2018年9月20日 (木)

アルテミスとアレース#4

《期間限定カキコ》FSAにもよく似たノがあってこのリンクが密かなブームを呼んでいるらしい、57㎜アーチを作ってくれたら今すぐにでも買うのになァ

4AAハンディーライトがとうに1000lumen超えを果たしているのにヘッ電は未だ?かねてより思っておりました…PLJさん、早くカート設定願います

Minisd_209650日振りに月と火星をまたまた雲越しに、最接近は今日ですが雨と聞いておりましたので画像は昨晩のうちに撮っておいたもの。火星の下に写っているのはたぶん月のゴースト、右下隅の星々は南斗六星の一部。次回は10月18日です。

ついでに金星、15倍の双眼鏡でも欠けた様子がよく判ります。最大光度は明日、内合は10月25日、地平高度が際どくなりますが変化を追ってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

MOTORHEAD STEALTH

「生き残ったものだけが『生きた伝説』と呼ばれる(G.ヘルボルト)GIRO『SWITCHBLADE』広告キャッチコピー。同機はチンガード着脱式MTBヘルメットのハシリ

夜勤明けに何の気なく立ち寄った2りんかんで「在庫限り」に反応、衝動買いしてしまいました。約3割引きとはモデルチェンジが近いのでしょうか?AEROJETTER4が耐用年数を超えていましたので「丁度えェわ、この際だ」…以前も触れたアレです。

帽体はECLIPSEより気持ち小さくAddressV125Sのメットインでも隙間に電熱グラブが入りそう。フィット性もサイズ相応、余計なぐらつきが無い一方で密閉感はまるでフルフェイスのよう。Minisd_2053ウリであるチンガード、やはり被る度に着脱せねばならず非常に面倒暗がりではまず付けられないなので、マズイとは知りつつ外したままです。アウターバイザー(シールド)の角度調節ラッチは非常に荒いのですがECLIPSEの「ガソッ」に対し本機は「クニュッ」、感触がウェットで且つ曖昧な角度でとめられますので曇りを取るためちょっとだけ開けて、がちょっとだけし易くなりました。インナーバイザーは大きさこそAEROJETTER4と同じながら視界をきちんとカバーしてくれ、インパネの反射に殆ど悩まされませんやってることは同じなのに機種毎感触が違うのは変?が、開閉レバーのダウンロック及びリターンスプリングがとにかく硬く私はよく失敗します、図面引いた方は指先に相当力があるのでしょう。チークパッドが耳に引っ掛かるのが不快ですがECLIPSEほど酷くはありません。

Minisd_2054たぶんこれだと思います、ベンチレーターの風切音がウルサイ!走行中ずっと頭叩かれてるみたいです。そのくせ効きがアマく、ジェットヘリ型のくせに結構暑い。インレットにテープ貼ってみましたが無駄な抵抗でした、トホホ。

総じて使用感は良くなっていますがどォ~もポイントがズレてるような…また他機の試着に行ってみようかしらん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

οSgr食、だったね

Minisd_2052_2限界線はどの辺りだったのでしょうか、「こっちは食にならなさそうだから、たぶん」ろくすっぽ確かめもせず最接近後に安物望遠鏡をカメラ三脚+ヨレヨレの微動雲台に載せアミチプリズムを通して何故かピントが出なかったので乱暴にも接眼レンズにケータイ押し当て「近くに居るところだけ撮った」チョ~ボケボケがコレ。

ついでに接近中のボケボケ火星に環の開いたボケボケ土星、ボケボケ木星にボケボケガリレオ衛星も観て今年の夏はもうオッケ~…な筈がありません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

アルテミスとクロノス#7

Minisd_2050「日本の気候は最低最悪」台風がよこしてきやがった雲に悩まされながら昨晩の月と土星の接近を、同現象のUPは自身半年振り。露光はもう少し絞れたと思うのですがモニター上で土星が見えなくなってしまうのがどォ~も気になり…ここはやはり覆い焼きでしょうか。

次回は9月17日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日 (火)

