2024年2月20日 (火)

microSHIFT SL-N08

《期間限定カキコ》0度なり5度なりを左右均等に決められるゲージであれば直ぐ買うんですけどねェ

Curve SLのシフター替えました。シマノAlfine/Nexusインター8互換機です。きっかけは輪行袋、現行のSlip Bagはベルクロバンドが短く、以前のようにシフター及びそこからのMinisd-3680ケーブルと一緒にハンドルバーへまわすには長さが足りなくなりました私はハンドルバー幅を詰めているので余計深刻。サムシフターはそれ自身及びケーブルがハンドルバーの上を通るので短いままでも括り付けられるワケ。Semi-friction?ウニッと動かした先でカチッと鳴ってシフトチェンジ、操作感は「ちょっと余計に動かしてからその余計分戻す」何だかインデックスの無い昔のWレバーのよう、ラピッドファイアーのようにスパッとはキマりません。

過日のRapha Openrideを含む東京行は本機の慣熟走行でもありました。Minisd-3685折り畳んだ先でハンドルバー・クランプを閉じるのにシフトケーブルへ引っ掛かる、結構以上にウルサいのですが、これはケーブルを延ばせばどうにかなるでしょう。

| | コメント (0)

2024年2月11日 (日)

Rapha Openride+?

今更ながらではありますが
能登地震で被災された皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

Minisd-3678去る1月27日、Rapha Japanが東京でうった能登半島地震チャリティーライドに行ってきました山口・BC編集長、義援金を集うではなく募るです、直しておいてね。オンラインで参加証が出ていたが当日のエントリーチェックは無かった。リンク先にもある通り同法人はこれまでもこういった慈善活動をやってきたとのこと、全く知りませんでした。当日参加の皆さんが何れもRaphaのレーサージャージにRaphaのレーサータイツ、自転車もエアロロ~ドでビシッとキメる中唯一人私だけ普段着に折り畳み自転車、だって地方からの輪行ですもの。

コレの何処が「会話ができるゆっくりとしたペース参加証より」なの?こちとらフゥフゥ言いながら漕いでるというのにエアロロ~ドの皆さんは瞬く間に視界から消え…荒川を渡る寒風は全く息が無く切れ目なくビューーーーーーー、の意、軟弱者の私は程無くして身体じゅうが痛くなってしまいゴールの岩淵水門Minisd-3681Minisd-3679を見ることなく退却。義援金は主催に渡してあるのと当の主催が「流れ解散OK」と言っていたのでイイよね?堀切駅から輪行で久々に神保町へ学生の頃は「庭」だった、途中で落としたらしい東京の地図を買い、都内をチョロッと走った後新幹線で帰郷しました。

記事中埋込・Rapha_JapanのInstagramには「全然Rapha着てない」私の後ろ姿が載っています。

| | コメント (0)

2024年1月15日 (月)

SEALSKINZ Neoprene Overshoe

Minisd-3673 2年振りに頼んでみました、Neoprene Halo Overshoe(以下Halo)でもLEDライトは使っていなかったので今回は元から付いていないほうを。本品がそうなのか?近頃のSEALSKINZは皆そういうことにしているのか?Haloよりも実効サイズが小さく、LはLでもMTB TIGER・EUR43との相性は絶望的なまでに悪い。Halo以上に足首の縫い目にダイヤルとフックがMinisd-3674引っ掛かり易く画像は途中で止まってる状態、履くには渾身の力と細心の注意が!新たに付いた踵のプルオンループは早晩千切れてしまうかも?慄いているところです。尤も「極ピッチリ」を求めるのでなければ1サイズ上でもいいのかもしれません。

Haloはもう1setあるのでそちらはスクーター通勤用、本品は休日の自転車で気合!を入れて履くことにしましょう…BBB BWS-04を超えたものは未だ見ず、トホホ。

| | コメント (0)

2024年1月14日 (日)

アルテミスとクロノス#19

Minisd-3676宵の月と土星の接近を、土星のシーズンもそろそろ終わりです。次回は2月11日ですが、赤経の合が午前中ですので宵にはだいぶ離れてしまうことでしょう。

| | コメント (0)

