまたもやGIGA MAXを出してきやがりましたので「受けて立とうじゃないのッ大袈裟な」、夜勤明けでは食べてる途中で居眠りしそうでしたので遅番の後・深夜にがっついてみましたまた身体に悪いことを…。今回はマヨネーズMAXをセレクト。

Minisd-2670 いつも通りかやくを開けお湯を1.3ℓ(0.04589立方ft)、だいたい3分後に湯切り、ネーミングにもなっているマヨネーズを。カップめん付属のソレとしてはかなり大きいのですがMinisd-2671 日頃某ラーメン店のまぜそばへしこたまブッ込んでいる私には 驚くに値しません。一緒に買ったちりめんじゃこ弁当共々瞬く間飽くまで個人的主観に食べちゃいました、わっはっは、しあわせじゃぁ!

昨今巷で言われ出しているソレの受け売り、カップめんの湯戻し3分は熱湯の場合であって水なら約20分、即ち20分待てるのなら沸かさなくても食べられるのだそうです。コメの類より嵩張るものの非常持ち出し品としても見直されているのだとか。但し防災に明るい某氏がそこまで待てるかは別の問題ですが。

| | コメント (2)

2019年6月18日 (火)

アルテミスとゼウス#4

Minisd-2611 一昨日の月と木星の接近を「カゴカツギボシ」も含め、同現象の記事UPは実に13ヶ月ぶり。薄雲が出てしまい月はハッキリ捉えられていません。翌未明の最接近、早番でなければソチラを撮ってました。

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

ウェルフェア2019/中部ライフガードTEC2019見てある記

Minisd-2598去る5月30日、今年も名古屋駅からDAHON広げて行ってきました。昨年以上に出展企業・団体が減り岐阜の松永製作所が来ないのは同社会計年度の締めにかかったからか、「初めて来たけど随分小さい。客が少ない、話せる人がいない」とボヤくはパンテーラ・ジャパンの営業さん「以前はもっと賑わっていたのだが」と言ってはおいた…そんなわけでどんなワケで?気を取り直して幾つか。

Minisd-2596 Minisd-2597 INOACリビングの車椅子用クッションベース・Swimoアジャスタークッション。折り畳み機構を具えた車椅子の座布は構造上弛みを完全には無くせず、クッションの沈みと相まって坐った人の下肢内転・内旋を引き起こします。本品はその弛みをキャンセル、肢位を改善するためのモノ。弛みは機種或いは座布のヘタリ加減によっても異なりますのでカーブが何種類か、と。気になったのは価格、会場特価約50%OFFで¥5000ッて原価は幾らだ?そのボリ方が普及を妨げている、とは日々思うところ。駒場苑の坂野施設長、やっぱダンボールになっちゃいそうですよ。

Minisd-2600 Minisd-2599 同展最注目飽くまで個人的主観プロダクツがコレ。レクリエーション・メカとしてはPanasonicのデジタルミラーに似たモノですが、「オッ」なのはオプションのケアぴっとと併せると姿勢評価のうえ有効な運動プログラムを提案するところ。ブースの方代表取締役だったに「座位でも出来るか」尋ねたところやって見せて下さったのが画像、同機搭載のカメラで撮るだけで傾きや回旋も検出したのはちょっと驚き。「要はロジックなので(然るべき見直しで座位への最適化も可能)」、これッて木之瀬さんが仰ると ころの数値化云々まんまではありませんか!しかしながら…このデータをシーティングへ展開出来るPT・OTがどれだけいるのか?本機を導入→姿勢評価から対象者の生活をマネジメントすることがどうしても必要、と感じ取れる経営者がどれだけいるのか?壁はあまりにも高い。

Minisd-2603 ウェルフェアらしさを感じさせたモノの1つがコレ、丸菱工業の和座椅子アタッチメント・上座間(UESAMA)。文字通り座椅子を嵩上げするもの形状・素材に一部制約ありで、広告イメージ画像に見るような旅館で使ってもらうのかな。邪推ですが正座・胡坐がキツくなり出した世代がターゲット?あァいった宴会に列席する若い衆、昨今は一頃ほど多くはないことでしょうから。また光野さんの先見の明には驚かされるばかりです。

Minisd-2604 私もミーハーですねェ、関西テレビ「パーフェクトワールド」主人公・志葉丈瑠、じゃなかった…鮎川樹の車椅子も登場。OXのカスタムオーダー機・REVシリーズの1つ・LR本機ページは見つけにくいところにある、主車輪は勿論同社の最上位機・TT-3R。コレで本機が爆発的に売れ…なんてェことは考え難いものの、「病棟の片隅で畳まれてるギシギシ・ガタガタばかりが車椅子じゃないゾ」イメチェンになるか?ならねェか?   