アルテミスとアフロディーテー#7

Minisd_2048今夕の月と金星の接近をまたもや薄雲越しに、同一対象のUPは10ヶ月振り。気付くのが遅れ低空ギリギリになってしまいました。

次回は9月13日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

GIGA MAX…

Minisd_2026超超超大盛です。えェ、「」が3つ付いています「マクラーレンが横に3台並んで見えた(N.マンセル)」とはちょっと、否、だいぶ違う

ペヤングの、こと生産再開以降姉妹品を連発するまるか食品、2倍サイズの超大盛りに続いて今度は何を思ったか?4倍サイズなんてェノを繰り出してきました。ここ暫く店頭でやたら目立っていて非常に気になっておりましたので「ここはひとつ」夜勤明けに食べてみました。「※1日1食までにしてください。カロリー摂取基準を上回る恐れがあります。」とありますが、Minisd_2030近藤等則IMAのアルバム「コントン(1986年)」の帯にあった「※最大ボリュームでお聴き下さい。」からすれば遥かに可愛いもの、製品化しておいて書くようなことではありませんそりゃ冗談の通じない人、近頃巷にあぶれかえっているのは一応知ってる心算だが。麺は330g、通常ペヤングは90gですので厳密には3.6666667倍、決して殺人的というワケでは無く私はミョ~に安心してしまいました。

Minisd_2028講釈はこのくらいにして…フツーにお湯を入れます、但しスーパーカップの約3倍・1.3ℓ(0.3434236USガロン)。買ったコンビニには店内で食べるときは店員にお湯の補充を伝える旨のポップがありました。かやくの量も麺相応。

Minisd_2029待ち時間だけは同じ3分です。同店には飲み残し受けが無かったため湯切りは店員さんに頼みました。

Minisd_2025出来上がり。誰かさんのように食べてから撮ったりは致しませんすっぽかしそうになったのはナイショ。量以外はフツーにペヤングです。ソースもいつものアレ、しつこくかき混ぜないと麺とうまく絡まず、個人的主観では日清食品くらいのクドさがちょうどいいように感じられました。

Minisd_2024こちらははC.C.レモンのちょっと大きい版、途中で飲んだせいで肝腎のGIGA MAXを食べるペースが鈍ってしまいました。

Minisd_2027わっはっは、しあわせじゃぁ!
私の場合約20分で完食一人暮らしを始めて以降ゆっくり食べる癖がついてしまった。398円は超大盛り×2より安く、気持ちお買い得感が。エ~それから、複数人で分けて食べるような軟弱者は手を出さないで下さい!ここは強調しておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

アルテミスとアレース#3

Minisd_2006月と最接近を1ヶ月後に控えた火星との接近を、自身2ヶ月振り。宵の口は雲間からそこそこ見えていたもののカメラ構えた途端手を伸ばすが如くやって来た帯状の雲に隠されてしまいました、日本の気候は最低最悪だ!

次回は7月28日、皆既月食の晩です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

ウェルフェア2018見てある記

Minisd_1913シーティング技術者交流会も無事終わり…というワケでこの辺も書きます。去る5月17日、今年も名古屋駅でDAHONを広げ金城埠頭へひとッ走り、すっかり日焼けしてしまいました、が…昨年以上の出展企業減で展示会としてのプレスティージュが下がった?バリアフリーから僅か1ヶ月、来場者に中京圏以西の方はいないものと思われます。「気を取り直して」の心算でしたがやっぱり少しだけにしとこうかな。

Minisd_1969Minisd_1923日進/TOYOTAのウェルチェアが電動化、新係留機構を具えたVOXYも、所謂抱き合わせ。電動ですのでスロープを自走することで煩わしかったベルトを省略したそうですが、考え方はともかく当面は広まらない??ウェルチェアのPUはYAMAHA製。アームサポートは跳ね上げ式、レッグサポートフレームはスイングアウト(即ち着脱可)に改められました、たぶん声があったのでしょう、一昨年より疑問を感じておりました。また座/背の横方向の支持が加わったのも車載を考えれば当然。

Minisd_1916Minisd_1917簀巻きと言わんか!?PROFACTの骨盤支持クッション・Gサポート GS-100。実際には緩やかに支えることになるのでしょうが、同GS-200の、乗車中の体幹支持ならまだしも…リンク先画像、「行政・福祉・介護の専門家のアドバイスから誕生しました」とはどの辺りのソレなのか?興味があります。

Minisd_1970Minisd_1918面白かったのがコレ、豊田TRIKEの電動アシスト自転車。シンクロシステムと称する補助輪のサスペンション(地形追従)機構は大袈裟ではありますが自転車の「これから」を示す?轍間距離は「標準的レジ通路を通れる」、即ち乗ったまま店内へ入るのを念頭に開発されたそうですがそうそう理解されないでしょうねェ、ことデスクには。活動性を高める車椅子と自転車の中間形は未開拓の分野で、Minisd_1919熟成が進めばセニアカーにケンカを売れるソッチはただ坐るだけかい?かもしれません。ふらっか~ずよろしく前に1人、更に車椅子を載せるサイドカーを具えたデッケェノも。道を選ぶのではないでしょうか??