2024年1月10日 (水)

アルテミスとヘルメスとアフロディーテー

Minisd-3671昨日未明の3星会合を。風こそ殆ど吹かなかったものの冷え込み、M-6Kを上下着込みました。

| | コメント (0)

2024年1月 2日 (火)

MOTORHEAD M-6K

《期間限定カキコ》盗人に蔵の番をさせる

けいじゅずいしゅん!
本年もFPA(S) Laboratoryを宜しくおねだい御願い申し上げます。

Minisd-3670 Minisd-3669 足掛け20年間着続けたスクーター用のヤッケがボロボロに、狂乱物価の最中意を決して買い替えました。それはそうと…URBAN RIDING GEAR/MOTORHEAD RIDERS MOTORCYCLE EQUIPMENTetc.ただ隙間を埋める横文字の数々、1980年代チャラさ、田舎の体育会系はホント好きですねェ。遮風・保温性は高く、10℃を越えると結構暑い。更にフカフカのインナーが付属していますが着ることは無いやもしれません。肩・肘・背・膝へ薄手ながらクラッシュパッドが、それぞれポケットへ仕込まれていて「洗う前に外せ」らしい。

その効用を実証する日は来てしまいました。
夜勤明けで居眠り運転、覚醒していた筈が次の瞬間魂を引き抜かれて路上へへなへなと転倒、肘と肩を打つも約1日「痛ェ」で済みました。自らに保険をかけるとはこういうことなんですねェ、と今更ながら。

| | コメント (2)

2023年12月25日 (月)

アルテミスとゼウス#14

Minisd-3667 去る22日の月と木星の接近を、寒さに堪えかね赤経の合まで粘れませんでした。

次回は1月19日です。

 

| | コメント (0)

2023年12月14日 (木)

天文年鑑/天体観測手帳 2024年版

Minisd-3661天文年鑑はとうとう自身40冊目、懲りずによく買い続けたものです。そして何時も思うのですが天体観測手帳の帯、今回もまた「2024年は彗星と探査機のドリームイヤー」と軽佻浮薄なコピー大噓ちん彗星の33年前を忘れたか?そしてDESTNY+MMXが打ち上げ予定、こういったあたかも時流を掴んでいるような、読者への媚び方、スッゴく嫌です本年版は「金星と流星群のショータイム」だった。本記事は全て天文年鑑の表記に従いました。データ抜書は極度の自身比緊張が伴い、目だった天文現象の無い期間があると心ならずもホッと…これをUPすると「一年が終わった」感じ。