Minisd-2601 かわって中部ライフガードTEC、こちらも内容薄めでした。 介護分野での受けはイマイチでもパワーアシスト・メカ自体は徐々に普及しつつあるらしい、Minisd-2605 と言うより今でこそ労務補助とか控え目な露出・運用にとどまっているもののこれにアーマーが被さって74式強化装甲服1型になる日は意外と近い?かも。

Minisd-2602 今年も暑さで既に死者が出たと聞きます、CDシステム浜松じゃありませんかピタバリアクールは帽子・ヘルメットの内側に仕込んで熱射を緩和。100均で売ってる保冷バッグの内装と同じもの?出そうで出なかった発想。ですが…間違っても学校で普及して欲しくはありませんね、「受験へ影響し難い6月に何が何でも運動会」加担しかねませんので。

何度でも書いちゃいます、パレスチナで催涙弾をばら撒いているドローンは日本とイスラエルの共同開発、とはよく知られた話。更に頭の中で繋がってしまうのが先月の登戸の一件、アレがもしミサイルとかクラスター爆弾とか馬力さえあればペイロードなど何だっていいワケでだったら?ヤツが私達の頭上を飛ばないなどと言う確証が果たしてあるというのか?だいいち通学にバス持ち出すのはクルマ屋の都合であって安全とは関係無いんじゃないの?災害時における「情報収集がドーノ」と出展されていたDENSOのマルチコプター、画像撮ってあるけどUPする気にもなれません。

今回もEOSで撮りましたが元画像のサイズが大きいとリサイズ&圧縮しても元から小さいソレよりデータ量が増えるようで、Blog用画像(サーバー容量対策)にはあまり向かない?またリニューアル後のcocologは他SNSと同様撮った時のカメラの向きが判るらしく、加工に際し元データと揃えておかないとUPの度に「!?」直しを入れることになります、ア~メンドクサイ!!!

期間限定の心算でしたが勿体無くもコメントを戴いてしまいましたのでココに残しておきます…TURNが新型折り畳み機構の自転車・BYBシリーズを発表しました。キャスター輪でゴロゴロ引っ張っていけるところはBROMPTONと同じ、というか専用キャリアはキャスターマウントみたいなもの。畳んでいる間はキャリアに括り付けていた荷物を持ち歩かねばなりませんので、複数日に跨る輪行ツーリングではそこも勘案してのパッキングが求められる、のでしょうか。

| | コメント (2)

2019年5月22日 (水)

静浜基地航空祭2019

行ってきました。が…

Minisd-2559 Minisd-2558自転車は敷地の隅に追いやられ、ランウェイ南側は立ち入り禁止、厚生会館のトイレはバリケードで固められ、外来機の地上展示は救難デモ飛行をしたUH-60Jと体験乗り込みのCH-47Jだけ、浜松からはBlueどころか同所属のT-4も来ずエンジン不具合発覚で総点検中なのだとか、妙に地味で厳めしい、「どこかで基地祭だかやってた感じ」遠い幼少の記憶へ引き戻されたような釈然としないものが残りました。

またこの際ですので書いちゃいますと過日の廃帝は破憲勢力のごり押しそのものエンペラー・アキヒトが退位を仄めかした当時は日本国憲法はもとより皇室典範にも規定が無かった、即ちあれは「憲法を守れ」訴えであり、だから氏は降ろされたのだ、そして自衛隊は憲法遵守義務を負う公務員ですから基地祭パンフに「祝天皇陛下御即位」、T-7 Jr.のMCが「新時代・レイワが始まりました!」などとブチ上げられる筈はありません、そこは慎重であって欲しかったもの。そのくせ「硬直しているわりにはだらしがない」、エェカゲンで乱暴な昭和の昔とは明らかに異質な、この国の綻び・足元のぐらつきが

Minisd-2562b 1番機、セルがかからずキックスタート!に顕れた、とは考え過ぎでしょうか???ヘルメットのチンストラップを弛めたままデモプレイしてた、文字通り「シマリが無い」。