Minisd_1967Panasonicはエアコンに拠る高齢者見守りサービスシステムを紹介。最近のエアコンには人感センサーが仕込まれ冷暖房の温度/風向の適正化も珍しくなくなりました。後は機器が通信回線と繋がれば…というワケですね。

Minisd_1968中部ライフガードTECはあまり目新しさを感じられずすぐに出てきてしまいました。来年のウェルフェアは5月30日~6月1日、中部ライフガードTECは5月30・31日です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

冨士灯器 ZEXUS ZX-S250

Minisd_1962Minisd_19465年前ZX-270と共に買い、ここ暫く自宅で常用していたZX-250(以下「S無し」)の接触が怪しくなり、「そう言えばこのところライト買ってないなァ」隣町の某釣具屋富士灯器製品の店頭陳列は地域一番で買ってきました。結局接触は「復旧」し実際のところ何がマズかったのか解らずじまいでしたが…ともあれ、CREE XP-G3及び別に要らない5㎜Φ電球色LED×2を1AAで駆動するヘッ電です。リンク先・画像にある箱は中が見えるものと見えないものがあり、後者はLEDの芯ズレを確かめられませんので注意が要ります。幸い中が見えるものからズレが極僅かなモノを選ぶことが出来ました。

スイッチポン押しでメイン→サブ→消灯、メイン・サブとも点灯中の長押しで調光、MaxとMin.を行ったり来たりするのはZX-270と同じ。本機は調光レベルを記憶出来るようになりました、S無しはいつもMax点灯から絞るのが面倒だったのでコレ1点だけでも買い替えメリットがあると感じます電池交換後は要再設定。消灯中の長押しでロックアウト、私は本機をスクーターのメットインに放り込むので重宝してます。Min.10%は明る過ぎ、1%まで絞れればコヤツとの隙間が埋まるのですが。減衰しながら消灯する電球風の演出は邪魔、減衰中の再点灯は出来ません。蛇足ながらS無しは過去に少なくとも1度マイナーチェンジを受けており、Minisd_1947Minisd_1452_2調光が速くなったのも、サブが同じ5㎜Φでも所謂砲弾型でなくなったのも、減衰消灯もこのとき加わったもの。電池室蓋はバヨネットの指針画像・矢印が非常に判り辛くシリーズの泣き所。私は指針に気付かず闇雲に回してS無し新のソレを壊してしまいました、取説読めッての。

Minisd_1964Minisd_1965S無し旧との照射比較、両画像とも左が本機、両機メイン・サブとも出力最大、電源はeneloop、壁面までの距離は約20㎝。公称90→100lumenはタマ載せ替えたからぐらいのもの、だと思います。OPリフはたぶん両機共通、ダイの大きいXP-G3のためかSPOT感が弱まり手許が見易くなりました。サブも然り、但し電球色は分光出力のピークが若干長波長側へズレただけでしょうから私は存在意義を感じません、ここは先達の意見を賜りたいところ。

Minisd_1963バンドは釣具屋らしく開閉可能な首用バンドに加えベスト用も標準付属。相変わらず冨士灯器のバンドは硬くて滑り易く、開梱と同時にお蔵入りとなりました。頭用センターバンドがベルクロ締めであちこち引っ掛かり易いのも全く変わっていません。

総じて使い勝手は改善されていますが調光の甘さに微妙な割り切り・退行感を禁じ得ませんでした、それともそこは同じアウトドアでも釣り人が求めるモノの違いなのかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

アルテミスとアレース#2

Minisd_1931またもや雲越しに昨日未明の月と火星の接近を。実はこの後すっきり晴れたのですがその時は出勤せねばならず「あ~ァ」…次回は7月1日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«旭電機化成 SMILE KIDS 白い光のあかりちゃん耳かき AMK-102