  • 1月 9日 月が金星の南5°42′を通過
  • 1月 10日 月が水星の南6°35′を通過・月が火星の南4°10′を通過
  • 1月 14日 月が土星の南2°13′を通過
  • 1月 19日 月が木星の北2°46′を通過
  • 1月 28日 水星が火星の北0°15′を通過
  • 2月 5日 αSco食(昼間・本州南岸~九州南部)
  • 2月 8日 月が金星の南5°26′を通過・月が火星の南4°12′を通過
  • 2月 11日 月が土星の南1°48′を通過
  • 2月 11日 C/2021 C3 PANSTARRS彗星が近日点通過
  • 2月 23日 金星が火星の北0°38′を通過
  • 3月 8日 月が火星の南3°31′を通過
  • 3月 9日 月が金星の南3°17′を通過
  • 3月 11日 月が水星の南1°02′を通過
  • 3月 14日 月が木星の北3°36′を通過
  • 3月 22日 金星が土星の北0°21′を通過
  • 3月 25日 半影月食(月出帯食)
  • 4月 6日 月が火星の南1°59′を通過・月が土星の南1°13′を通過
  • 4月 11日 月が木星の北3°59′を通過・月が天王星の北3°33′を通過・火星が土星の北0°29′を通過
  • 4月 20日 木星が天王星の北0°32′を通過
  • 4月 21日 12P/Pons-Brooks彗星が近日点通過
  • 5月 4日 月が土星の南0°50′を通過
  • 5月 5日 火星食(昼間)
  • 5月 6日 月が水星の北3°49′を通過
  • 5月 9日 月が木星の北4°20′を通過
  • 5月 31日 月が土星の南0°23′を通過
  • 6月 3日 月が火星の北2°24′を通過
  • 6月 20日 αSco食(日没前・新潟~関東で接食)
  • 6月 28日 月が土星の北0°05′を通過
  • 6月 30日 13P/Olbers彗星が近日点通過
  • 7月 2日 月が火星の北4°05′を通過
  • 7月 3日 月が木星の北5°01′を通過
  • 7月 8日 月が水星の北3°49′を通過
  • 7月 9日 月がαLeoの北0°42′を通過
  • 7月 15日 火星が天王星の南0°33′を通過
  • 7月 25日 土星食(昼間)
  • 7月 30日 月が火星の北5°02′を通過
  • 7月 31日 月が木星の北5°23′を通過
  • 8月 6日 火星がαTauの北5°00′を通過
  • 8月 7日 水星が金星の南5°56′を通過
  • 8月 10日 αVir食
  • 8月 15日 火星が木星の北0°19′を通過
  • 8月 21日 月が土星の北0°28′を通過
  • 8月 27日 月が木星の北5°40′を通過
  • 8月 28日 月が火星の北5°16′を通過
  • 9月 1日 月が水星の北5°02′を通過
  • 9月 5日 月が金星の南1°11′を通過
  • 9月 11日 月が金星の北4°07′を通過
  • 9月 17日 月が土星の北0°18′を通過
  • 9月 24日 月が木星の北5°50′を通過
  • 9月 25日 月が火星の北4°54′を通過
  • 9月 28日 C/2003 A3 紫金山-ATLAS彗星が近日点通過
  • 10月 6日 月が金星の南3°00′を通過
  • 10月15日 月が土星の北0°07′を通過
  • 10月21日 月が木星の北5°48′を通過
  • 10月24日 月が火星の北3°55′を通過
  • 11月 3日 月が水星の南2°07′を通過
  • 11月 5日 月が金星の南3°06′を通過
  • 11月11日 月が土星の北0°05′を通過
  • 11月17日 月が木星の北5°39′を通過
  • 11月21日 月が火星の北2°26′を通過
  • 12月 5日 月が金星の南2°15′を通過
  • 12月 8日 土星食
  • 12月14日 M45食
  • 12月15日 月が木星の北5°28′を通過
  • 12月18日 月が火星の北0°54′を通過
  • 12月25日 αVir食
  • 12月29日 月が水星の南6°23′を通過

来年は日食・月食共ありません。惑星同士の会合及び惑星食は殆どが条件の際どいものばかり、まさに「腕を磨く」1年となる?今年より望遠鏡を出す機会が増えそうです、晴れれば。太陽面は引き続き賑やかなのでは、主要流星群はηAqr・γPer以外は月明かりに遮られます。また上級者向けとして土星の衛星相互食があり、'25年の環消失を控えこちらも重要。

| | コメント (0)

2023年12月 2日 (土)

アフロディーテーとスピカ

Minisd-3658去る11月30日未明の金星と乙女座α星スピカとの接近を薄雲越しに、翌1日は晴れてたのにねェ。

| | コメント (0)

2023年11月30日 (木)

肉眼黒点出現中#2

太陽活動がピークに差し掛かっております。昨日、アストロアーツの投稿画像に「今日は見えるかな」…望遠鏡を出したところもう黒点だらけじゃありませんか!Minisd-3657Solar Operaでも判った特に大きいところをトリミング、こちらの3500・3501です。昨日も太平洋へ抜けた寒冷前線へ向かって吹き込む季節風に投影版が煽られ撮影は大変面倒なものとなりました。撮影倍率を稼ぎつつ良いピントを得るため望遠鏡の倍率は上げながらも投影倍率は抑え投影像が暗くなってしまうため、投影面へ寄せ易いSX50 HSを手持ちで…前記事からちっとも進歩していません。画像は投影像の見え方からあまり変えないようにしてあります。

| | コメント (0)

«DUNLOP RUNSCOOT D307#2