内容は薄くとも飛行機をそれぞれじっくり見たい方には充分意義あるものだったと思います。Minisd-2564Minisd-2563そして私にはカメラの実力を検証する格好の機会となりました。上位機のAF性能が如何程かは知りませんがF-15/F-2のアクションに本機は「どうにか合わせてはいる」感じあとは撮影者の努力次第、こういった撮影条件ではTAMRONレンズの倍率の色収差が目立ちますPENTAX K-1Ⅱはそれをも直せるんですってね、羨ましい。また意外にも電子ビューファインダーを多用、SX30/50のソレより格段に見易く、一眼「レフ」と殆ど変わらない感覚で追えました。

Minisd-2565 予備バッテリーも補充。案の定昼前・T-7 Jr.の最中にバッテリーがドロップも慌てることなく1日乗りきれました。小型軽量化も結構ではありますがカメラが電気でやることが昔より段違いに増えているのですから875mAhはやはり少ないライトユース機にそういったこと求めちゃダメ?、改善が望まれます。

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

プレ静浜#5(わが名は、イオス。)

Minisd-2553 基地祭を今週末に控え、予行演習に訪れたたぶんRF-4E。自宅庭から300㎜では寄りきれず、元画像には虫がくっついているようにしか写っていませんが、サイズが5328×4000もあったので「何処まで拡大に耐えられるか」色気を出してばっさりトリミング。実はまさにこの時Jアラートのテスト発信中で全く以てシャレになっていません!

…SX50 HSを使いだして5年半、より速く正確なピントが欲しくなりまた一眼・昨年のベストセラーを遅まきながら買っちまいましたRシリーズが出たんだからもっと値引きしてよッ。私は講演会を撮ることが多いのでサイレントモード必須、謳い文句通りシャッター音が殆ど気になりません静粛性はCanonの伝統。もう1つの決め手はSX50と同じ作りのバリアングルモニター、デイバッグへ放り込むには裏返してしまっておけるので安心です。それはそうと、Canonの「アチラにはあるがコチラには無い」機種ごとに機能を振り分けるの、アレ何とかならないのでしょうか?Minisd-2547 バリアングルモニターがSONY式裏返せないでなければ露出補正ダイヤルが独立したM5を選んだのですが。電子ビューファインダーとの切り替えは完全自動、センサーが敏感過ぎてモニターが不用意に消えてしまうのが「かなり煩い」とは店員さんの言、SX30の頃からソチラは全く使っていませんが気をつけることにしましょう。レンズはAFが純正より遅くなるのを重々承知で室内撮影用に135換算16mmから使えるTAMRONの高倍率ズームを。

ムービーの水平補正機能があるくせにスチル用水準器が無いのはこれ如何に?加工の段階で補正出来ますがそれを見込んでズーミングが甘くなるのは良からぬ傾向。パームグリップはもう少し大きくてもいいと思います。バッテリー容量はもっと欲しかった。約70枚撮ったところであがってしまい、イベント1日を追うには予備が要ります。そして…やっぱり被写界深度優先AEは無いのね。

サブタイトルは初代・EOS620/650広告キャッチコピーです。

| | コメント (2)

2019年4月17日 (水)

IRC URBANMASTER MB-520

年越しにスクーターの後タイヤサイドが割れ出して空気が抜け走行不能!ショップもバスも休み、タクシー1台捕まらず延々歩き詰め、散々な正月になってしまいました何度でも書いてやる、猫も杓子も揃って同じことするのを世間一般には「社会問題」ッて言うんだゼ。ショップのオヤジに出張修理を依頼、「何処も休みで注文出来なかったので」と前のヤツオヤジの御厚意で「部品取りに」とショップに置いてもらってあるから移植してもらいました。

Minisd-2469 耐摩耗性はレビュー通りだと思いますが、それ以外何が良いのかさっぱり解りません。トルクで起きない、全速度域でふらつく、コーナーで踏ん張らない、倒れたら傾いたら倒れたまんま…これほど運転に神経使わされるタイヤは初めてです。白線や進行方向の舗装の継ぎ目にセンターグルーヴがいちいち食い付き、ケツが振られるのが非常に怖いので純正・MAXXIS Pro(CHENGSHIN)を履いていた時とは走行ラインそのものを変えています。

この話を職場のMICHELINシンパに話したところ「IRCはモトクロス用も倒れたら倒れたまんまだなァ」と、メーカーのカラーなのでしょうか。また同氏は「モーターサイクルにこだわる人はここ一番で裏切らないタイヤを選ぶ。転んでもその場で車体がクルッと回るだけのモノが好まれるようだ」とも。

近頃センターが擦り減ったか少し大人しくなりましたが、もう要らない子です。次はCHENGSHINに戻そうかな、スリップサインにだけは気をつけることにしましょう。

cocologリニューアル後初投稿となりました。慣れを根拠にものを言うわけにいきませんが「大失敗である」、断言出来ます。管理画面の文字は小さく枠ばかりが目につき、一覧性が著しく落ちました。フォントカラーの設定が減った・編集画面上で文字列のコピペが右クリックで出来ない・画像挿入の手順が煩雑化・…初期トラブルが落ち着くのを待っておりましたが1ヶ月経った今も混乱は続いている模様、私もまだ手探りです。

| | コメント (2)

2019年3月15日 (金)

アルテミスとアルデバラン#6(ヒアデス星団食)

Minisd_2406研修で行った下田で「あれ今日だワ」慌てて撮ったのがコレ、パソコンにブッ込んだら全然ピント出てないじゃないの!というワケで今回もQVGAで。

次回は4月9日、火星と共に並びます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 5日 (火)

2019ハンドメイドバイシクル展

Minisd_2383Minisd_2395去る2月23日、5年振りに行ってきました東京モノレールは自身初。会場の流通センター第1展示場Aホールは科学技術館よりも広く、ゆったりと観られましたが如何せん門から駐輪場、更にはホールに至るまでがやたら遠く、駅から入場までDAHON広げたくなる程。本展の性格上個人的主観に於いてゾッとするものはありませんので本記事もなるべく簡単に。

Minisd_2394おそらく昨秋の幕張にも出ていたであろう、東京サンエスのフォーク・OBS-RBD 1.25TH。エンド小物の位相変換でオフセット2段階調節、は他社カーボンクランクでも見られた手法、ですが…前輪のアライメントにこだわる程のマニアは大概自転車そのものを乗り分けているのでは?またネジで動かすのはやはり無茶だったと思います。

Minisd_2393自身初対面、アトリエキノピオの木製自転車。独特というか大袈裟!?のラグワークはともかく…積層木材こそ同じですがコチラはブナ・カラマツ・クルミ・オーク+カーボンと多彩で、マホガニーにこだわる?サノマジックとは異なる解釈が目を惹きます。

Minisd_2386アルミフェンダーを注文しようとしたら「10本単位でしか納めない」と言われ断念した15年前…Alarisがなかなか組み上がらなかった理由の1つが本所工研。正直に申し上げます、チタンフェンダーを出さずして「来た」などとは言わせません!カットサンプルだけならwebカタログに図面示せば済むこと。

Minisd_2396Minisd_2388名前こそ以前より知っていましたが現品に触れるのはれまた自身初、江戸川のLIGHT CYCLE。ステムのライズ角が指定出来るあたり国内のビルダーとしてはチタンで頑張っている方だと思いますがMinisd_2389_2SEVENやMOOTSを知る目には「だいたいこんな感じ」。ディスクブレーキのフラットマウントがリアエンドと別部品なのは「?」。同ブースにはS.ロッシュ・トリプルクラウン達成30周年記念のBATTAGLINも。

Minisd_2391Minisd_2392SLINGSHOT復活。絹自転車製作所シルク テンション Ultra Compact Campingはツーリング車ながら快適性向上のため?ダウンチューブをテンションワイヤーに置き換えた意欲作。その考え方はともかく、ワイヤーに提げたバッグって走行中プランプランしないのかしらん?DAHONでもヒンジの保護になるとかで近頃試みられてますね。

Minisd_2387でく工房の勉強会日程がなかなか出ず出ました、「もしや」と2月はヤマを張って公休申請を分散させてしまったことから行きたい研修会に合わせきれず、あまり外に出られませんでした。今年はもう少しポイントを絞って動こうかな?多分悪いウソになるMinisd_2390来場者アンケートはくじ引きになっていて見事!外れました、のティシュペーパー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

アルテミスとクロノス#8

Minisd_2397昨日の月と土星の接近半年振りに。名古屋のセミナーへ行く道すがら駅のプラットホームで漸く雲が切れたところを慌ててカメラ出しました、会合現象を手持ちで撮ったのは自身初。

次回は3月29日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«azuma TSM545(女学生との闘い#2)